2012年04月28日

薬のネット販売に関する国の規制解除

インターネットを使った薬の販売を国が規制したことを巡る裁判で、ネット販売を認める判決が出ました。
薬は慎重に扱うべきものだから、対面販売をできないネット販売が規制されていたということです。

この規制が始まってから不可解な規制だなと思っていました。だって、実店舗の販売員から説明や注意を受けたこともありませんし、レジに持っていくと何でも買えました。もちろん、説明無しでです。
薬剤師が店舗に不在の時は販売できないというのが決まりですが、レジに持って行ったら買えました。パートさんがレジ打ってました。
実店舗のこのような状況があるのに、注意点が細々書かれたネットの販売ページでは買うことができない、まさに不可解極まりない気持ちでいたのであります。

前に、薬のどれを選べばいいかについて、販売員に質問してみたことがあります。販売員は答えられませんでした。正確に言うと答えましたが、言葉数だけ増やした極めて中身の無い答えでした。
正直に言うと、自分の質問の答えを自分は知っていました。同じ効能でも成分が違うので、この病状にはこれはいいがこれはだめといった医学的な回答が明確にあったのです。
どちらかと言えば初歩的な部類の薬学知識になるのですが、それさえも知らずに売って何が対面販売だと思ったものです。

詳細説明を書くときりがないので割愛しますが、第一種はネットで買えなくていいです。あれは本当に説明というか診断が必要なレベルの薬だと思います。
しかし、第二種からは注意点を読んだ上で了承のチェック印を入れて次のページを表示し、カートに進むことはいいのではないかと思っていました。少なくても、実店舗の現状以上のチェック体制です。

中には対面で買いにくい薬もあるでしょう。そういった薬がネットで買われることも少なくないはずです。また、外出が何らかの原因で厳しい事情のある人、近所に薬屋さんが無い地理的条件の人、いろんな事情でネットで買うことを便利だと思っていた人は少なくないはずです。

結局利権がらみだったのかと疑いたくなる今回の悪法でしたが、これでまた通販で薬を買うことができるようになりそうです。
自分は医学オタクでもあるからかもしれませんが、とにかく買う前に説明書きは読みます。つか、メーカーのHPにまで飛んで派生種との比較を見て自分の選択が正しいのかも確認します。だから余計に悪法だと感じるのかもしれません。

懸念する点は無いかというとそうでもなく、ネットで買う率が増えれば実店舗で買う率は減ります。そうなると、実店舗の経営は悪化し、中には店舗撤退や廃業という現象が出る可能性はあります。
そうなると困るのは消費者です。ネットで買うことのできる人はいいのですが、そうでない人にとっては大問題になります。

何かもっと別の方法でいい方法は無いものか考えましたが、実店舗でもネット販売店でも、薬販売に関してはユーザーの販売履歴書を作成して一定期間保管することを義務付けたらいいのかなとも思います。努力目標ではどこもやらないので、これは義務にします。
間違った処方も危険ですが、大量処方も危険です。販売履歴をチェックしていれば少なくても異常な大量購買には気づくはずです。ただ、これをやると個人情報もさらに丸見えになるのですが。

コンビニでも買える薬が何でネットで買えないか、その点だけでもこの悪法は納得のできないものでした。
対面販売の販売者は人の形をしたロボットでもいいという解釈になります。それよりは、ロボットの形をした人のほうが、まだ対面販売に近いと思ったりします。

いずれにしろ、時々妙な法律が成立することがあるので、人間と言うのはまだまだ不完全な生き物だなとつくづく感じる次第。まあ、完全にはなりたくはありませんが。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする