2010年01月29日

リッチカレーヌードルを食す

リッチカレーヌードルを食す

電子レンジで作るカップ麺というものを食べたことが無かったので、今回食べてみました。
日清食品の「カップヌードル マイ・レンジタイム リッチカレーヌードル」になります。
作り方ですが、まずお湯ではなくて水を入れ、電子レンジで4分間です。仕上げにオイルを入れてできあがりです。
カップの材質は紙。表面がぼこぼこしています。底の形状は平らではなく、ややボール状になっているところが不思議でした。
レンジで調理ということなので、カップの中で沸騰したときの調理効率を上げるためかもしれません。
また、ふたの仕組みがおもしろく、重さで自然に閉じるように設計されています。材質もフィルムを含んだ二重構造になっており、レンジ内ではねない工夫かもしれません。


リッチカレーヌードルを食す

水を入れる前です。内側の線まで水を入れます。
麺は普通のカップヌードルと同じですが、香りがこの時点で別物です。


リッチカレーヌードルを食す

レンジで4分半調理後です。やはり香りがいいです。
さっそく食べてみましたが、カレーのとろみが全然違いました。カレー味のスープではなく、間違いなくカレーそのものなのであります。
よって、麺へのからみつきがよく、それらしい仕上がりになっています。
味のほうですが、なんと言いますか、これは好みという要素が入ってくるでしょう。
カレーという食べ物はたくさんの原材料の複合品でもあるので、そのバランスも人それぞれです。
自分的な好みで言うと、変わった味がするなと感じました。これが高級の味なのか本格派の味なのかはわかりませんが、食べなれない味でした。
これがリッチと言えばリッチなのかもしれませんが、あのとろみのあるカレー感だけは確かにリッチでした。

話は変わりますが、鍋焼きうどんの中に納豆を1食分入れて食べるのが、自分的にはリッチです。煮込む段階で入れるので、調理中は部屋中ものすごい悪臭になり、食べているときも悪臭で満たされます。
しかし、納豆菌でとろみがついたつゆやさらに柔らかくなった納豆の豆は、悪臭とともに心までも満たしてくれるのであります。
ただし、調理する際はマジ注意。熱と湯気で通常の数十倍にもなった悪臭で、近所に通報されるかもしれません。
サンマを焼いていましたなら笑って許してもらえそうですが、うどんに納豆を入れていましたでは、以後変人扱いされるかもしれません。
納豆入りそばとかもおいしそうなので、いつかやってみたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする