2009年01月31日

現在積雪20cm

現在積雪20cm

昨夜から降り出した雪はやむことを知らず、午後2時現在20cm積もっています。
この雪は深夜までやまないようなので、さらに15cmは積もる見込み。

写真は屋根の部分なので、雪がしょっちゅう落ちる部分です。
しかし、車の上や道路などは大変なことになっており、明日にでも雪かき実施かなと思っていましたが、さすがにさっき第一次雪かきを実施した次第。
細かい雪が湿っているので、融けにくく重い雪です。
かいてもかいてもすぐ積もる降りようで、除雪車も幹線道路にくぎづけの様子。
細い住宅地の道路までは、なかなか来てくれません。


現在積雪20cm

低気圧の影響で、軽く吹雪いています。
明日は第二次雪かきです。
タグ:
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

DHCのサンプルキタ━(゚∀゚)━!

DHCのサンプルキタ━(゚∀゚)━!

無料でくれるというのでもらったわけですが、せっかくですからお肌のお手入れでもしてみようと思います。


DHCのサンプルキタ━(゚∀゚)━!

なんだかいっぱい入っていました。○ャニーズ事務所に入れそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | 生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

うまかっちゃん[鹿児島黒豚とんこつ]を食す

うまかっちゃん[鹿児島黒豚とんこつ]を食す

4種類の最後、うまかっちゃんの[鹿児島黒豚とんこつ]を食べてみたいと思います。


うまかっちゃん[鹿児島黒豚とんこつ]を食す

とんこつスープの50%に黒豚とんこつを使用し、高級志向扱いのうまかっちゃん、黒いのは焦がしネギです。
調味油は入っていませんので、あの臭みはほとんどありません。
しかし黒豚とんこつということで、しっかりとんこつスープのラーメンです。
調味油を使わずに味を調えたとんこつラーメンといったかんじで、味のバランスは非常に良く、実際かなりおいしいです。
焦がしネギうんぬんではなく、スープ自体がすぐれもので、コクはノーマルと同等かそれ以上、食べた後の満足感も同様です。
今後食べ続けるとしたら、ノーマルと黒豚とんこつの2種になるでしょう。

ノーマルと比べると、少しだけにんにく風味がします。
あと、焦がしネギの風味もさりげなく効いています。
ノーマルの味を引きしめたのが、黒豚とんこつなのかなと感じます。
コッテリとんこつ派はノーマル、あっさりとんこつ派は黒豚とんこつとなりそうです。
個人的には、あの臭い調味油の香りとともに食べるノーマルは、かなり捨てがたい存在です。
というか、あの調味油があるからこそのうまかっちゃんだと思ったりします。

今回うまかっちゃんを4種食べてみたわけですが、なんと5種類目の存在を確認。
「宮崎 鶏の炭火焼風味のとんこつしょうゆ味」ですw
九州と山口県だけで売っているらしく、かなりの希少品。
袋には東国原知事の顔も書いており、最近新発売されたようです。
いやはや、どげんかせんといかん次第ですが、どげんもならん所存w
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

うまかっちゃん[博多からし高菜風味]を食す

うまかっちゃん[博多からし高菜風味]を食す

さて、うまかっちゃんの[博多からし高菜風味]を食べてみたいと思います。


うまかっちゃん[博多からし高菜風味]を食す

いきなりびっくり!スープが赤い!
原材料を見ると、ターメリックが入っています。いわゆるウコンです。
浮いている油の色がすでにオレンジ色。これは相当の変種です。
黒く見えるのは、主役の高菜漬けです。

食べた第一印象は、これはすでにうまかっちゃんではないということです。
辛さとターメリック風味が前面に突出し、広東風とんこつラーメンの雰囲気。
高菜漬けは漬物の乾燥品なので、噛むとしっかり漬物の味がします。
これが味を引き締めるポイントとなっており、インドでもない中国でもない、日本の九州のラーメンなんだとふるさとに帰った気持ちになります。
味はけっこうイケるんではないでしょうか。
概念を払拭して食べてみると、これはおいしいラーメンです。
このラーメンを「うまかっちゃん」のブランドで出してきたハウス食品の戦略の妙を思えば、その遊び心に乾杯なわけです。完敗ではなく乾杯です。

最後にスープを飲むわけですが、ここにきてかなり辛いです。
辛党は感激するでしょう。子どもは飲めません。
しかし、辛いもの好きの人が[博多からし高菜風味]を食べるという意味では、それはむしろちょうどいい領域の辛さになるわけです。

ピリピリと 舌の上にも 置きみやげ

なかなかおもしろいラーメンです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

うまかっちゃん[熊本揚げにんにく風味]を食す

うまかっちゃん[熊本揚げにんにく風味]を食す

今回は、うまかっちゃんの[熊本揚げにんにく風味]を食べてみたいと思います。


うまかっちゃん[熊本揚げにんにく風味]を食す

調味油が入っていないので、スープ表面に見える油は控えめです。
同時に臭みの原因であった調味油が無い分、臭みはほとんどありません。
されど、にんにく風味。代わりににんにくの風味がしてきます。

「風味」というだけあってにんにくの欠片は見えませんが、原材料にはフライドガーリックが入っています。
お昼に食べて午後はお仕事といった場面でも、気にならない程度のにんにく風味でしょうか。
されど、にんにく風味。にんにくのラーメンを食べたという実感は、確かにあります。
これ以上風味が強かったら午後のお仕事に差し支えるので、やはりこの程度がちょうどいいのでしょう。
うまかっちゃん本来のコクは残っています。にんにく好きのうまかっちゃんといったところです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

うまかっちゃんを食す

うまかっちゃんを食す

うまかっちゃんのノーマルを食べてみたいと思います。


うまかっちゃんを食す

いわゆる九州ラーメンで、白濁したとんこつスープです。
調味オイルがついてくるので、忘れずに入れましょう。
この調味オイルが、ポイントなのであります。

まず、臭い。臭いのです。
この臭さがまさに本格派。お店で食べているような風味です。
インスタントという言葉を超越した味が、そこにはありました。
とんこつのコクは、たしかに感じます。けっこうリアルです。
このラーメンをさらにおいしく食べるコツは、めんをほんの少し固めにゆで、スープはやや濃いめに作ります。
トッピングは、できればネギ程度にしておいて、コクそのものを感じてほしいところです。

販売地域が限定されているので、今回は通販で購入した次第。
インスタントラーメン界の九州ラーメンの帝王として、ぜひ全国販売を期待したいところです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする