2023年01月08日

大規模水害を想定した屋根避難態勢の構築

大規模水害を想定した屋根避難態勢の構築

毎年各地で発生している集中豪雨では、堤防が決壊して大規模な水害が起こる例も度々あります。我が家も山のてっぺんに建っているわけでもないので、洪水時の水位が2階まで達した場合に屋根に避難することを想定した準備をすることにしました。
行動の流れの想定としては、「2階に避難する」→「ベランダに出て救助を求める」→「屋根に上がって救助を求める」です。
屋根に上がった状態では、真夏の暴風雨 or 真冬の吹雪の環境下で1晩過ごすことも想定しました。


大規模水害を想定した屋根避難態勢の構築

ベランダから屋根にかける折り畳みのはしご。はしごはベランダの4か所にロープで固定します。
非常時は少なからず気が動転していると思うので、ロープの固定位置もわかるようにしました。


大規模水害を想定した屋根避難態勢の構築

はしごをロープで固定するときに使う自在金具。金具はすでに適した長さに切ったロープの適した位置に取り付けた状態にしてありますが(下画像参照)、例のごとく気が動転していると思うので簡単な解説書を作りました。
適した長さに切った各ロープの先端はほぐれるので、熱収縮チューブで加工しておきました。ロープは、柔らかくて強度と耐久性があるポリエステル製。


大規模水害を想定した屋根避難態勢の構築

折りたたんだ状態のはしごと救助旗とリュックとロープ。救助旗は、国際救難色でもあるオレンジ色で、降雨時でも振れるように水を吸わないポリエステル製。サイズは70×100cm。位置がずれないように結束バンドで枠を作りながら棒に固定し、持つ位置には暗くても持つ範囲がわかる黄色のビニールテープを巻きつけて、濡れても滑らないようにしました。この旗を振って救助や偵察に来たヘリにこちらの存在を知らせます。


大規模水害を想定した屋根避難態勢の構築

リュックと折りたたんだはしごと救助旗の収納状況。
はしごの黄色い部分は、ロープの固定位置を示すために貼った粘着テープ。矢印の位置にロープをかけます。


大規模水害を想定した屋根避難態勢の構築

スニーカーが入っている箱とポロシャツとはしご用ミニランタンとミニラジオと防水袋に入れたUSBメモリー。
ポロシャツは目立つ蛍光黄色とし、防寒具の上からでも着ることができる二周り大きいサイズにしました。薄地で軽いポリエステル製。


大規模水害を想定した屋根避難態勢の構築

屋根に上がる際に履くスニーカー。これは介護用のスニーカーで、すぐに履くことができて軽量。靴底は防滑ゴムです。
最大の特長は、柔らかく折れ曲がること。はしごを上ったり傾斜のある屋根を腰を曲げながら歩いたりする際、接地性を確保するために足の曲がりにしなやかに追従する必要があります。つま先まで靴底のゴムが来ていることも重要。傾斜のある屋根を慎重に歩く靴なわけです。


大規模水害を想定した屋根避難態勢の構築

救助や偵察に来たヘリと意思疎通を図るために、国際民間航空機構の対空信号票を作ってスケッチブックの各1ページに1枚ずつ貼りました。
リュックに入る大きさなのであまり大きくはありませんが、ヘリからは双眼鏡で見てくれるはずです。


大規模水害を想定した屋根避難態勢の構築

自在金具等の解説やこの表は、印刷してリュック置き場とリュック内に入れます。
はしご用ミニランタンは、夜間でもはしごの足場がわかるようにはしごに取り付けるミニランタン。ライトやラジオなどの電池が入っているものは、電池の接点に絶縁紙をはさんで保管時の電圧低下を軽減させています。リュックに入れるナップサックは、いったん屋根から2階ベランダに降りて屋根に物を運ぶ時に使う軽量薄地タイプのもの。可能であれば、追加で毛布などを運び入れたいところ。

去年の秋ごろから構築計画を進め、ようやく完成。発生の可能性は比較的低いと思われる大規模水害の備えとして相応の時間と決して少なくはないお金をつぎ込みましたが、泥水を飲んで水死するのは苦しそうなので準備しました。
非常持ち出し袋も今回の避難セットもそうですが、使わなくて万々歳。いっぱい無駄金を使ってしまったなあと人生最期の日に笑うつもりです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月26日

会社用の非常時ぼうしを追加

会社用の非常時ぼうしを追加

家と車にも同じような仕様のぼうしを用意しているのですが、会社には無かったので今回会社常備用として追加した次第。NEW ERAにGENTOSのヘッドライトを固定しています。
これは "避難前" に使用する想定なので、あごひもはつけません。


会社用の非常時ぼうしを追加

すぐ手に取りやすい場所に保管するためのひもは必要。後ろ側にハトメ加工をしてひもを通しました。


会社用の非常時ぼうしを追加

裏側。この上にカバーがかぶさるので、頭には直接当たりません。


会社用の非常時ぼうしを追加

車載の手袋を固定するクリップも新たに用意。今は洗濯バサミを使っていますが、強度と視認性に問題があるのでオレンジ色のものに替えます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月05日

非常持出袋の総点検2022〜ランタン&ルミカ編

■前おき
東日本大震災で長時間の停電になった時、家にはランタンと呼ばれるものがありませんでした。懐中電灯は、単1電池が4個入って重くて大型のものが玄関に置いてありましたが、いつも電池が無くて暗く点く状態でした。
親はろうそくをどこからか出してきてビンに立てて火をつけようとしていました。震度4〜5の余震が頻繁に起きている状況の中でです。
何も備えが無かったのです。たったひとつの懐中電灯も満足に灯らない状態で、平和な日々を暮らしていたわけです。

非常持出袋の総点検2022〜ランタン&ルミカ編

停電になった時に、主な部屋に設置する大きなランタンと個々が持ち歩くための中型のランタンを用意しています。
ルミカはいわゆるケミカルライトのことで、パキッと折ると一定時間光る簡易照明です。
ルミカは、主な部屋の入口下部や階段の端に設置することを想定。「ドアはここですよ」の目印代わりです。15分しか点灯しない強力タイプは、その都度必要な状況下で使います。


非常持出袋の総点検2022〜ランタン&ルミカ編

持ち歩かないほうの大きなランタンは、単1電池3本。Highで72時間Lowで144時間点灯します。電池の自然放電を少しでも抑えたいので、電池の接点に厚紙を挟んで保管しています。


非常持出袋の総点検2022〜ランタン&ルミカ編

こんなかんじ。
ランタンもルミカライトも家の非常庫に置いていますが、いざ停電となったらまずルミカライトを点灯、その灯りでランタンの紙を取り除いて点灯する想定。

ウチは電気が止まるとすべてが止まる家なので、カセットボンベで動くストーブやカセットコンロを用意していますが、不安は消えません。
東日本大震災の時のような長時間の停電では、水道局の送水ポンプが止まって地震発生の1時間後には水が出なくなり、テレビの中継局の非常用バッテリーが切れてからはNHKを含めてすべてのチャンネルが映らなくなり、携帯は自ら電波を探すモードに入って急激に充電量が減っていきました。
ライトもラジオも情報収集もスマホがあればすべて可能ですが、非常時にはこれらすべての機能が一気に失われることになります。やはり、適切な灯りを灯すライトや電池で動くラジオなどは個々に絶対に必要です。そういう意味では、よく防災グッズとして売られている機能集約タイプのでっかい懐中電灯は最も選んではいけないものです。ライトは暗い、ラジオは感度が悪い、充電ハンドルは重くて回していられない、電池はすぐ無くなる、充電池も年々劣化する、いいことがありません。しかもでかくて重い。手に持つと片手が埋まり、非常持出袋にもでかくて入りません。このような " 備えた気になる危険なグッズ " はまだまだあるので、非常時の生活をよくシミュレーションして正しい備えをしていきたいものです。

次回は車載の非常持出袋のほうに移ります。初回は「リュック編」です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月04日

非常持出袋の総点検2022〜ベスト&ぼうし編

非常持出袋の総点検2022〜ベスト&ぼうし編

非常持出袋を持ち出す時に着用するベストですが、非常持出袋を何らかの理由で持ち出せなくなる事象が発生した際はこのベストだけを着て避難する想定。そのため、ミニラジオや携帯充電地などの最重要アイテムは初めからこのベストのほうに入れています。
ベストは、ROTHCOの「Uncle Milty Travel Vest」。表側だけでなく裏側にも複数のポケットが付いており、非常に多機能です。このテのベストはナイロンやポリエステルで作られることが多いのですが、これは綿55%ポリエステル 45%の材質で体になじみます。
非常時にはラジオをイヤホンで聴きながら行動すると思うので、ベストの上部の位置にラジオを入れるための小さなポケットが必要になります。このベストにも上部に小さなポケットが付いていますが、ラジオはライターぐらいの大きさなので楽に入ります。ちなみにSONY製なので高感度で音声明瞭。このへんはケチってはいけません。


非常持出袋の総点検2022〜ベスト&ぼうし編

左側が非常持出袋とともにかぶるぼうし。(右は車載用)
これにLEDヘッドライト「GENTOS VA-01D」を固定しています。 このヘッドライトの特長は光が横長の楕円形に広がるところ。これは人間の視界と合致するので、歩行時の灯りとしては最適です。明るさも十分で、かなり気に入っています。
また、このライトはサブLEDもついており、暖色の灯りを65時間照射可能。電池は単4が2本。
ヘッドライトを一度使うと、手に懐中電灯を持つことがばからしくなります。見たい方向に顔を向けるとその方向がすでに照らされており、照射範囲もぶれません。何より片手が空く事が最大の利点。


非常持出袋の総点検2022〜ベスト&ぼうし編

ぼうしには強風で飛ばされないようにあごひもを後付けしました。帽子屋さんから買ったあごひもなので、かっこだけでなくきちんと機能を果たすあごひもです、適度な摩擦度でキュッとしまり緩みません。


非常持出袋の総点検2022〜ベスト&ぼうし編

ちなみに、IDカードにはこんなことを書いています。自分が意識の無い状態で発見された時、どこのどいつなのかを発見者に知らせるためです。似たようなものは、非常時でなくても普段から日常的に身に着けています。

次回は「ランタン&ルミカ編」です。停電時に使う照明器具のことを書いてみます。

■追記
LEDヘッドライト「GENTOS VA-01D」を「GENTOS VA-04D」に入れ替え
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月03日

非常持出袋の総点検2022〜メディカルポーチ編

■前おき
限られたスペースに何をどれだけ入れるかは、非常持出袋を構築する上で基本的な思考基軸となります。救急箱いわゆるメディカルポーチも同様ですが、基本的な医薬品に自分にとっては必要だと思われる医薬品を追加する形で揃えれば、持ち主への適合度も上がると思います。
このメディカルポーチには内服薬も入れていますが、軍隊では外傷対処の医療器具や消毒液などを入れたりしています。


非常持出袋の総点検2022〜メディカルポーチ編

リュックのウエストベルトに装着している四角いポーチがメディカルポーチ。リュックを背負った状態では左前に位置します。


非常持出袋の総点検2022〜メディカルポーチ編

脱落防止用のストラップを1本外し、取っ手を持って全面ベルクロからバリッとはがすと分離可能。これだけ持って移動できます。


非常持出袋の総点検2022〜メディカルポーチ編

中を開けると3室に分かれており、何を収めるかがすでに想定されているかのごとく、適切な位置に適切な向きで丈夫なゴムベルトが付いています。
パラコード(ひも)を通す箇所も4か所付いており、サージカルテープなどに通したひもを結びつけることができます。
ミリタリー用品は、どこまでも機能的で本当にすごいです。


