2021年08月01日

完成したカリカリ梅と梅シロップの実食

完成したカリカリ梅と梅シロップの実食

6月21日より始めた梅仕事。庭の小梅が予想外にたくさんの実をつけたことがきっかけで、初めての梅仕事になりました。
本日、完成したカリカリ梅と梅シロップの実食とぁぃなった次第。梅シロップは炭酸で割ってみました。


完成したカリカリ梅と梅シロップの実食

梅シロップ1に対して炭酸水4を入れ、さっそく飲んでみました。
・・・これか。・・・なるほど。・・・なるほどなあ。この味があるから、人はせっせせっせと梅仕事に励むわけだ。
コク、風味、味わい、世の中のどの梅ジュースよりも段違いにおいしいです。梅酢も出ているのか、酢を入れていないのにほどよく酸味も感じます。暑い夏の中でこのさわやかさを味わうために、みんなビンや氷砂糖を買って仕込むんだなあ〜としばし感動。
率直な感想としては、こんなにうまいものなのかと正直驚いています。作ってよかった。今までの手間が一気に吹き飛んだ次第。


完成したカリカリ梅と梅シロップの実食

続いてカリカリ梅。ほんのり赤紫蘇の色に染まり、かわいいカリカリ梅ができあがりました。
市販品と大きく違うところは、赤紫蘇の風味。それと梅酢のうまみ。これだけで、弁当のおまけみたいだった小梅がひとつのおかずになります。
あと、なんでしょうねー、添加物系が入っていないので、本当に素材の味しかしません。それなのにおいいしい次第。それだからおいしいのかもしれません。
率直な感想としては、自分にもカリカリ梅が作れたという驚きw

カビが発生しないか、発酵したりしないか、色がまだらになったらどうしようなど、初めての事なので最初から最後まで神経ピリピリ状態でした。しかし、その期間も終わり。あとはできあがったものを日々味わうだけです。

このブログを書き終えたら、梅シロップの炭酸割りをもう一杯飲みたいと思います。まじうまいんです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 梅仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白と黄色のとうもろこし

白と黄色のとうもろこし

この状態で売られてました。白と黄色が混じったタイプの地元産のとうもろこしです。


白と黄色のとうもろこし

小ぶりなので、今回は1本当たり2分+2分でチン。


白と黄色のとうもろこし

よ〜く冷まして完成。


白と黄色のとうもろこし

旬のものを旬のうちに食べる幸せ。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月30日

[完成]カリカリ梅と梅シロップづくり〜40日目

[完成]カリカリ梅と梅シロップづくり〜40日目

40日目の梅シロップ。大きな変化としては、沈んでいた氷砂糖が完全に溶けました。


[完成]カリカリ梅と梅シロップづくり〜40日目

その他は、ほぼ変化なし。ここで実を全部取り出すことにしました。


[完成]カリカリ梅と梅シロップづくり〜40日目

取り出した実は、少量の水で煮て柔らかくします。


[完成]カリカリ梅と梅シロップづくり〜40日目

柔らかくはなったのですが、元々小梅ということで柔らかい果肉自体が果皮程度しか残っていませんでしたw
普通の梅ならここで果肉を味わうところですが、まあ風味は確かに味わいました。


[完成]カリカリ梅と梅シロップづくり〜40日目

実を取り出してあく取り網で濾過した梅シロップ。キッチンペーパーで濾過するらしいのですが、不純物もほぼ無かったのであく取り網で濾過した次第。
その後、コンロにかけて沸騰しないように加熱し、さらに冷めるまで待ちました。ここまで使用した調理器具は、すべてホワイトリカーで消毒したものを使用。


[完成]カリカリ梅と梅シロップづくり〜40日目

最後に、洗浄して再消毒した元の保存ビンに投入。澄んだ梅シロップがついに完成しました。
このあと冷蔵庫に入れたので、明日にでも炭酸で割って飲んでみたいと思います。


[完成]カリカリ梅と梅シロップづくり〜40日目

カリカリ梅のほうですが、こちらもほぼ変化なし。


[完成]カリカリ梅と梅シロップづくり〜40日目

色付きもそろそろ限界のようなので、これで完成とします。


[完成]カリカリ梅と梅シロップづくり〜40日目

市販されている小梅よりは赤くないですが、どす黒いよりはこの色のほうが自作っぽくてよきよき。
さらに冷蔵庫に入れ、梅シロップとともに明日にでも実食する予定。
ちなみに、前に少し味見した時点では、すでに完成された味になっていました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 梅仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森県産とうもろこし

青森県産とうもろこし

スーパーに並ぶとうもろこしも先日までは茨城県産でしたが、季節と共に産地も北上して今回は青森県産が並んでいました。
品種もその地方でよく作られるものになるので、食べ慣れた味のとうもろこしになっていきます。
以下、定期メモ。
ぁぃさんのとうもろこしレンジ調理法
1. 皮1枚とひげを残して中まで水でぬらす
2. ラップで巻いて皿に乗せる
3. 1本につき500Wで3分(1本ずつレンチン)
4. 180度ひっくり返してさらに2分
5. ラップをしたまま冷めるまで待つ
6. 甘さが逃げないのでうまうま


青森県産とうもろこし

冷めるのを待っている情景。芯までアツアツなので冷めるのに時間がかかります。


青森県産とうもろこし

猫舌でも大丈夫なくらいに冷まして出来上がり。すぐに食べないときはラップをして冷蔵庫に入れ、食べる時にまたチンして食べます。


青森県産とうもろこし

やはり前に食べていた茨城県産のものと品種が違っているようで、少しだけもっちりとしています。まさに、子供のころに食べていたあの食感。季節はとうもろこし。そしてそれはど真ん中。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月29日

地きゅうりの漬け物再び

地きゅうりの漬け物再び

前に塩だけで漬けた地きゅうりがあまりにもおいしかったので、また作ることにした次第。地きゅうりは店頭に並ぶ期間が短くてあっという間に消えてしまうので、まさに今なのであります。
ちなみに、あんまり緑色のものは苦いので、黄色く熟してるものを選ぶのがポイント。


地きゅうりの漬け物再び

皮は少し残すぐらいに剥きます。皮を剥かないと硬すぎて食べる時大変ですし、全部剥くと漬かったあとにぐにゃぐにゃになります。


地きゅうりの漬け物再び

まずは、真っ二つに切断。好みの問題ですが、そのあとはこんな感じに切りました。


地きゅうりの漬け物再び

みょうがは大好きなので漬け物には必須。細めの串切り1個分です。


地きゅうりの漬け物再び

切ったきゅうりを1段敷き詰めて塩ふり。さらに1段敷き詰めてみょうがと塩ふり。今回は鷹の爪も入れてピリ辛仕様にしました。
前回は塩の量を重量比4%にしましたが、少ししょっぱかったので今回は2%にした次第。


地きゅうりの漬け物再び

塩分を減らしたので、じんわり丸3日冷蔵庫に入れて完成。
味のほうですが、やはり2%で正解でした。まさに美味。塩だけとは思えない良き味です。皮の部分のわずかなほろ苦さもあり、なかなか涼みます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月28日

そらのうた

そらのうた



解説〜「そらのうた」.jpg
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | うたのせかい♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする