2012年04月20日

小さな憂鬱

去年あたりから留守電に入るようになった間違い電話。同じ人からの間違い電話が、月に数回の割合で今でも続いている次第。
60代から70代ぐらいの女性なのですが、やさしそうな声で今日もまた留守電に入っていました。
『○○さ〜ん、今日もまたいないのねぇ〜。またかけますね〜。』

軽く鬱です。こっちはナンバーディスプレイでもないので、相手の電話番号がわかりません。
しかも、いつも不在時にばかりかかってくるので、いつも一方通行の留守電メッセージなわけです。
ずーっとずーっと気づかずに、半年以上もお話ができないでいるその方のことを思うと、軽く鬱なのであります。

どうしてこんなに気づかないのでしょうか。短縮ボタンに間違って登録したのでしょうか。
とにかく、早く気づいてほしいと思う今日このごろなのでありました。かしこ。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | その他日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぁぃさんこんにちは、いつも楽しく拝見しております。
先週聴いたNHKFMのラジオドラマが、
このぁぃさんの体験にとてもよく似ていて驚きました
(ホームページアドレスにそのNHKのサイトを入れました
4月21日放送分の『温もりの値段』です)。
特に
‘60代から70代ぐらいの女性’
‘やさしそうな声’
‘不在時にばかり’
‘一方通行’
‘『今日もまたいないのねぇ〜。またかけますね〜。』’
このあたりがドラマの冒頭にそっくりでした。
ぁぃさんは現実、これはラジオドラマで架空の話だし、
だからなんだというコメントなのですが、
あまりに似ていてびっくりしたのでコメントすることにしました。
その女性、早く気が付いて、
本来のお相手に通ずるとよいですね・・・。
Posted by 読者 at 2012年04月25日 15:49
>読者さん
おお、同じようなことがやはり現実にもあるので、このようにドラマにもなるのでしょうかw
こんなに不在だと間違ってかけているのかな?と思ってくれればいいのですが、この世からいなくなっちゃったのかな?とか思われると罪悪感も感じてしまいます。
NTTもケチらないで、ナンバーディスプレイ標準契約にしちゃえばいいのですが(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年04月26日 01:04
わたしなら、何かあったのかな?と心配になったり、もしや避けられてる?と相手からの連絡を待ってしまうと思うので、半年もの間気長に電話を掛け続けるその女性の事を、なんだか尊敬してしまいました。
いつか教えてあげる事が出来ればいいですね(●^ー^●)

数年前のある日、わたしのところにも、小学校低学年くらいの男の子から「お母さ〜ん迎えに来て〜」「お母さんまだ〜(;_;)?」と何度か留守電に入っていた事がありました。その日は凄い雨と風だったのでかなーり気になってしまいましたが、どうする事も出来ず…。

しかしあいさんのは長い。軽い欝わかります(-ロ-)
Posted by ウス子 at 2012年05月01日 13:57
>ウス子さん
その留守電はつらいw
迎えをお願いすることができないその子ども、悲しかったでしょうねー。
間違い郵便はほとんどが差出人がわかります。間違いメールも差出人がわかります。FAXも発信先が記載されています。
留守電だけなんですよね、わからないの。なんとかならんもんなんでしょうかw
Posted by ぁぃ♂ at 2012年05月02日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。