2009年12月20日

新巻鮭を今年も作る

新巻鮭を今年も作る

日中でも0℃前後のこの季節、新巻鮭作りの開始なわけです。
去年の模様や詳しい作り方は、去年の記事参照。
今年も新巻鮭を作る
新巻鮭の作り方の知っ得情報 [下処理〜塩漬け]
新巻鮭の作り方の知っ得情報 [水洗い〜干し]
新巻鮭を干す
新巻鮭を食す

今年もブナを一尾800円で買いました。エラは真っ赤で新鮮、大きさも大きめです。


新巻鮭を今年も作る

洗って解体してまた洗って塩をすり込んで熟成させます。
3〜4日後に取り出して水洗い、その後5〜6日ぐらい干します。

去年も書いたことですが重要なことなので繰り返しますが、これらの作業は日中の気温が0度前後の気候の中でやる作業です。また、そのときの空気も十分に乾燥していなければなりません。冷たく寒い季節風が乾燥には必要なわけです。
10℃前後の気温では作れないと考えていいでしょう。
したがって、サケが遡上する季節と寒い気候が重なったタイミングが必要なので、作ることのできる地方も限定されてくるのかもしれません。

今でこそ流通のおかげで何でも手に入りますが、大昔の北国では冬は保存食の助けを借りて食を維持しました。保存したら化学変化や微生物の作用で、逆においしくなった例も少なくないでしょう。
温暖な気候の地方でも、夏の腐敗を防ぐための保存食も多くあります。野菜の漬物などは、東北以南の地方のほうがおいしいものが多いような気がします。
いろいろな地方で作られる保存食、北国では新巻鮭もそのひとつです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュレルのサンプル到着

キュレルのサンプル到着

花王の保湿ケアのキュレルのサンプルが届きました。
ハンドクリーム、入浴剤、ローションの3点セットです。
空気が乾燥して気温も低いと、普段肌荒れでなくてもダメージはあるものです。ましてや乾燥肌の場合は嫌な季節がやってきたということになるでしょう。

花王のキュレルは、こうした乾燥性敏感肌を主眼においた商品です。
シャンプーから化粧品まで、かなり広域な商品展開をしています。
この3つの中から、ハンドクリームだけさっそく使ってみました。

使用後の感想
つけたばかりはさすがにベタついていますが、時間とともに水分がとんでさらさらになってきます。
ベタつきはほぼ消えた状態になり、こうして普通にキーボードも打てます。
ハンドクリームで嫌なところは、いつまでもベタついてさわるものすべてに跡が残ること。しかし、この商品にはそれはありませんでした。これって何気にすごいことだと思います。
なかなかいいんじゃないんですか。ここまでさらさらだと、日常的に使えそうです。
つけたあとは膜で覆われた感触があり、しっとりとしています。
安ければ買ってもいいと言える商品だと宣言します。

入浴剤とローションは明日使う予定。ハンドクリームがなかなかいいので、ちょっと期待する次第。

花王さん、ありがとうございました。
ベタつきが嫌いな人は、こういったクリームを待っていたのですよ。

花王キュレル
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 懸賞・サンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする