2021年08月08日

ホヤをさばいて食ったった

ホヤをさばいて食ったった

パンッパンに膨らんだ新鮮なホヤが売られていたので、超絶鮮度のホヤを食うことにした次第。


ホヤをさばいて食ったった

旬の新鮮なホヤは、甘くて肉厚臭み無し。激ウマだったわけです。
ちなみに、ホヤは塩辛とか酢のものとかいろいろな食べ方がありますが、鮮度のいいホヤはそのまま食べるのが正解。これはいちおう刺身という分類に入るのですが、感覚的には刺身ほど上品な食べ方ではなくて切って洗ってガブリといった雰囲気。醤油もワサビも全く不要。ホヤから出る海水が最高の調味料なのであります。鮮度がやや落ちの場合は、きゅうりなどと酢のものにすればおいしいです。

ホヤは好き嫌いがありますが、鮮度が中途半端なものを変に加工すると、いわゆる「変な味の塩辛」とか「変な味の酢のもの」になりかねません。そんなものを食べれば、「ホヤは変な味」になって嫌いになるのかもしれません。
確かにホヤは風味にひとクセありますが、旬の肉厚なホヤをそのまま食べてみてほしいと思います。もしかしたら、こんなにおいしいものだったのかとびっくりするかもしれません。甘さだけではなくうま味もあって最高なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。