2022年03月10日

車載非常ツールの総点検2022〜携帯充電セット編

車載非常ツールの総点検2022〜携帯充電セット編

非常時の携帯への充電に使う電源は、基本的に乾電池をメインに考えています。避難先や居住地で停電していない場合もあるので、念のためAC電源の充電器も用意。車から離れる避難の場合は、これもバッグごと持ち出したい次第。
USBシガーソケットやインバーターも積んでいますが、これらはエンジンがかかっている状態限定の充電手段なのであくまでも最終手段です。

総点検2022シリーズはこれで最終回になりますが、備えにはかなりの時間を要しますしお金もたくさんかかります。来るかどうかもわからないものにという考え方もありますが、正直長い期間何も起こらないと誰でも平和ボケしてしまうことは当然あると思います。
しかし、そこを強引に「違うんだ!来るんだ!」と否定することが、災害に対するの備えとしての基本になるのだと思います。

新型コロナに感染し、何も準備していなかった状態で突如として自宅療養を強いられた人たちは、行政に「金くれ物くれ」のお騒ぎでした。1週間後にようやく支給品が届いたケースも頻発したと報道で何度も見ました。
このような状態が発生しかねないことは、自宅療養もありえると発表されたかなり前の時点ですでにわかっていたことです。なぜ準備してこなかったのでしょう。なぜ何もしなかったのでしょう。非常時には人は頼りにできないのです。行政も手が回らないのです。ここ数十年の間にもたくさんの大災害が全国各地でありました。なぜ学ばなかったのでしょう。どうにかなると思っているのでしょうか。

何かが起こった時、備えが無ければその何も無い状況下で生きることになります。少なくても行政の援助が届くまではです。
いつ何が届くのかもわからないものをあてにしてただひたすら待つことになるよりは、だまって事前に備えておこうと考えるほうが正常な思考だと思います。それは、自分自身や家族の苦痛を和らげるための唯一の手段だからです。

明日は、あの日から11年。起点であることはずっと変わりません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 車載用非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月09日

車載非常ツールの総点検2022〜救急ポーチ編

車載非常ツールの総点検2022〜救急ポーチ編

車で外出中にちょっとしたけがをしたときのために、簡単な救急ポーチを車載しています。


車載非常ツールの総点検2022〜救急ポーチ編

外傷の手当てを想定。左上のバンダナは、伸縮しない大型の包帯として使用。
初めから全部セットになったものもよく売られていますが、あれはどこの誰がどんな環境で製造したのかわからない三流品以下の寄せ集めなので、お手当ごっこをするための気休めレベルのものです。緊急時に傷口に使用するものなので、きちんと信頼できるものを個々に揃えるべきです。


車載非常ツールの総点検2022〜救急ポーチ編

何にせよ、使用期限はひと目でわかるようにしておきたいものです。
車庫無し駐車の場合は夏季に車内が猛暑下に置かれるので、半固体や液体のものは避けたほうがいいかもしれません。


車載非常ツールの総点検2022〜救急ポーチ編

あくまでの趣味の範囲でですが、いろいろ読んで楽しんでます。
左の本は看護師寄りで少し難しいですが、右の本は非常にわかりやすくていい本です。

次回は最終回の「携帯充電セット編」です。よく見るやつです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 車載用非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月08日

車載非常持出袋の総点検2022〜ポーチとバッグ編

車載非常持出袋の総点検2022〜ポーチとバッグ編

このポーチとバッグは、持ち出すのではなくてその場で身に着けるものです。もちろん、それだけの時間があった時に限りますが、万一とっさの場合は持ち出してあとから身に着けることになるかもしれません。
想定している状況が状況なので、もはや防災というよりは護身と探検の雰囲気。
ちなみに、リスト中の「ワーヤーソー」は「ワイヤーソー」です。足で折れないような太さの木をこれで切ります。


車載非常持出袋の総点検2022〜ポーチとバッグ編

自分が持っているライトの中で最も明るいライト「MAX BEAM Flash Light J25」。
谷を挟んだ向こう岸を照らせるレベルの照度で、山中での探索や救助要請での使用を想定。ポーチに入れたままベルトに固定します。


車載非常持出袋の総点検2022〜ポーチとバッグ編

Nikon の「ACULON W10 10x21」。軽量防水かつ高性能のミニ双眼鏡で、倍率は10倍。首からぶら下げます。先ほどの強力ライトと併せて夜間の探索に使用します。


車載非常持出袋の総点検2022〜ポーチとバッグ編

ポーチに入っているマルチツールは真ん中のもの。上は家用の非常持出袋、下は仕事用&プライベート用として常に体に身に着けています。
前に救急ポーチのところでも書きましたが、刃物系はケチってはいけません。価格は性能と寿命に正直に比例します。


車載非常持出袋の総点検2022〜ポーチとバッグ編

ちょっとついでにミニラジオを載せておきます。
ライターほどの大きさのミニラジオですが、買ったときについてくるイヤホンは両耳にはめるステレオタイプのものですが、非常時には片耳は空けておきたいので、片耳イヤホンのステレオタイプのものに替えています。また、ミニラジオ側のイヤホンの差込口が横についているので、これをL型プラグで変換して差したイヤホンが上方向に伸びるようにしています。これは、ミニラジオを小さな胸ポケットに入れたまま聞くためです。
L型プラグとイヤホンの写真は説明のために一緒に写しましたが、これらはすでに右の袋の中に入っています。

次回は「救急ポーチ編」です。非常持出袋とは別に日常に使用する目的で車載しているファーストエイドキットの紹介になります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 車載用非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月07日

車載非常持出袋の総点検2022〜ベスト&ぼうし編

車載非常持出袋の総点検2022〜ベスト&ぼうし編

車載でないほうの同じベストの黒です。
より過酷な想定下にある "車載用" なので、装備品も少し変えています。
例えば、3枚のバンダナのうち1枚は国際救難色のオレンジ色にして救助要請用、他の2枚は迷彩にして隠れる用です。マスクは3Mのカップ型のものにしています。


車載非常持出袋の総点検2022〜ベスト&ぼうし編

たくさんのポケットにたくさんのものが入っている状態なので折りたたむのに大変ですが、6つ折りにしたあと迷彩バンダナに包んで網目バッグに入れて車載しています。いろいろ入っているので、ジップ袋で密封しないほうがいいかなと思って網目バッグにしています。


車載非常持出袋の総点検2022〜ベスト&ぼうし編

車載でないほうの同じ帽子の迷彩です。
ヘッドライトのベルトは、目立たないように裏返して黒無地のほうを表にしました。ヘッドライドは「GENTOS VA-01D」。


車載非常持出袋の総点検2022〜ベスト&ぼうし編

こちらの帽子にも、あごひもを後付けしています。NEW ERAのロゴとピンの頭は、目立たないように塗りつぶしました。
あごひもは、強風や障害物などによる脱落防止のために絶対にあったほうがいいと思います。


車載非常持出袋の総点検2022〜ベスト&ぼうし編

ついでに手袋も掲載。手を守りながら適度なグリップと通気性があり、合皮なので洗えます。手首のところでベルクロ固定されるので、脱げることもありません。
通常の非常持出袋のほうとは違い、車載用のほうは迷彩色のものが多いです。

次回は「ポーチとバッグ編」です。体に装着するものの紹介になります。

■追記
LEDヘッドライト「GENTOS VA-01D」を「GENTOS VA-04D」に入れ替え
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 車載用非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月06日

車載非常持出袋の総点検2022〜リュック編

通常の非常持出袋は「避難所での生活+α」を想定して構築していますが、車載非常持出袋は避難所にたどり着くまでの「山中での野宿」までを想定に入れています。
そのため、備品もそれに沿った内容となっており、より過酷で殺伐としたものになっています。
想定内容は以下の通り。

車載非常持出袋の総点検2022〜リュック編

「目立つ・隠れる・生きる」です。自然に溶け込みながら悪天候から身を守り、一気に目立って救助してもらいたいわけです。


車載非常持出袋の総点検2022〜リュック編

オランダ軍の突撃隊用のリュック。通常のものより高さが短くなっています。つくりは非常に堅牢で防水仕様。


車載非常持出袋の総点検2022〜リュック編

寝袋を薄くたたんでシートでくるんでいます。こういうシートも迷彩色を意識しています。これを、リュックの下に固定します。


車載非常持出袋の総点検2022〜リュック編

固定した状態。他にもいろいろなものを固定していますが、すべてジップ袋に入れてから迷彩バンダナ等で包んでいます。


車載非常持出袋の総点検2022〜リュック編

けがをしたらB、雨が降り出したらC。ポンチョはリュックごと覆えるタイプ。ゴアショートスパッツは山道歩行時に使用。


車載非常持出袋の総点検2022〜リュック編

厚地のものやシートを縫い合わせるための太い針や太い縫い糸も入れています。
ネッカチーフは、緑系と灰系のデジタル迷彩柄。ストールに近いものなので、何かを隠したいときに巻き付けて目立たないようにします。
ちなみに、リュックを背負ったまま川に転落する事故を想定して、中身はすべてジップ袋に入れています。


車載非常持出袋の総点検2022〜リュック編

車載した状態。ひもでシートに固定していますが、フックで簡単に外れるようにしています。緑のポーチや手袋については後日掲載。

まあ、車載非常持出袋を使うときは本当に危機的状況なので、これが最後の命の綱となります。いかに隠れていかに目立つか、そしていかに生き延びるかです。

次回は「ベスト&ぼうし編」です。こちらも車載の基本状況設定に沿ったものとなっています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 車載用非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月20日

車載している救急キット

車載している救急キット

車で出かけた先でのケガの応急処置用として、救急キットを車載しています。


車載している救急キット

中身も全部そろった「救急セット」のような名前で大々的に売られているものもありますが、その中身が「救急ごっこ」のようなおもちゃレベルでしかないので、ポーチだけ買って中身は全部個別に揃えた次第。
切り傷や擦り傷などの応急処置を想定しているので、まあこんなもんです。
マキロンの右は、ついでに入れてるミニ裁縫セット。ハサミの右は、輪ゴム。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 車載用非常持出袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする