2012年08月24日

うまかっちゃんを食す

うまかっちゃんを食す

ほれ、食いてーだろ?あ?食え!と友だちが置いていったのは、うまかっちゃん5袋。
食いてーだろ?って、食いてーに決まってんじゃねーかゴルァというわけで、さっそくカセットコンロを準備した次第。


うまかっちゃんを食す

うまかっちゃんは別腹なので、2袋分を一気に煮ます。
1袋550mlで煮るのがルールですが、ここは2袋800mlで煮ます。うまかっちゃんは、やや硬い麺を少し濃いめのスープで食べるのが美味いのであります。


うまかっちゃんを食す

超特大丼ぶりにガバッと入れたら8分目。表面に浮く調味油がたまりませんな。


うまかっちゃんを食す

くせぇぇぇーーーーーーーーーーーーーーgyふじこlp;@(;´Д`)
んめぇぇぇーーーーーーーーーーーーーーgyふじこlp;@(;∀;)
何度食べてもこの感覚がいまだにあるとは、なんという一品。猫舌にも関わらず、あっという間に数分で麺完食。スープは3分さましてから完食。

冷静に分析しますと、うまかっちゃんは"うま味"という味がかなり強いです。いわゆる「味の素」系のうま味なのですが、ここまで強いうま味が他の風味によって整形されているような感覚。強いんだけれどもちょうど良いと感じるマジック。そのマジックの主人公が、辛さだと思います。
意外と気づきにくいのですが、うまかっちゃんは地味に辛いです。この辛さを感じさせなくするほど強いうま味、この両者のバランスの完成度はかなり高いと思います。

ハウス食品さん、こんなに美味しいものをなぜに岩手県で売らないのですか。売っていたら箱買いしますので、ぜひ検討願います(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(7) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする