2010年03月02日

トリートメント体感キャンペーン賞品到着

トリートメント体感キャンペーン賞品到着

ダヴのトリートメント体感キャンペーンの賞品が到着しました。
100gミニサイズということですが、売っているのと同じサイズです。手ぬぐいがオマケでついてきます。

このキャンペーンは応募者全員にプレゼント、しかもまだまだ募集中です。気になる方は、リンクをクリック。

ユニリーバ・ジャパンさん、ありがとうございました。
ダヴのキャラの名前が「ダヴコさん」ということですが、このセンスは好きです。

ダヴ トリートメント体感キャンペーン
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 懸賞・サンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

水飲み鳥が元気です

水飲み鳥が元気です

水飲み鳥、水呑み鳥、平和鳥、ハッピーバード、いろいろな名前がありますが、ウチの水飲み鳥は今日も水を飲んでいます。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

バヤリース オレンジは傑作品

バヤリース オレンジは傑作品

世の中いろいろなオレンジジュースがありますが、自分は何と言ってもこのバヤリースのオレンジが傑作だと思うわけです。
正確に言うと、本来100%志向が強い自分が他のタイプのオレンジジュースを飲む場合、この味を選びます。
甘さ、酸味、すっきり感。このバランスがこのジュースは絶妙なわけです。

一言で言うとレトロな味。オレンジ感をあまり表に出さず、これぞオレンジジュースという飲み応えを前面に出しています。
果汁20%のジュースなのですが、そんなのはこの味の前ではどうでもよくなります。つか、この味で20%も入っているのかと驚きます。

なっちゃんオレンジも割とおいしいほうですが、バヤリースには僅差で負けてしまいます。長い歴史を持っていまだに売られているのは、やはり売れているのでしょう。オレンジの嫌味を全て取り除き、清涼感を保つバヤリースのオレンジ、定番の名にふさわしいオレンジジュースと言えるでしょう。

バヤリース オレンジ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

さっそく雪降り

さっそく雪降り

今晩9時ごろの画像。明日はずっと雪降りらしいのですが、早くも降っています。積もらなきゃいいなぁ〜(´・ω・`)
タグ:
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう少しサバイバルに生きろ


ニュースを引用してブログを書くことは初めてなのですが、それほどあきれているわけです。
例の、軽自動車だから軽油を入れたのニュースなのですが、驚いたことにいまだにあるようです。

人は知識や常識をもって社会を生きていますが、社会のすべてを知って理解することはもちろん無理なわけで、それを補うためにプロにお願いし、代金を支払うわけです。魚を食べるために漁に出るのは大昔の話、お店で代金を支払って買ってくればいいわけです。

セルフスタンド。ここはセルフの世界。自分で判断して行動する場所です。自分で判断するためには相応の最低限の知識が必要であり、しかも対象物は危険極まる危険物です。さらにそれを用いて動かすのは、命を乗せた4個のタイヤ。そして動かす場所は公道です。
9割9分9厘の人が常識として知っていることを知らず、公道で停止して渋滞を引き起こすことは、逮捕に値する愚かな行為だと思う次第。

軽油の名前を変えればいいとか改善案を言う人もいますが、個人の常識レベルの次元であることまで、なんでもかんでも社会のせいにしてほしくないと思うわけです。これは、子どものしつけが悪いのは学校のせいだと大騒ぎする現象と同じです。
弱者保護にも限度があるわけで、こういう改善費用が商品価格や税金に跳ね返ってこられてもたまりません。もう少し身のまわりの生きる知識に対しては、サバイバルな対応をしていただきたいと思った次第。

それにしても、軽自動車だから軽油と判断した人は、原付には原油を入れるのでしょうか。ラッセル車にはラー油、馬車には馬油、漁船には魚油、クーペにはオンリー油ーということでしょうな。(昭和ギャグ失礼)
せめて座薬だけは正座して飲まないようにしていただきたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 自己的見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする