2009年10月14日

仙台ひとり旅〜仙台駅編

仙台ひとり旅〜仙台駅編

2日目の午後は、仙台駅周辺をぶらつくことにしました。
大昔に初めて仙台駅に降り立ったとき、外に出たらそこが2階だったことに驚いたことが思い出されます。


仙台ひとり旅〜仙台駅編

こういう写真を撮るのも、なんだか久しぶりです。


仙台ひとり旅〜仙台駅編

毎年この連休は、みちのくYOSAKOIまつりが行われており、仙台駅西口も会場のひとつになっています。


仙台ひとり旅〜仙台駅編

だんだん人も集まってきました。



仙台ひとり旅〜仙台駅編

隣のパルコでは、マイケル・ジャクソンの催しが行われていたので、ちょっと覗いてみました。


仙台ひとり旅〜仙台駅編

パネルの展示やグッズの販売が行われていました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | 2009年秋 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

仙台駅をよくよく調べてみると、食事処やお土産店が想像以上に充実しているもよう。
そんなわけで、2日目の昼にそばを食べました。


仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

かき天もりそば 950円。ここのお店のつゆは、かつおだしがすごく出ています。
市販つゆではヤマキ派のぁぃさんとしては、かなり満足。そば湯を足しての飲みほしました。


仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

何かもうひとつ食べたかったので、そば珍味盛り合わせというのを注文。酒の肴のページに載っていたのが気になりましたが、食べてみたら酒のつまみでした。
つまみとしてなら、これはかなりいいかんじです。わさび醤油もぴりりとし、そば味噌もしょっぱくて酒が進みそうです。


仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

わさびを適量(半量)使い、残さず完食。酒が無かったのでのどが渇いた次第。


仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

ようやくおなかが目覚めたようで、仙台駅構内の牛たん通り&すし通りに行ってみました。
牛たんの店は全店20人ぐらいの行列。牛たんは前日に食べたので、すしのお店を見ました。


仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

年に2回のひとり旅だし、たまには落ち着いて贅沢でもしようということで、「すし三陸前」でおすしをいただくことにしました。


仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

三陸の黄金 1890円。久々に人の手がにぎったお寿司です。


仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

たまらん。アナログなオーラがたまらん。
そしてひとつひとつをゆっくりといただきました。
もしかしたら、この時初めて本当のお寿司を食べたのかもしれません。
味がどうの、ねたがどうの、しゃりがどうの、大きいとか柔らかいとか、そんなことではない何かを強く感じていました。
ものすごく単純な感覚なのですが、それが右脳のど真ん中からやさしく広がるのであります。
これは「感じ」です。舌で感じる味覚ではなく、脳で感じる「感じ」です。
明らかに快感を感じ、軽く麻痺したような感覚になりました。


仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

大好物は最後に食べる派。身がしまっていて鮮度もかなりいいです。
今日は最高の食事をしたと何気に目の前を見たら…


仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

さらなる極楽浄土が、そこにはあったのでありました。


仙台ひとり旅〜仙台駅食事編

無意識のうちに追加注文。
こりゃもう言葉がありません。特に志津川産活たこ、なんですかこれは!
ものすごく甘く、ものすごく柔らかい、こんなたこは初めてです。
気仙沼産ふかひれもうま味まであり、こりこりと口を楽しませてくれます。
国産黒毛和牛仙台牛は牛の味が凝縮されており、笑ってしまうほどおいしいです。

店内は落ち着いた雰囲気。味わい、そして楽しむことのできる食空間です。
駅の構内にこんなお店があるなんて、いやはや、仙台駅ってすごいかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | 2009年秋 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

仙台ひとり旅〜街なか食事編

仙台ひとり旅〜街なか食事編

仙台の街なかで食事といったらここ、すっかり恒例となった利久です。


仙台ひとり旅〜街なか食事編

厚いので噛んでいる感覚が強く、切れ込みがあるので同時に柔らかい。
この相反する食感を同時に感じるので、利久の牛たんはおいしいのだと思います。


仙台ひとり旅〜街なか食事編

定食1.5人前なので、牛たんの量が多いです。
そしてまた今回も小鉢にやられました。前回も前々回も小鉢のおいしさに仰天しましたが、今回の肉団子の甘酢かけのようなものの味は絶品!
小さな補佐役としては、立派に役割を果たしていました。


仙台ひとり旅〜街なか食事編

開店直後に入りましたが、すでに1階は満席。初めて2階へあがりました。
2階にも1階と同じようなカウンターと調理場があり、目の前でじゅうじゅうと焼いています。
首を伸ばして覗くと、まだ切る前の真っ赤な牛たんがごろごろとありました。
利久の牛たん定食は、おいしいと表現するより幸せと言ったほうがいいでしょう。
ほぼ一年ぶりの味に、来てよかったと実感するのでありました。
食べ終わって店を出ると、入り口のところに5〜60人の行列ができていました。


仙台ひとり旅〜街なか食事編

次の日、街を歩いているとカーネルおじさんと目が合っちゃいました。やばいです。


仙台ひとり旅〜街なか食事編

3ピース購入。ケンタはどこで食べても最高です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | 2009年秋 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台ひとり旅〜SA食事編

仙台ひとり旅〜SA食事編

行きと帰りの高速道路上で1回ずつの食事となるわけですが、行きの食事は前沢SAにしました。


仙台ひとり旅〜SA食事編

おいしそうなものがありました。


仙台ひとり旅〜SA食事編

前沢牛ハンバーグ定食 750円。通常は1050円のようですが、この日は300円引きでこの値段。


仙台ひとり旅〜SA食事編

当然ながら、残さず完食。


仙台ひとり旅〜SA食事編

サービスで置いているふりかけも使いました。


仙台ひとり旅〜SA食事編

帰りは、岩手山SA。サービスエリアにしては、なかなか雰囲気のあるメニューがありました。


仙台ひとり旅〜SA食事編

アルミ箔の中には抹茶塩。天ぷらにかけて食べます。


仙台ひとり旅〜SA食事編

先ほどの写真よりもかなりいいイメージ。奥の白いものは梨です。


仙台ひとり旅〜SA食事編

常識ですが、残さず完食。ほうじ茶も撮影後に飲みました。
このメニューは見かけだけでなく、ひとつひとつの味がおいしくてかなり満足。味に過不足が無く、まさにブレの無いど真ん中の味覚。サケのほぐし身ひとつとっても、おかわりしたくなるようなおいしさでした。


仙台ひとり旅〜SA食事編

おいしいところには、いろんな人もやってきます。
まん中の色紙は、ギャル曽根でしょうか。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | 2009年秋 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台ひとり旅〜出発走行編

仙台ひとり旅〜出発走行編

そんなわけで、3度目の仙台ひとり旅とぁぃなりました。
ETC利用で1000円の高速走行な次第。渋滞も無く快適です。



仙台ひとり旅〜出発走行編

トンネルに入ると撮りたくなる病気は、まだ治りません。



仙台ひとり旅〜出発走行編

下がカーナビの画面、上が実際の風景。微妙に違いますな。



仙台ひとり旅〜出発走行編

仙台に近くなると、道路脇の樹木もおしゃれっぽくなります。



仙台ひとり旅〜出発走行編

下がカーナビの画面、上が実際の風景。カーナビの画面は視点がかなり高いことがわかりました。


仙台ひとり旅〜出発走行編

仙台到着。分厚い雲のかけらは、この後数分間のにわか雨を降らせました。

仙台も3度目ということで、今回はちょっと志向を変えたひとり旅にしました。
そのもようを、これから数回に分けて書いていきたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(5) | 2009年秋 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

そろそろひとり旅

そんなわけで、10月10日から12日まで秋のひとり旅なので、両ブログの更新が止まりますので、よろしくです。
高速を使って車で行くわけですが、帰ってきたらまた旅行記事でも書きたいと思います。

台風は来るわ仕事でドタバタするわで、旅行の準備らしい準備をほとんどしていない次第。
普段なら半月も前からバッグに詰め込むのですが、今回はなかなかレジャーモードに入れない所存。
明日も難題の仕事が入っているわけで、直前までストレスを抱えて一気に晴らせということでしょうか。
台風一過で、明日からの気候はさわやかなものになりそうです。
トンネルを抜けたらそこはホリデーだったということで、バカンスでナウなヤングのぁぃさんは、またまた眉毛の形を整えるのでありました (`・ω・´)キリッ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | 2009年秋 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする