2009年10月13日

仙台ひとり旅〜街なか食事編

仙台ひとり旅〜街なか食事編

仙台の街なかで食事といったらここ、すっかり恒例となった利久です。


仙台ひとり旅〜街なか食事編

厚いので噛んでいる感覚が強く、切れ込みがあるので同時に柔らかい。
この相反する食感を同時に感じるので、利久の牛たんはおいしいのだと思います。


仙台ひとり旅〜街なか食事編

定食1.5人前なので、牛たんの量が多いです。
そしてまた今回も小鉢にやられました。前回も前々回も小鉢のおいしさに仰天しましたが、今回の肉団子の甘酢かけのようなものの味は絶品!
小さな補佐役としては、立派に役割を果たしていました。


仙台ひとり旅〜街なか食事編

開店直後に入りましたが、すでに1階は満席。初めて2階へあがりました。
2階にも1階と同じようなカウンターと調理場があり、目の前でじゅうじゅうと焼いています。
首を伸ばして覗くと、まだ切る前の真っ赤な牛たんがごろごろとありました。
利久の牛たん定食は、おいしいと表現するより幸せと言ったほうがいいでしょう。
ほぼ一年ぶりの味に、来てよかったと実感するのでありました。
食べ終わって店を出ると、入り口のところに5〜60人の行列ができていました。


仙台ひとり旅〜街なか食事編

次の日、街を歩いているとカーネルおじさんと目が合っちゃいました。やばいです。


仙台ひとり旅〜街なか食事編

3ピース購入。ケンタはどこで食べても最高です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | 2009年秋 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台ひとり旅〜SA食事編

仙台ひとり旅〜SA食事編

行きと帰りの高速道路上で1回ずつの食事となるわけですが、行きの食事は前沢SAにしました。


仙台ひとり旅〜SA食事編

おいしそうなものがありました。


仙台ひとり旅〜SA食事編

前沢牛ハンバーグ定食 750円。通常は1050円のようですが、この日は300円引きでこの値段。


仙台ひとり旅〜SA食事編

当然ながら、残さず完食。


仙台ひとり旅〜SA食事編

サービスで置いているふりかけも使いました。


仙台ひとり旅〜SA食事編

帰りは、岩手山SA。サービスエリアにしては、なかなか雰囲気のあるメニューがありました。


仙台ひとり旅〜SA食事編

アルミ箔の中には抹茶塩。天ぷらにかけて食べます。


仙台ひとり旅〜SA食事編

先ほどの写真よりもかなりいいイメージ。奥の白いものは梨です。


仙台ひとり旅〜SA食事編

常識ですが、残さず完食。ほうじ茶も撮影後に飲みました。
このメニューは見かけだけでなく、ひとつひとつの味がおいしくてかなり満足。味に過不足が無く、まさにブレの無いど真ん中の味覚。サケのほぐし身ひとつとっても、おかわりしたくなるようなおいしさでした。


仙台ひとり旅〜SA食事編

おいしいところには、いろんな人もやってきます。
まん中の色紙は、ギャル曽根でしょうか。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | 2009年秋 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台ひとり旅〜出発走行編

仙台ひとり旅〜出発走行編

そんなわけで、3度目の仙台ひとり旅とぁぃなりました。
ETC利用で1000円の高速走行な次第。渋滞も無く快適です。



仙台ひとり旅〜出発走行編

トンネルに入ると撮りたくなる病気は、まだ治りません。



仙台ひとり旅〜出発走行編

下がカーナビの画面、上が実際の風景。微妙に違いますな。



仙台ひとり旅〜出発走行編

仙台に近くなると、道路脇の樹木もおしゃれっぽくなります。



仙台ひとり旅〜出発走行編

下がカーナビの画面、上が実際の風景。カーナビの画面は視点がかなり高いことがわかりました。


仙台ひとり旅〜出発走行編

仙台到着。分厚い雲のかけらは、この後数分間のにわか雨を降らせました。

仙台も3度目ということで、今回はちょっと志向を変えたひとり旅にしました。
そのもようを、これから数回に分けて書いていきたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(5) | 2009年秋 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする