2012年08月05日

スーパーカップ1.5倍 鶏ガラ醤油ラーメンを食す

スーパーカップ1.5倍鶏ガラ醤油ラーメンを食す

ブログ記事コメント欄で勧められたこのカップめん。ラーメン屋のようなしっかりした醤油味スープだということですので、今回試食とぁぃなった次第。


スーパーカップ1.5倍鶏ガラ醤油ラーメンを食す

めんに特長があるようです。形容詞や副詞の使い方がプロですな。


スーパーカップ1.5倍鶏ガラ醤油ラーメンを食す

そのめんです。丸くて太いイメージ。もうちょっと詳しく見てみます。


スーパーカップ1.5倍鶏ガラ醤油ラーメンを食す

断面は円に近い形状。表面は乾麺よりはザラついていますが、普通のめんよりはなめらかです。
カリっとそのまま食べてみましたが、カールをものすごく硬くしたような食感。バキッでもカリッでもなく、サクッに近いです。マルちゃん正麺の麺と似ていますが、さらに硬くしたような感じです。このあたりで、小麦粉と澱粉の配合を工夫したことが分かるような気がします。


スーパーカップ1.5倍鶏ガラ醤油ラーメンを食す

かやくと粉末スープと液体スープ。液体スープには調味オイルが大量に入っており、鶏油だと思います。


スーパーカップ1.5倍鶏ガラ醤油ラーメンを食す

3分後。特に変わりばえのない普通の醤油ラーメンです。さっそく食べてみました。


スーパーカップ1.5倍鶏ガラ醤油ラーメンを食す

う〜ん、臭い。臭い所存。ラーメン屋に入った時に感じる臭みを感じます。カップめんの臭みではなく、ラーメン屋の臭みであることで、なんだかただ者ではない気配。
この臭みは鶏油そのものです。液体スープの中身がほぼ透明なオイルでしたが、けっこうな量が入っていて写真でもその鶏油がたくさん浮いています。
この鶏油の味と臭みが、インスタント色をかなり消しているような気がします。合成ではないしっかりとしたうま味、この実感がラーメン屋のそれと同じです。
リアリティーを追求したカップめんって、けっこう珍しいかもしれません。その追求の結果がラーメン屋を想像させるレベルまできているので、これは成功と言えるでしょう。
またしてもエースコック、いやはや、醤油味のプロフェッショナルですな。

麺のほうですが、こっちはリアリティーを追求する方向ではなく、このスープに合う食感の麺になっています。表面はややぬるぬるした感じ。ふんわり感を感じながらもプツンと切れます。
ガーリック&オニオンの旨みを霧状にして吹き付けた麺らしいですが、これは味付け麺というよりは小麦粉や澱粉の雑味を消している役割が強いかもしれません。
ガーリックの味がするわけでもなく、オニオンの風味がするわけでもなく、しかし雑味はありません。
ただ、雑味が無いということはやはり何らかの味を感じているわけで、濃い味スープで自然に食べられることを思えば、そのバランスが優れているということになります。
実際、濃い味スープの中でガーリックやオニオン味の麺だとくどくなるわけで、味の濃淡のつなぎの役割の一部なのかもしれません。

総じますが、臭みとコクをここまでラーメン屋に近づけた醤油味カップめんは珍しく、普通においしい醤油味ラーメンになっています。
よく美味いラーメン屋でラーメンを食べてきた人は、なぜか体じゅうにラーメンの匂いが染みついていますが、その匂いと同じ匂いがこのカップめんからしてきます。
この匂いは、香りでも匂いでもなく、親しみをこめて臭みと表現したい次第。3Dは麺だけでなく、食環境も含めた話だったとは、これまた恐れ入りました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする