2010年06月21日

見解-浅田飴水飴の思い出

昔からニッキ味のものが好きで、ニッキ飴などはよく食べていました。
そんな中、浅田飴水飴に出会い、のどが痛いとかうそを言って買ってもらっていましたが、そうそう安いものでもなかったので年に1回か2回ぐらいしか買ってもらえませんでした。

ある日、友達の家の中でかくれんぼをすることになったのですが、お金持ちのお城のような大きな家だったので、隠れるところはいくらでもありました。
かくれんぼの鬼の10カウントが聞こえる中、広くて長い廊下を走って横の引き戸を開けて中に入りました。
そこは台所。テーブル、流し台、冷蔵庫、どれもが覆いかぶさってくるほど大きくて、そこは隠れ場所もたくさんありました。
台所の引き戸を開けて中を見ても陰になるようなところということで、大きな冷蔵庫の横に入り込みました。

隠れ場所が鬼の想定外だったのか、鬼はなかなか台所の引き戸を開けてくれません。なんだかひまになってふと横を見たら、そこに大好物の浅田飴水飴がありました。
封を切っているので一口ぐらいいいだろうと、中のスプーンに山盛りにした水飴を口に放り込み、しばし幸せな時を過ごしました。
ところが、いくら待っても鬼は台所を探しに来ません。そうしているうちに、もう一口、さらにもう一口、気が付けば最初の量の半分以上を食べていました。
やばい、食べ過ぎた、食べたのがばれたら怒られると思い、当初の隠れ場所だった台所から隣の部屋にこっそり移り、そこでわざと鬼に見つかるようにしてアリバイを作ったわけです。
あの時の浅田飴水飴の味は、今でも忘れません。
お金持ちのO君、浅田飴水飴が減っていたと思いますが、食べたのはわたくしでございます。ごめんなさい。
タグ:浅田飴 水飴
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 自己的見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カミングアウトww

O君、ココ見て許してくれれば良いですなw
自分はべっこう飴が好きです。

つか鬼が気付かないってどんだけ豪邸なんだよw裏山
Posted by 目薬 at 2010年06月23日 06:55
>目薬さん
ちなみにO君は次男だったので、家のあととりにはなれませんでしたw
べっこう飴、昔お祭りの夜店で買いましたなぁ〜。自分でも作ったことがありますが、焼きすぎて苦くなってしまいましたw
夜店と言えば、すーすーする笛も好きです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月24日 00:28
先日駅のホームの椅子で電車待ちをしてましたら、
おばさん仲間数人が私をはさんで座ったんですね。
そのなかの1人がフリスクのライム味を皆に勧め
はじめたのです。なんとなく並んで座る私にも
気兼ねしたのか「おねえちゃん、この仁丹、
ハイカラな味がしておいしいから食べな」って。
昔は一家に1つあった懐かしいその名前を久々
聞いて、思わず吹き出しちゃいました!
Posted by ドキンちゃん at 2010年07月11日 12:38
>ドキンちゃん
仁丹www
つか、砂糖のかたまりを仁丹言うな!w
時代が変われば食文化も変わり、ヒット商品はその時代を象徴するものになりました。
しかし、おばさまたちからすれば、口に入れるものは今でも仁丹なわけです(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年07月11日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック