2008年12月05日

ホンダのF1撤退

F1好きホンダ好きの自分にとっては少なからず衝撃はありましたが、ご時世がご時世でもあり、しょうがないなというのが素直な感想です。
F1のレギュレーションも度重なる変更の繰り返しで、年々おもしろさの減退を感じていました。
来シーズンも大幅な変更があり、車体のスタイルも大幅に変わります。
さらに来シーズン以降にはエンジン統一の動きもあり、個人的にはますますおもしろくなくなると感じていた最中のホンダの撤退は、意外なほど素直に受け入れることができました。

今までたくさんのドラマとたくさんの興奮とひとつの悲しみの中で走り続けてきたホンダ、ひとつの青春を終えたときのような憂いを残し、静かに去りゆくその背中は、決してマイナスのベクトルではないと思います。
合戦を繰り返す戦国模様はサーキットを飛び越え、今まさに目の前の庭で展開されるような厳しい時代です。
敵も変わり新しい戦い方が望まれるのなら、それに向かって舵をきるのは正しいことだと思います。

ホンダ=F1、F1=ホンダ。
時代というものは、色を付け、形を変え続ける水のようなものです。
遷り行き、そして流れることは、常であると思うのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | その他日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。