2013年12月05日

パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

「ドアのところに置いていくから食ってブログ書けゴルァ!」と例の友だちがドアの外に勝手に置いていったのは、カップ麺3種。
その中のひとつめが、「パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメン」。
パイナップル風味の塩ラーメンということで、かなりの変わり種ラーメンのようです。スープから何からパイナップルづくし。おまけにパイナップルの果肉まで入っているらしく、しかも実店舗まで存在するというラーメンです。


パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

中を見てみると、乾麺は袋に入っており、その他には…


パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

こんなかんじ。さっそくお湯を入れて作ってみました。


パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

厚切りの肉が1個、パイナップルの果肉が2個、乾燥ネギと細く切った唐辛子、粗びき胡椒です。


パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

さっそく食べてみましたが、パイナップルを前面に出しているせいか、出汁分のうま味をあまり感じません。その代わり、パイナップルの甘酸っぱさを少しだけ感じるようなスープになっています。パイン風味の塩ラーメンといったかんじでしょうか。
良く言えばあっさり健康ラーメン、辛口で言えば味がしないラーメンに感じます。しかし、スープをじっくり味わってみると決して塩分が少ないわけでもなく、出汁分が少ないので味が薄く感じるような気もします。
好みの問題ですが、自分的には今の倍くらい甘酸っぱくしたほうがそれなりに割り切って食べることができそうですが、そうでなければ出汁分を強くしてうま味を出したほうがおいしいかもしれません。
ただ、これはパイナップルを前面に出したラーメンなので、出汁分とけんかをしやすいでしょう。結果的に出汁分を抑えた形にしなければならないとすれば、今の味がバランス的には良いということになります。
非常に挑戦的なラーメンなだけに、食べる方もやや混乱気味なのも事実。何をどう解釈してうまいと感じればいいのかがわかりませんw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いばらき けんちんそばを食す

いばらき けんちんそばを食す

「これも食えゴルァ!」というわけで、いばらきけんちんそばです。
麺がそば粉四割ということなので、そのあたりの食感が楽しみです。


いばらき けんちんそばを食す

液体スープとかやく。このかやくは「豆腐、味付油揚げ、サトイモ、ゴボウ、ネギ、ニンジン」の6種類が入っており、けんちん汁らしさを演出してくれそうです。


いばらき けんちんそばを食す

お湯を入れて4分後。白くて丸いものがサトイモ、白くて四角いものが豆腐、茶色くて長方形のものが味付油揚げ。ゴボウやニンジンも入っていますが、大部分は底に沈んでいます。
さっそく食べてみましたが、そば粉四割のめんはなかなかいいかんじです。ざらつき感や粉っぽさもきちんとあり、カップ麺でここまで出せているのは少ないと思います。
サトイモは歯ごたえがありながらもぬるぬるしており、豆腐もふわふわ感があります。味付油揚げもいい下味がついています。底に沈んでいるニンジンもこりこりした食感で、グニュッとつぶれるようなニンジンではありません。
総じて、かやくのひとつひとつに存在感があり、このあたりは金ちゃんヌードルに通じます。欲を言えば具がもう少し多ければとも思いましたが、それをやると庶民の値段じゃ買えなくなりそうなので、このあたりでいいです。

さてさて、このカップ麺の最大の満足度はスープでした。少しだけとろみのある甘じょっぱいスープにけんちん汁のうま味が溶け込んでおり、これは普通にうまいと言えるスープです、つか、汁です。
都会の人にわかりやすい表現をするとすれば、日本の田舎の味がします。口の中で何ひとつ衝突するものが無く、すべてが仲良くしたままのどを通り過ぎる感覚。心がほっとした時間を感じました。

物理量と金額を比べれば確かに物足りなさを感じますが、心がほっとする田舎味の汁を飲みほして食事を終えたときの満足感の中では、「また食べたい」と思いました。なんか、全体的に真面目に作られている印象があります。極めて平和的です。
南に激辛の麺あれば、行って食える程度にしろと言い
北に流行りや店主監修があれば、つまらないからやめろと言い
そんな宮澤賢治のようなカップ麺なのでありました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝浦タンタンメンを食す

勝浦タンタンメンを食す

赤くて辛い、目に訴えるほどの赤が強い個性を放っているのは、エースコックの勝浦タンタンメン。
B-1グランプリにも出場したB級グルメでもありますが、それをエースコックがどうまとめてくるか、そのあたりを見ていきたいと思います。


勝浦タンタンメンを食す

粉末スープ、液体スープはいいのですが、かやくのネギの量がかなり多いです。麺は乾麺。


勝浦タンタンメンを食す

お湯を入れて4分待って粉末スープと液体スープを入れてまぜまぜしてできあがり。
真っ赤なのは見てのとおりですが、ラー油の量が尋常じゃないです。その真っ赤なラー油の中にたくさん浮いているのはほとんどがネギですが、玉ねぎや鶏肉そぼろやニンニクも入っています。そのせいか、風味が意外とスパイシーになっています。


勝浦タンタンメンを食す

さっそく食べてみましたが、あーー♪でした。辛いだ甘いだの前に、まず美味いがきます。このあたりは、エースコックの貫録でしょうか。バランスがいいです。
辛さはラー油のほど良い辛さ、ゴマの香りをさせながらも玉ねぎとニンニクの香りもしてきます。この風味のまとめ方は、エースコックの他の商品でも強く感じるところ。混ぜて殺さずに全部生かすのがうまいです。
そんなわけで、あっという間に完食し、美味いで始まって美味いで終わった残り香はスパイシー。いやはや、食べることをイベントにまでしてしまう勝浦タンタンメンなのでありました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする