2013年12月05日

パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

「ドアのところに置いていくから食ってブログ書けゴルァ!」と例の友だちがドアの外に勝手に置いていったのは、カップ麺3種。
その中のひとつめが、「パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメン」。
パイナップル風味の塩ラーメンということで、かなりの変わり種ラーメンのようです。スープから何からパイナップルづくし。おまけにパイナップルの果肉まで入っているらしく、しかも実店舗まで存在するというラーメンです。


パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

中を見てみると、乾麺は袋に入っており、その他には…


パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

こんなかんじ。さっそくお湯を入れて作ってみました。


パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

厚切りの肉が1個、パイナップルの果肉が2個、乾燥ネギと細く切った唐辛子、粗びき胡椒です。


パパパパパイン パイナップル風味 塩ラーメンを食す

さっそく食べてみましたが、パイナップルを前面に出しているせいか、出汁分のうま味をあまり感じません。その代わり、パイナップルの甘酸っぱさを少しだけ感じるようなスープになっています。パイン風味の塩ラーメンといったかんじでしょうか。
良く言えばあっさり健康ラーメン、辛口で言えば味がしないラーメンに感じます。しかし、スープをじっくり味わってみると決して塩分が少ないわけでもなく、出汁分が少ないので味が薄く感じるような気もします。
好みの問題ですが、自分的には今の倍くらい甘酸っぱくしたほうがそれなりに割り切って食べることができそうですが、そうでなければ出汁分を強くしてうま味を出したほうがおいしいかもしれません。
ただ、これはパイナップルを前面に出したラーメンなので、出汁分とけんかをしやすいでしょう。結果的に出汁分を抑えた形にしなければならないとすれば、今の味がバランス的には良いということになります。
非常に挑戦的なラーメンなだけに、食べる方もやや混乱気味なのも事実。何をどう解釈してうまいと感じればいいのかがわかりませんw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カップ麺・ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。