2011年02月04日

愛用のコーヒーカップ〜信楽焼

愛用のコーヒーカップ〜信楽焼

比較的コーヒーは好きな飲み物で、普通はドリップバッグからブラックで飲みます。
日本茶もそうですが、癒しの飲み物は好きな和食器で飲みたいもの。そんなわけで、ざらつきと金属性の光沢を持つタイプの信楽焼を使っています。

8千円の食事をしたり3万円の服を着るよりも、本物でお気に入りの和食器を末永く使うことのほうが、自分にとっては良い意味での贅沢です。
何より愛着を持ってずっと使い続けることができます。すると、それは友になり、そして分身にもなったりします。
人間が土から作った器、たまらなくアナログな存在は現代人を癒すアイテムになり得るのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちは伊賀焼の黒い土鍋で毎日米を炊いてます。
伊賀ものは素朴でいながらスマートな雰囲気!
一点ぜひおすすめします。
(例の新聞紙の幼虫はそのまま蛹になったようで
春まで要観察なのです)
Posted by ドキンちゃん at 2011年02月14日 20:43
>ドキンちゃん
おお、土鍋で炊飯、しかも毎日!\(^o^)/
これはうらやましい贅沢ですねー♪
バケツ稲をレンジで炊飯した大バカ者がわたくしでございますw
2合ぐらいあったら、ぜひ土鍋で炊いたご飯を食べてみたいですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年02月15日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック