2014年05月07日

仙台山形ひとり旅〜2日目夕食編

仙台山形ひとり旅〜2日目夕食編

そんなわけで、動物園からバスに乗って仙台駅に着きました。おみやげは仙台駅構内で買うので、そのまえに夕食なわけです。
仙台駅3階のすし通り内にある『すし三陸前』。ここは前にも来ましたが、いい意味で緊張感のない店内の雰囲気が好きなのであります。


仙台山形ひとり旅〜2日目夕食編

下段左から、ぶどう海老、子持ち昆布かいわれ、炙りうに、かにみそ蟹爪添え、いくら、穴子。
上段左から、中とろ、白身しそ挟み、つぶ貝、くじら、ガリ。そして忘れて後から持ってきた玉子。
茶碗蒸しはビールの小ジョッキについてきました。

まずビールがおいしかったですw 寿司屋のビールはなんであんなにおいしいのか不思議です。温度がちょうどいいからかもしれません。
今回の目玉はくじら。赤身のくじら肉を生で食べるということは同族の哺乳類を生で食べることになるわけで、馬刺で馬を食べて以来の同族食いです。もちろん初めての経験なので、調査捕鯨禁止の影響が出ないうちに食べておきたかったのであります。
食感は馬刺と似てました。いわゆる魚類よりも柔らかい肉質で繊維っぽさっも無く、甘味とうま味があります。臭みや生臭さは完全に皆無でした。
あと全部おいしかったのですが、つぶ貝が厚切りだったので歯ごたえもあって特においしい寿司でした。また、ぶどう海老は言うまでもなく、とろける甘さに酔いました。


仙台山形ひとり旅〜2日目夕食編

おみやげはいろいろ買いましたが、ホテルで食べる自分用のおやつとして笹かまぼこを少し買った次第。
自然な弾力としっかりとした味というわけで、自分は鐘崎を買うことが多いです。
仙台はかまぼこメーカーがたくさんあり、それぞれに個性があります。その他のおみやげも実に様々あって、支倉焼やくるみゆべしあたりは自分が選ぶおみやげとしても定番になっています。つか、自分が好きなので買っているわけですが。ちなみにくるみゆべしは熊谷屋にしています。ここの駄菓子もおいしいです。

次回は「仙台山形ひとり旅〜3日目山形城跡編」です。初めてのドキドキの山形入りで、走行動画もノリノリ&ロリロリになりましたw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 2014年春 仙台山形ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。