非常持出袋の総点検2022〜メディカルポーチ編

時代に合わせていろいろ入れ替えましたが、今回新たに追加したのがロキソニンSテープ。非常時は普段は動かさない筋肉を使ったり無理な姿勢をとり続けたりするはずなので、あちこちが痛くなることが想定されます。筋肉痛や関節痛で十分な行動をとれないとまずいので用意した次第。ちなみに、7枚入りで匂いの気にならないタイプです。
前までは試供品のサロンパス(2枚入り)を気休め程度に入れていましたが、やはりちゃんと湿布剤も入れておくべきだと判断しました。
あと、止血ナプキンとして4枚入れているのは「エリス Megami 素肌のきもち 超スリム 羽なし 17cm」。
止血は一般に直接圧迫止血法が基本ですが、傷が大きい時や出血量が多い時は清潔で吸収力があるナプキンが適しています。これは実はけっこう有名な話です。


非常持出袋の総点検2022〜メディカルポーチ編

収納している物の詳細リスト。
絆創膏は通常の防水タイプの他に、モイストヒーリング(湿潤療法)で治療するキズパワーパッドも入れています。皮膚の面積が広めの怪我には湿潤療法のほうが治りが早いです。
あと、こういう器具を揃える際にケチってはいけないのが刃物。品質が悪くて刃先が合っていないと包帯は切れないしトゲは抜けないし爪もきれいに切れません。緊急時に使用するものなので、100均品質(失礼)でまごまごしていられないわけです。100均よりは高めになりますが、白十字で揃えています。包帯もジョリン♪と切れて爽快ですw


DSCA-00009171-1.jpg

これは以前に撮った画像なのですが、小型のLEDクリップライトをポーチ内の仕切りにはさんでいます。
暗闇でポーチ内から物を取り出す際に使用する想定。ぼうしに固定しているヘッドライトでもいいのですが、周囲に灯りを漏らしたくない場合もあるのかなと思って用意しました。
このクリップライトでもぼうしのヘッドライト(次回掲載)でもそうですが、両手は可能な限り空けておくことが大事。非常時は灯りごときで片手を埋めることなどできないわけです。片手があれば一人の人間の手を引けます。

次回は「ベスト&ぼうし編」です。さらに絞り込んだものを収納しています。

■追記
体温計を「テルモ ET-C232P(LR41×2)」に入れ替え
電池「LR41 1個」を「LR41 2個」に変更
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月02日

非常持出袋の総点検2022〜リュック編

■前おき
万一の事態に備えて2つの非常持出袋「家用」「車載用」を用意していますが、5年に一度は総点検をするようにしています。
というのも、防災グッズや保存食も年々良いものが出てきており、もし見直しが必要なのであれば、それは5年であると考えているからです。
今回の総点検は5年ではなく6年ぶりとなりましたが、賞味期限切れのものはもちろん、グッズなどでも廃止や入れ替えを行いました。
記事内のすべての画像は、クリックで大きく表示されます。

■リストについて
リュックにはたくさんのポケットが付いており、他にも外部にポケットを追加しています。これは収納物を用途別に整理しながら収納することを目的としているわけですが、いざという時には少なからず気が動転していると思われ、さらに迅速に取り出さなければならない場面もあると思います。
そこで、何がどこに入っているかは全部覚えきれないのでリストを作成し、リュックやポーチなどの最も取り出しやすいところに入れることにしています。
また、同じリストを部屋の中にも置き、時々見て何がどこに入っているかを少しでも覚えたり、賞味期限などを確認できるようにしています。
今回の総点検ではこのリストもかなり見直し、フォントの変更や表の中の分類など様々な変更を行いました。
非常時に誰が何を所持しているかという事はある意味機密情報でもあるわけで、今回詳細なリストを公開することにも正直迷いもありましたが、大災害は差し迫っていると思っているので啓発の意味でも公開することにした次第。


非常持出袋の総点検2022〜リュック編

リュックなどは基本的にミリタリーのものを使用。文字通り非常時用なので拡張性も高く機能的です。
手前右はメディカルポーチ(応急処置ポーチ)。これは次回に書きます。


非常持出袋の総点検2022〜リュック編

リュックの表側。ざっと6個のポーチを後付けしています。上のほうに見える水色のものはクリップ止めできる鈴。避難途中の暗闇などで、自己の存在を主張したい場面での使用を想定。響く高音が出て聞こえやすいものを選んでいます。ペット用として売っていたものですw


非常持出袋の総点検2022〜リュック編

リュック外面の収納ポーチとその中身。
いろいろ書きたいことはありますが、「雨が降り出したら右」「飲んだり拭いたりは左」「怪我したら前」というように物の種類ではなく場面場面に沿ったグループで分けて収納しています。
リュックなどは基本的に防水仕様になっており、中の収納物の大部分も個々にジップ袋に入れていますが、雨具は雨の強さで複数を使い分けることを想定しています。
あと、バンダナはハンカチにもなるし包帯にもなるし旗にもなるしマスクにもなる万能品だと思っています。収納前に何度も洗濯して柔らかくしておくことがポイント。


非常持出袋の総点検2022〜リュック編

次にリュックの中ですが、これは総点検前に撮影したものです。総点検後も配置は基本的に変わっていません。
リュックの中には複数のポーチが入っており、出来るだけ色分けしています。また、使用順想定の高いものは上に入れています。ペット用の鈴も写っていますw


非常持出袋の総点検2022〜リュック編

リュックの中の収納ポーチとその中身。
それぞれにそれぞれの理由があって全部書きたいのですが、とりあえず抜粋。食料やそれに関するものは家族の分も想定しているので量が多めです。最小限のスペースに最大限の栄養が詰まったものを選ぶ事が重要ですが、ポテチやコーヒースティックは心の栄養にする息抜き用です。
避難所までの道のりや着いてからの生活での使用を想定した持出袋なので、そういう場所で便利そうなものを入れています。
あと、爪切りは必須。万一爪が割れるようなけがをしたら痛くて指や手が使えなくなるかもしれませんし、夜も眠れなくなるかもしれません。爪系のけがは人間の弱点なので、けがの予防や割れた爪の処置のためにもぜひ用意しておきたい重要なアイテムです。本当は、避難することが決まった時点で爪を切っておきたいところ。


非常持出袋の総点検2022〜リュック編

飲料水も期限切れなので入れ替え。左が入れ替え前、右が入れ替え後。
保存期間が長い水の利点は、交換ペースが伸びることと容器が厚くて丈夫なことです。容器が厚いということは中の水分の "抜け" も少なくなり、容器周辺のカビの発生予防にもなります。
あと、普段飲んでいる水道水などの水は軟水なので、保存水も硬度の低い軟水を選んでおくことも重要。
飲料水の保存期間は賞味期限とはまた別の意味なので、未開封ならそれ以上経過しても普通に飲めます。今回も左の6年経過した水を飲んでみましたが、無味無臭の澄んだ味で飲んだ後も全然大丈夫でした。
今回「霧島湧水」を選んだ理由は、消毒工程として「煮沸」が入っていたことと硬度やpHが明記してあったことと製造会社が飲料水専門企業であったこと。やはり、メーカーWebサイトで製造工程の写真や品質管理の項目などをきちんと公開している会社のものを使いたいと思ったわけです。

次回は「メディカルポーチ編」です。応急処置のお薬の紹介になります。

■追記
外のDのメインジップ部に、精密ドライバー(+1、+0、+00)を追加。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする