2013年12月31日

今年の最後の日

今年の最後の日

飲酒運転はいけませんが、大みそかの夜だけは車も酒を飲むのであります。ゆっくりお休みな次第。

【大晦日 大みそか おおみそか】
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | その他日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

自家製唐辛子と自家製ネギの鍋焼きうどん

自家製唐辛子と自家製ネギの鍋焼きうどん

自分的には冬の昼食の定番である鍋焼きうどん。ベランダ菜園で収穫した九条太ネギトウガラシを入れると、こんな感じになります。
ネギはしんなりしてくると甘くておいしいので、香辛料というよりは野菜感覚でたくさん入れます。
トウガラシの辛さは胃の入り口までカアーッと燃え上がる感覚。かなり辛いのですが、不思議と不快感の無い辛さです。
これを食うために春から水やりやら追肥やらやってきました。ようやくちっぽけで些細な冬の幸せが到来したのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

今年も三種の神器

今年も三種の神器

今年もクリぼっちのシングルベルなわけですが、三種の神器は欠かせないのであります。
4種のケーキで生クリームの風味を堪能し、子どもの頃の記憶に帰ります。


今年も三種の神器

そうなるとノンアルコールのシャンメリーが必要です。もちろん定番のトンボ飲料。


今年も三種の神器

今年はモモ肉ではなくてハーフにしました。鶏の各部の肉質感の違いを楽しみながら食べることができます。
骨格の勉強にもなり、ケンタの復習にもなりました。鶏さんにも感謝感謝。

クリスマスがくるとあと1週間でおおみそか。紅白を見てゆく年くる年を見てさだまさしを見て、次の日は昼に起きてお雑煮を食べる。そんな年末年始の過ごし方が、またやってきます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | クリスマス三種の神器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

これが初めて買ったデジカメ

これが初めて買ったデジカメ

ちょっと懐かしいものを引っ張り出してみました。SONY Cyber-shot DSC-S50。生まれて初めて買ったデジカメです。定価で9万円弱するデジカメですが、実売価格でも8万円弱ぐらいでした。
211万画素で光学3倍ズーム。最大撮影サイズは1600×1200です。今となってはスマホや携帯にも及ばない性能ですが、当時のデジカメは恐ろしく高価な商品だったので、買う時も覚悟を決めて買わなければならない代物でした。


これが初めて買ったデジカメ

裏側の液晶はバリアングル。初めて手にしたデジカメがバリアングルだったため、その後に購入することになるデジカメは旅行用カメラや当選品を除けばすべてバリアングル機能のついたものになっています。


これが初めて買ったデジカメ

このDSC-S50の電池を充電し、普段使っているカメラを撮ってみました。
実際に使っていた人にしか分からない当時の匂いがします。写真には画素数とかコントラストとかの性能値では語れない匂いがあり、これはそのカメラが持つ演算処理によるところが大きいのだと思います。
なんといいますか、これは間違いなくDSC-S50の匂いなのであります。


これが初めて買ったデジカメ

このカメラを持つと、バリアングル液晶にはいろんなものが写りました。その写ったものを見ながら3軸のある1点で構えた時だけドーパミンが出る瞬間があり、そんなときにシャッターを押していたような気がします。
光学機器というよりはもはや家電製品となった感のあるデジカメですが、本機は当時の自分の視神経であり、シナプスでもありました。その記憶は画像となり、当時の匂いとともにいつでも触れることができます。
写真って不思議なものですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスまで待てない次第

クリスマスまで待てない次第

お盆の時期は葬式饅頭を食べたくなるものですが、 の時期が来るとイヴまで待てないのであります。
そんなわけで、今年も時期尚早の とぁぃなった次第。
にはいつものとおりに3種の神器となる予定。はやく鶏のモモ肉を食べたい所存
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

ホッキ貝の貝がら

ホッキ貝の貝がら

スーパーでホッキ貝の刺身を買ったときに身が乗っていた貝がら。お吸い物などにすればよく出汁が出る大型の貝です。
刺身はこのとき生まれて初めて食べたのですが、お吸い物同様のうま味があり、大変おいしい貝でした。


ホッキ貝の貝がら

貝がらの裏側はどの貝もつるつるすべすべです。カタツムリの殻も内側はつるつるすべすべです。


ホッキ貝の貝がら

この貝も少し前までは海の中で生きていました。食料ではなく、生き物だったわけです。生きるためのしくみ、生きてきた記録、様々なものが貝がらに確認できます。


ホッキ貝の貝がら

この大きさになるまで何年かかったでしょう。体を大きくし、殻を大きくし、生き物から食料に変わりました。生き物を食料とすることは、どんな生き物であってもありがたいことなのであります。


ホッキ貝の貝がら

昔は指先に乗るくらいの大きさだったでしょう。成長とともに刻まれた年輪は貝の生きざまです。その丈夫な貝がらを砕いた力は人間の力です。
知恵は力を何百倍にも何千倍にもし、針1本で血を噴き出す弱い手を持つ人間の知恵が、分厚く丈夫な貝がらを砕いたのです。
地球を征服して大威張りの人間ですが、食料となった生き物には「どうもありがとう」と思う気持ちを持っていたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする