2011年02月19日

UNICO (ユニコ) UNDERWEAR

UNICO (ユニコ) UNDERWEAR

ユニコというコロンビアのアンダーです。高いので、この2着しか持っていません。
写真の製品の特長は生地の模様がプリントではなく、すべて編み込まれている点です。なので、見る角度によって編み込みの方向で光沢具合が変わります。
ベルト部のロゴもすべて縫い込まれており、手間ひまかけた縫製になっています。
黒ベルトに黒い糸でロゴが縫い込まれていたり、黒生地にピンクのベルトを合わせてみたり、このあたりはこのメーカーのセンスです。
また、生地の模様がベルトと平行になっていませんが、これは穿いている状態で生地の模様が水平に近くなるようにしているためです。
英国紳士が身につけるスーツのような、そんな固有の風格を持ったUNICOなのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

酎ハイ-196℃のモニター当選

酎ハイ-196℃のモニター当選

サントリーの-196℃ゼロドライオリジナルモニターキャンペーンに当選し、「凍結レモン」と「凍結グレープフルーツ」が各1缶ずつ届きました。当選者は1万名です。
サントリーの-196℃シリーズはもともとおいしいのですが、柑橘系の新商品ということで味見です。
冬でもさっぱり甘くておいしい柑橘系の酎ハイなので、さっそく今夜飲んでみたいと思います。

サントリーさん、ありがとーございました。モルツ1箱当たるキャンペーンをまたやってほしいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 懸賞・サンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

ミセラピストのモニター商品到着

ミセラピストのモニター商品到着

ミセラピストという新商品のモニター商品が届きました。先着1000名に入ったようです。
このレトルトの中には国産無農薬しいたけから抽出した茶褐色の液体が入っており、その中のβ-グルカンというものが細分化されているので体に吸収されるということです。

吸収されたβ-グルカンを分解する酵素を人間は持っていないため、体内で数カ月かけてゆっくりと分解されていくそうです。その間、免疫力強化効果を発揮し、結果的にガン予防などにいいということです。

モニター商品としては、5袋届きました。1日1袋5日分です。
買えば1袋1365円もする商品のようで、なんだか高級品らしいです。
さっそく飲んでみましたが、かすかにしいたけ風味がするだけで、ほとんど無味無臭。そのまま飲むほかに、料理などに入れてもいいと書いてありました。
なお、このモニターキャンペーンは使用後のアンケート必須になります。また、送付前に確認の電話が入るようです。
サイトではまだ募集しているようなので、もしかしたら先着1000名にまだ入るのかも。

味の素さん、ありがとうございました。
本日より飲み始め、その後にアンケート用紙を返送します。

ミセラピストのページ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 懸賞・サンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

sotto capo (ソット・カポ) UNDERWEAR

sotto capo (ソット・カポ) UNDERWEAR

パンツかよ!とお思いでしょうがパンツです。
アンダーウェアは100枚以上保持しているわけですが、ついにあこがれの sotto capo を購入した次第。
何がいいのかと申しますと、まず生地。「マシュマロのような」と比喩されるこの生地は、通常のナイロンと肌触りが明らかに違います。シルクと似たような違和感の無さがあり、身につけているといった感覚がありません。
また、体の動きへの追従性がハンパでなく、まるでアンダーウェアの絵を描いたかのごとく穿いている位置がずれないのであります。
このことにより、マシュマロのような生地感と合わせると、まさに穿いていない感覚。
こういう性質を持った商品は体の凹凸に対してのフィット性をかなり犠牲にしているものもありますが、この商品はむしろやや強めのフィット性を保っています。こりゃ生地の手品ですな。かなり感動します。あと、ウエストゴムの繋ぎ目の凸凹がほぼありません。
ロゴのデザインや色彩は、どちらかと言えばややかわいい路線。それがアブない領域に踏み込んでいないところが sotto capo のセンスなわけです。

ブランド料だけで値がつりあがる商品がたまにありますが、この商品は値段を超える品質です。ローライズのカットラインにはうるさいほうですが、 sotto capo を穿いてみて久々に100点でした。
…と、ここまで書くとアフィリエイトじゃないの?と思うかもしれませんが、記事中のアフィは嫌いなのでリンクは純粋なリンクにしています。
sotto capo の他の商品を見たい人は下記。

sotto capo ウェブサイト

posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

愛用の急須〜常滑焼

愛用の急須〜常滑焼

土っぽい和食器が好きなので、細かくざらついた常滑焼の急須を使っています。
どこまでも薄く、どこまでも軽いこの急須は、一生モノとして購入しました。じじぃになっても、この急須でお茶を淹れます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

愛用のコーヒーカップ〜信楽焼

愛用のコーヒーカップ〜信楽焼

比較的コーヒーは好きな飲み物で、普通はドリップバッグからブラックで飲みます。
日本茶もそうですが、癒しの飲み物は好きな和食器で飲みたいもの。そんなわけで、ざらつきと金属性の光沢を持つタイプの信楽焼を使っています。

8千円の食事をしたり3万円の服を着るよりも、本物でお気に入りの和食器を末永く使うことのほうが、自分にとっては良い意味での贅沢です。
何より愛着を持ってずっと使い続けることができます。すると、それは友になり、そして分身にもなったりします。
人間が土から作った器、たまらなくアナログな存在は現代人を癒すアイテムになり得るのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

節分は落花生

節分は落花生

このあたりの地域では、節分は炒った大豆ではなくて落花生を撒きます。
地元のスーパーでも主役は落花生で、炒った大豆はわき役的に寂しく売られています。
また、恵方巻などもそもそも食べる風習はありませんが、コンビニなどでも売られているので買う人もいるようです。

写真には千葉県産が写っていますが、落花生は大好きなのでこれだけでは足りず、あとは中国産のでかい袋入りを買う次第。
両者の特徴でも書いてみましょう。

■千葉県産
・ダルマ型の2粒型がほとんど。同じぐらいの豆がちゃんと2粒入っている。
・中国産より甘さがやや強く、炒り具合も全粒均等。
・殻がなぜか真っ二つにきれいに割れる。
・割った瞬間に出る殻の粉が少ない。
・同量の中国産の4倍の値段。高すぎ。

■中国産
・2粒型の他に1粒型や3粒型も混じる。
・2粒型を割ってみると1粒しか入っていないことがある。
・千葉県産よりほんの少し甘さが弱く、やや炒りすぎの傾向がある。
・殻がきれいに割れない。
・割った瞬間に出る殻の粉が多い。
・同量だと千葉県産の4分の1の値段。安さが魅力。
・買う日や店舗で当たり外れがある。当たると甘くておいしいがハズレると風味もしない。
・薄皮を取る際に容易に割れてしまう豆がある。
・炒りすぎで焦げたのを食べたらコゲではなくて虫だった。

中国産の品質にもひとこと言いたいのですが、その前に千葉県産の値段の高さはちょっと異常だと思います。栽培や収穫、出荷までの管理等を考えても、妥当な値段だとは思えません。
値段に4倍の差がありますが、千葉県産が中国産より勝っていることは確実でもその差がはたして4倍もあるかと考えれば、せいぜい2倍もいかないでしょう。

まあ、落花生で千葉県産といえばひとつのブランドにもなっているので、売り方の作戦勝ちなんでしょう。
…と、中国産の落花生をつまみながらぶつぶつ書いているわけなのであります。健康祈願。
タグ:節分 落花生
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

春のひとり旅、決まる

春のひとり旅、決まる

春のひとり旅候補地の宿泊先の埋まり具合を見てみたら、すでにほとんど満室。
これはやばいということで、慌てて宿を確保した次第。なんだか、年々観光客の動きが早くなっているようです。

今年のGWは前期後期の分割型ですが、あえて混みそうな後期に設定してみました。
まあ、高速上での激しい渋滞は無いと思いますが、SAでの駐車場探しはどの日でも苦労するでしょう。

今回のひとり旅はたくさんの場所をあたふた巡るのではなく、ポイントをしぼってじっくり巡るタイプにしたいと思います。その代わり、2県をまたいでの旅行になりそうな気配。
旅行先はいつものとおり帰ってきてからのご報告となります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2011年春 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

愛用の湯呑〜益子焼

愛用の湯呑〜益子焼

どうでもいいものは100円ショップで買いますが、癒しを構築する重要アイテムでもある湯呑は相応のものを選びます。
見たとき触れたときに何か語りかけてくるような、そういった雰囲気を持った湯呑は長く付き合えます。

益子焼窯元よこやま窯主横山由夫氏の手づくりの湯呑。大きさ、風合い、存在感、どれも満足の域に達しています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする