2011年05月17日

仙台ひとり旅〜3日目夜食編

仙台ひとり旅〜3日目夜食編

角館の余韻をかみしめながら、秋田から岩手方面に向けて走ります。





仙台ひとり旅〜3日目夜食編

ちょっと時間があったので、田沢湖に寄ってみました。車の通り無し、人の姿無し。夕暮れの田沢湖は、神秘なオーラを放つ地球の姿そのものでした。


仙台ひとり旅〜3日目夜食編

仙台ひとり旅最終日の食事は、滝沢PAの半田屋にしました。


仙台ひとり旅〜3日目夜食編

上りの半田屋には前に一度来ましたが、下りの半田屋は初めてです。ここ、美味いんですよー。


仙台ひとり旅〜3日目夜食編

生姜焼き定食を注文。肉はわんさか、もやしもわんさか、味噌汁はよくありがちなものとは違うひと工夫あるもの。何よりここはご飯がおいしいのであります。基本がおいしいところは何食べてもおいしいわけです。


仙台ひとり旅〜3日目夜食編

もうね、こういう庶民的なところが好きですな。腹いっぱいになって帰れ!の雰囲気w


仙台ひとり旅〜3日目夜食編

そんなわけで、量も味も大満足の状態の帰路なのでありました。

大きな地震から2か月経過した東北自動車道は、仙台方面に走るにつれてその傷跡を見せました。
岩手県南あたりからでしたが、高速道路の橋梁部(高架部)の前後が共に地盤沈下を起こしていました。沈下具合がひどいところはアスファルトで修復されていましたが、そうでもないところはそのままで、上下のバウンドを感じることが多かったです。こういうところが10か所以上ありました。
また、橋梁部でなくても通常の路面でも地盤沈下をしている箇所がかなりあり、高速道路の割にはかなり上下のバウンドを感じながらの走行でした。
路面のひび割れを修復した箇所も何箇所かあり、今回の地震の揺れがいかにものすごかったかをひしひしと感じたのであります。

春の仙台ひとり旅、これにて終了。つか、仙台角館ひとり旅と言ったほうがよかったかも。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(6) | 2011年春 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

仙台ひとり旅〜3日目秋田角館桧木内川堤編

仙台ひとり旅〜3日目秋田角館桧木内川堤編

角館には、武家屋敷に勝るとも劣らない桜の名所があります。桧木内川堤(ひのきないがわつつみ)。
400本以上のソメイヨシノが作る2km以上の桜のトンネルは、まさに絶景。武家屋敷のシダレザクラと桧木内川堤のソメイヨシノ、このふたつの桜で「角館の桜」ということでしょう。

例のごとく撮りすぎたのでスライドショーにしてみました。



次回は「仙台ひとり旅〜3日目夜食編」です。今回の仙台ひとり旅の最終章になります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 2011年春 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

仙台ひとり旅〜3日目秋田角館くら吉編

仙台ひとり旅〜3日目秋田角館くら吉編

花吹雪のTシャツを着て武家屋敷のシダレザクラを堪能したら、次はここ。
武家屋敷のすぐそばにある「くら吉」で、ちょっとのんびりしてみました。


仙台ひとり旅〜3日目秋田角館くら吉編

店内は売店と喫茶コーナーがあり、喫茶コーナーのほうに入りました。落ち着いた雰囲気でのんびりできます。


仙台ひとり旅〜3日目秋田角館くら吉編

抹茶をいただきます。桜の和菓子も付きます。けっこうなお味でございました。


仙台ひとり旅〜3日目秋田角館くら吉編

やっぱりあんみつでしょうな。あんのつぶつぶ感と甘さが上品でした。

次回は「仙台ひとり旅〜3日目秋田角館桧木内川堤編」です。堤防沿いに咲き乱れるソメイヨシノの絶景として知られる桜の名所です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | 2011年春 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

仙台ひとり旅〜3日目秋田角館武家屋敷編

前にも一度来た角館の武家屋敷。桜の開花が例年より遅めだったようで、この日はほぼ満開に近い咲き具合でした。
武家屋敷通りの歩行者天国が解除された時間帯だったので、ちょっと車で入ってみました。
ちなみに今回のひとり旅のBGMテーマは、全編で昭和懐メロでございます。実年齢とは無関係ですので、よろしく哀愁。



動画の最後のほうで右側に映っている雑貨屋さんは、前にぎんなんを買ったところです。そのあと蒔いたぎんなんは、今では20cmほどのイチョウの苗木になりました。
おじさんありがとー♪岩手から来たあの時のぼくですよー、ぼく(^O^)/

桜満開、まさに春。しだれ桜で包まれる小京都角館の武家屋敷通りは、いちばんいい季節を迎えていました。
撮ってきた写真が多すぎなので、スライドショーにしてみました。音を出して見るのがベスト。



次回は「仙台ひとり旅〜3日目秋田角館くら吉編」です。抹茶とあんみつを堪能してきました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | 2011年春 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

仙台ひとり旅〜3日目道の駅なかせん編

北上JCTから秋田道に入ったぁぃさんは、途中の錦秋湖(きんしゅうこ)SAで休憩するのでありました。



仙台ひとり旅〜3日目道の駅なかせん編

錦秋湖SAに到着。ここのSAは温泉施設もあったりします。赤いのは除雪機。


仙台ひとり旅〜3日目道の駅なかせん編

なんせ除雪された雪がまだ2m近く残っていました。地理的には奥羽山脈のど真ん中にあたります。


仙台ひとり旅〜3日目道の駅なかせん編

ナビ画面ではこんなかんじ。本線からの導入路がかなり長いので、動画では早送りしました。


仙台ひとり旅〜3日目道の駅なかせん編

錦秋湖SAを出て再び本線へ。車窓のオーラがすでに秋田県です。岩手県人は岩手と秋田のオーラの違いがわかるのでありんす。

秋田道を大曲で降りて行き先までまっしぐら。…の前に、道の駅なかせんをちょっと見学します。



仙台ひとり旅〜3日目道の駅なかせん編

こめこめプラザの愛称がついた道の駅なかせん。どうやら米がテーマのようです。


仙台ひとり旅〜3日目道の駅なかせん編

さらに「どんぱん節の里」とありました。館内にはどんぱん節がずっと流れています。


仙台ひとり旅〜3日目道の駅なかせん編

やはり米がテーマでした。世界のコメと日本のコメの米粒と稲穂が展示されています。わら細工などの民芸品もたくさんありました。


仙台ひとり旅〜3日目道の駅なかせん編

催事場は秋田の写真展になっていました。なまはげが4人とまだ禿げていない化け物が写っているようです。花吹雪舞うこの日のための和風のTシャツを着ているようですな。


仙台ひとり旅〜3日目道の駅なかせん編

さあ、目的地はもうすぐ。交差点を右に曲がります。

次回は「仙台ひとり旅〜3日目秋田角館武家屋敷編」です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 2011年春 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

仙台ひとり旅〜3日目昼食編

仙台ひとり旅〜3日目昼食編

3日目の昼ごろには、仙台を遠く離れた前沢SAまで来ていました。どこへそんなに急いでいるのでしょうか。なにはともあれ、ここで昼食とぁぃなった次第。


仙台ひとり旅〜3日目昼食編

前沢牛焼肉定食。いつかのひとり旅のときも食べたような気がしますが、おいしかったので再び。ちなみに、座った席も前と同じ場所でした。隅っこの奥まったところ。
オレンジ色の粉は、塩と唐辛子の粉末。辛いものが好きな人はこれをつけますが、ちょっとしょっぱいので甘いほうのしょうゆダレをメインに食べました。


仙台ひとり旅〜3日目昼食編

とにかくやわらかくておいしい肉なわけです。国産牛のうま味がちゃんとしてくる肉です。


仙台ひとり旅〜3日目昼食編

例のごとく、食べ物を残すことは罪なので、キャベツひと切れ残さず完食。家ではタレのゴマまで残しませんが、これでも3分の1ぐらいはさりげなく掬いました。

食べたあとどこに向かったかは、下の動画をよく見ればわかる所存。仙台ひとり旅のはずですが、意外なほうに向かって走り出したのでありんす。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 2011年春 仙台ひとり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする