2015年01月07日

雪かきの服装

雪かきの服装

今年も大雪の季節がやってまいりました。昨年のような吹雪の中での雪かきも結構あるので、暴風雪を考慮した服装が必要なのであります。
ファッション性を度外視した機能性重視で格安のものを使用しています。

・ベンチコート
風で体温をどんどん奪われるので、丈がひざぐらいまであるものを着用。
軽くて水をはじきながら風を通さないということも重要。開口を絞れるタイプのフードは必須。中綿の入り方やボア生地の付き方は好み。

・サングラス
反射紫外線による雪目対策と雪の凹凸を把握するために必要。軽量、濃すぎない色、紫外線カット、偏光レンズの4つの要素は外せません。サイドまで視野を覆う形のレンズだと目が疲れません。

・帽子
ベンチコートのフードを絞っても斜め上から雪が顔に吹き付けるので、雪よけ目的で使用。雪かき作業の後半ではかなり汗をかくので、吸汗即乾効果の高いランニング用がいいです。軽くて生地が薄く、額の当たるところが吸汗パッド風になっているところがポイント。通気性を重視してネット生地のものもいいかも。

・くもり防止
氷点下の中で汗が蒸発するわけで、サングラスがすぐくもります。拭いてもまたすぐくもって作業にならないので必須。

・マスク
重労働で呼吸が荒くなって息苦しくなるので未着用。極寒暴風のときはガーゼタイプの薄いものなら息苦しくならないかも。

・長靴
膝ぐらいまであるロングタイプが必須。重いと疲れるので、できるだけ軽いものが良し。オーバーサイズだと歩きにくいので、ジャストフィット気味のほうがいいです。

・アリナミンAタイプのビタミン剤
筋肉疲労か筋肉痛が必須なので、雪かき後に服用しています。安いジェネリックを使用。

そんなわけで、今年は昨年のような大雪の日が少ないことを祈りつつ、突然の危機はできるだけスムーズに対処したいと思うのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする