2010年05月29日

台湾産バナナを食す

台湾産バナナを食す

店舗で売られているバナナは、フィリピン産、エクアドル産、ペルー産、台湾産などがあります。輸入量で見ると、9割以上をフィリピン産が占め、エクアドル産が5%、その他が3%となっています。
日常的に食べるバナナは、どうしても価格の安いフィリピン産バナナを選んでしまいます。台湾産バナナはおいしいことはわかっていても価格が高いので、どこかで躊躇してしまいがちです。

先日、台湾についていろいろ調べていたのですが、バナナの歴史にふれたとき、ちょっと高くても食べてみたいと思ったわけです。
長くなりますので割愛しますが、簡単に言うと日本の統治下時代の台湾ではより良いバナナの栽培方法を日本人に教わったそうです。そして、今でもその当時の栽培方法をずっと守って栽培しているということです。
台湾の人はどちらかというと日本に対して好意的な場合が多く、日本人においしいバナナを食べてもらいたいと愛情をこめてバナナを栽培しています。
ただの商業栽培ではない心のこもったバナナ、そんなバナナを食べてみたいと思ったのでありました。
値段は高いです。1本100円計算です。庶民からは高級品の部類に入ります。
しかし、新型インフルエンザでマスクが足りなかったときはマスクを援助し、口蹄疫で苦しんでいるときは義援金を送る、そんな台湾の温かい気持ちを思う時、ささやかですが台湾バナナをいただく気持ちが強くなったわけです。


台湾産バナナを食す

台湾産バナナ本来の品種である北蕉種。さっそく食べてみました。
フィリピン産バナナがなめらかでさっぱりとした味なのに対し、台湾産バナナはねっとりして濃厚な味がします。しかし、自分が最も違うと感じた点は、台湾産バナナには南国フルーツ系の酸味があることです。そして、青臭さや渋みが全く無い点です。
食感を例えれば、フィリピン産バナナがゼリーで台湾産バナナが羊かんになるでしょうか。

今の日本はバブルの時代ではないので、安いもの安いものと目が移ってしまいます。しかし、それだけの生活ではなんだか心も貧しくなっていくような気がします。
日本は「祭り」というすばらしい文化を重要視しますが、これで心のバランスをとっているのであれば、ここで台湾産バナナもいいのではないでしょうか。
祭りとして台湾産バナナを食べることを推奨するのは失礼なのかもしれませんが、少なくてもそれだけの味や満足度があるのが台湾産バナナだとは思います。

当たリ前のことなので最後まで書かないできましたが、台湾産バナナはおいしいです。少なくても、高くてもたまには食べたい味です。
焼肉行こうか!すし食いに行こうか!もいいですが、たまには高級なバナナを食べてみようか!もなかなかのセンスではないかと思ったりします。
台湾香蕉、謝謝!(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

5枚刃のカミソリのサンプル到着

5枚刃のカミソリのサンプル到着

5枚刃のカミソリのサンプルがもらえるということで、抽選でしたが届きました。
まあ、ひげもそんなに生えてこないのですが、いちおう毎日シェーバーで剃っている次第。
せっかくの5枚刃ということで、今度風呂場で使ってみたいと思います。

ジレットさん、ありがとうございました。5枚刃は初めてなので楽しみなのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 懸賞・サンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

プレミアムモルツとグラス当選

プレミアムモルツとグラス当選

サントリーのプレミアムモルツ500缶とグラスが当たるキャンペーンに当選しました。5000名に当たるモニターキャンペーンです。

いわゆるプレミアム系のビールを各社が出していますが、そのどれもが通常のビールより1ランク上の味がします。特にモルツのプレミアムは香りが良く深い味わいを感じます。
おいしいビールをおいしく飲むには、やはり温度とグラス。上手に注いだビールは味が違います。
注ぎ方の解説書も同封されていたので、その通りに注いで飲んでみたいと思います。

サントリーさん、ありがとうございました。グラスはうれしいです。

今回のキャンペーン(終了
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 懸賞・サンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

アーモンド当選

アーモンド当選

アーモンドのサンプルプレゼントのC賞に当選し、23粒入りが1袋届きました。C賞は1万名に当選ですが、B賞(7袋)は2000名、A賞(31袋)は300名です。
さっそく食べてみましたが、味付けをしていない無塩アーモンドなので、素材そのままの味がします。基本的にアーモンドは大好きなので、おいしくいただきました。

カリフォルニア・アーモンド協会さん、ありがとうございました。
次はB賞をお願いいたします。

プレゼントキャンペーンのページ(終了)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 懸賞・サンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

パソコン買い替えて Windows 7 へ

パソコン買い替えてWindows7へ

前から不調だったパソコンですが、回復コンソールを毎回使って立ち上げる状態にまで悪化しました。あれこれ調査しましたが、電源かマザボに絞られ、マザボの可能性が大なため、本体の購入となりました。
そんなわけで、Windows XP も7に変わったわけです。
ウインドウのタイトルバーが半透明なので上に隙間があるように感じ、慣れないうちはウインドウを上に寄せる行動に出た次第。設定でどうにでもなるのですが、最近ようやく慣れたのでデフォルトで使うことにしました。
CPUはCore i3にしましたが、Core2 Duoのときと比べると恐ろしいくらいサクサクです。i5も検討しましたが、ここまでサクサクだとi3で十分です。まあ、使っていくうちに少しずつ重くなっていくのは知っていますが。

パソコン買い替えてWindows7へ

メーラーは今までOutlook Expressでしたが、満を持してOutlook に移行しました。諸設定の細かさはありますが、表面的にはほぼ同じです。
Windows Live メールは基本的にアカウントごとにフォルダー分けされるので、ひとつの用途が複数のアカウントにまたがっているような人は使いづらいと思います。
あと、セキュリティソフトのスパムメール機能が効く効かないもあるので、よく調べて選ぶ必要があります。
まだまだ書きたいことは山ほどありますが、いい加減にしておきます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

新世代焼そばJANJANを食べてみる

新世代焼そばJANJANを食べてみる

カップ焼そばに関しては人一倍関心を持っているぁぃさんですが、ちまたで何やら評判になっているカップ焼そばJANJANを食べてみました。
この焼そばは「新世代」と呼ばれ、そのわけは見てわかるようにカップが縦長なわけです。ふとカップ焼そばを思い浮かべてみると、ほとんどが四角い容器、中には丸いものもありますが、その全部が平たい容器でした。
ここで食べやすさとお湯の捨てやすさを考えて、縦長容器で世に出てきたのがこのJANJAN。これが新世代と言われる所以です。


新世代焼そばJANJANを食べてみる

ふたをめくるとかやく類はすでに入っており、麺に色が付いています。
これは単なる着色ではなく、ソースが練りこまれた麺。お湯を入れる前にこの麺を食べてみましたが、確かにソースの味がしました。


新世代焼そばJANJANを食べてみる

後から入れるのは、液体ソースとスパイス。焼そばを辛くするあたりも、旬な味付けです。


新世代焼そばJANJANを食べてみる

食べる直前の状態。食べやすさを追求して深くしたせいか、混ぜやすさが若干犠牲になっているような気がします。内壁はざらつきのある発泡。混ぜている割り箸がこのざらつきに引っかかるのも、混ぜにくかった要因でしょう。

さて、ここから食べてみました。まず感じるのはもっちりとした麺とねっとりしたソース。これは普通においしいと感じます。一平ちゃんのねっとり感と似ています。
ここで、何かに気づきました。なんだか妙に懐かしい気持ちです。なんだこれはっ!と考えましたが、30秒ぐらいしてからようやくわかりました。袋入りの焼そばです。まさにその味なのであります。
ここでさらに迷ったのは、サッポロ一番のほうか日清のほうかなのですが、サッポロ一番のような第六感を優先しておきましょう。

なぜ袋焼そばの味に似ているんだろうか、単なる偶然だろうか、ちょっと悩みました。サッポロ一番にしろ日清にしろ、エースコックと会社が違います。なのに、ここまで似ているのが不思議でした。
しかしです、良く考えればその謎を解明するのは多くの時間を要しませんでした。
麺にソースが練りこまれているからです。
通常のカップ焼そばは、お湯を捨ててからソースをかけます。しかし、そのソースは麺の表面を覆っているだけです。
袋焼そばは、調理段階で麺にソースがしみ込む瞬間があります。それが再現されていたわけです。
いやはや、深い、深すぎる。新世代たる焼そばは、じつに深かったわけです。

それにしてもJANJANという名前。バゴーン並に勢いでつけたような名前ですが、形容詞や副詞的な名称はアリだと思うわけです。
ぐい〜んとかジョリーンとかムンズとかも良さそうですが、焼そばムンズだと麺が太そうで響きもエロくなるので、これは勘弁ですな。つか失礼。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | TrackBack(0) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする