2020年11月17日

「#再度の緊急事態宣言に反対します」について

「#再度の緊急事態宣言に反対します」がトレンドになっているようなので、政治的なことはあまり書かないようにしてきたけどちょっと本心を書いてみた。

------------------------------------------------------------------------------

社会的な出来事については、賛否の意見や要望などの意思表明はあまりしないことにしている。人の考えは人それぞれだし、議論を否定するつもりは無いけど議論の場ではないと思う場所での議論はしないことにしている。政治に関心が無いわけではなく、情報は多方面から常に入れているし選挙にも欠かさず行く。

ある産地の食べ物はいまだに買ってないし、ある会社の食べ物飲み物はこれからも買わないことにしているし、ある会社の商品は一生買わないことにしている。これも自分では強い信念があるしそれを支える裏付けもあるけど、特に人に勧めるつもりは無い。

政府には政府としての仕事があり、それは国民の仕事とは少し違った性質を持っていると思っている。政府は国を運営していかなければならなく、それがすべての策の大前提となる。これは仕方がないことだと思っているし正しいと思っている。「ただちに影響はありません」という名言を駆使したのもそのためだし、良くも悪くもそのおかげで今があると思う。

国民がどんなに声を上げようと、基本的に政府は国の運営においてぶれることはない。これは極めて当たり前の事であり、逆にぶれると国が成り立たない。
だからといって国民が声を上げることは無意味だということではないが、100年先の国のために政府は時に耳をふさぐこともあることを知らなければならない。

新型コロナウイルスで混乱する昨今、GoToにも賛否両論があり緊急事態宣言もこれまた同じ。片方の選択をとればもう片方の人たちが苦しむ。商売には買う側と売る側があり、家ではどちらの立場の人も普通に人間の暮らしをしている。どちらを選択しても誰かが苦しむ。双方が言っていることはどちらも正しいけどそれは異なる内容であり、それでも政府はひとつを選択をしなければならない。

きちんとした消毒、きちんとしたマスク着用。これはどの立場でも誰でも何をするにでも共通の最低限の重要事項です。この最低限の重要事項を守らない人に対しては、自分は初めて自分の意思を表明し、これらを強く非難します。
ここから先のGoToなどの政策については、政治家の判断を尊重することにしている。

利権がらみの噂もあるし生きてる世界が別世界のようにも見えるしボケかけているようにも見えるじじい政治家だけど、政治に関しては少なくとも自分ごときよりもはるかに高次元な判断をできる頭の良い人たちだと思っている。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ★新型コロナウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

マスクを保管する時に考えていること

一定量のマスクを備蓄用として保管することになった場合、その期間が半年や一年になります。せっかく買った貴重なマスクの品質は使う時まで維持されなければなりません。
問題は大きく分けて「湿気によるカビ」と「臭い移り」になると思いますが、収納性も備えた大容量の防湿ケースとなるとカメラ用品のケースが適していると思い、それを使っています。


マスクを保管する時に考えていること

ナカバヤシのドライボックス(27L)。ふたにゴムパッキンがついており、ほぼ完全に密封できます。シリカゲル系の乾燥剤と簡易的な湿度計が付属していますが、乾燥剤は石灰系のでかいやつを追加で入れておけば安心。
さらに、冷蔵庫用脱臭剤「ノンスメル」も入れてます。これはゼリー剤ではなく活性炭のみで構成された脱臭剤なので、湿気を出しません。
また、どの箱に何がどれだけ入っているかを表に書き出して、ドライボックスのそばに置いています。

とりあえず第二段の備蓄が実現できたので、今年の買い増しはこれにて終了。
マスクというものは移らないための道具というよりは移さないための道具なので、他の方々にもしっかりと装着していただく必要があるものです。必要な分だけ買ったら、あとは世間様の分です。みんなで高品質のマスクを装着し、新型コロナの感染拡大を防止しましょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ★新型コロナウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

マスクを選ぶ時に考えていること

マスクを選ぶ時に考えていること

どんなものにも性能というものがあり、それはほぼ価格に比例します。安いからお買い得ということではなく、高いから無駄遣いということでもありません。
相応の性能のものを相応の価格で買うことが基本になるわけですが、それにはちょっとした市場動向の調査や製品の知識も必要になります。このちょっとした勉強さえしないと学習もできず、学べないので知識もつかず、常に人より損をしながら結果的に社会にも迷惑をかける事さえあります。
自分もいろんな方面から情報収集をしていろんなことを少しずつおぼえてきました。まだまだ未熟で不完全ですが、現時点でマスクを選ぶときに何を考えているかを少し書いてみようかと思う次第。あくまでも個人的な意見なので悪しからず。しかも例のごとく少々辛口ですw

■素材
不織布製、布製、ポリウレタン製など様々な素材のマスクがありますが、その効果重視であれば不織布製の一択になります。しかも流行の真っ只中である今、何よりも効果を重視しなければならないと思う次第。
布製やポリウレタン製でも何もつけないよりはいいのですが、それは「何もつけないよりは」という苦し紛れの言い訳のレベルの話であり、不織布製と比べると人に移しやすく自分も移りやすいマスクであることは実証データで明らかになっています。
少しでも感染を抑え、少しでも移りにくく移しにくくを実践しなければならない今、布製やポリウレタン製などのマスクは自分は選択肢にありません。
結論:不織布製のサージカルマスク一択。

■性能(不織布製サージカルマスクの場合)
マスクの性能試験にはいろいろありますが、粒子の遮断率を試験して表記するものが一般的です。
遮断できる粒子の大きさとその割合の試験結果の表記で「PFE」「VFE」「BFE」というものがありますが、最も小さな粒子(=新型コロナウイルス0.1μm相当)を遮断するレベルのものが「PFE」です。その「PFE」が99%以上と表記されているものを選んでいます。
安いマスク、いわゆる「謎マスク」は、せいぜい花粉症用途の「BFE」相当のものやその表記さえ無いものがほとんどです。つまり性能試験さえもしていないということになり、マスクの形をしたキッチンペーパーにお金を出すようなだまされた人にはなりたくありません。
あと、全国マスク工業会の会員マークの表記があれば少し安心。これはメーカー自主基準での表記ではあるのですが、このマークさえ無いマスクがたくさん売られています。想像以上に不衛生な環境で作られたマスクかもしれないで、恐ろしくて買えません。ダニの死骸やネズミの糞尿などが付着しているかもしれないわけで、そんなマスクをしたら別の病気になってしまいますw
結論:「PFE」99%以上の表記と全国マスク工業会の会員マークの表記は両方必須。

■フィット性
先述の「性能」は、マスク単体での物の性能です。実際に顔に装着した状態での性能ではありません。
人の顔は構成する部位も含めて大きさや形状がまさに人それぞれであり、その顔にフィットしているということももうひとつの重要な性能だと思います。どんなに高い数値の遮断性を持ったマスクでも、装着した時にマスクの周囲が隙間だらけではまったく意味がありません。
マスクのフィット性とは周囲の隙間ができるだけ少ないということであり、それにはマスク自体の大きさやノーズフィッターなどが影響します。
ノーズフィッターは、ゴミ分別の際にマスクを燃えるゴミに出せるように樹脂製にしているものもありますが、曲げたあとに戻る性質が少なからずあって鼻のところに隙間ができてしまうので、金属製のノーズフィッターのものを選んでいます。
大きさは、自分の場合は幅が16.5cmのものがサイド部の隙間が一番小さくなります。なんだかんだマスクはサイド部の隙間を無くすることが難題であり、自分の顔の形に合ったマスクを見つけるにはある程度の試行錯誤が必要かもしれません。
結論:幅16.5cmの選択肢はゆずれない。

■前の神マスク
前は「ネクスケア マスク プロ仕様(日本製)」を好んで使っていました。ノーズフィッターの性能がかなり良く、隙間ができませんでした。また、サイズが少し大きく感じるのですが、実際に装着すると息をするたびにマスクがペコペコし、不思議と密着性が高いマスクでした。
色も薄いブルーで自分好み。今ではブルーのマスクは謎マスクに多いので微妙ですが、謎マスクのブルーは濃いブルーのものがほとんどで、薄いブルーは今でも「昔の高級品のしるし」だと思っています。
あと「白十字 サージカルマスク(日本製)」もペコペコするマスクで、密着性が高いマスクです。このマスクは備蓄用としても保管しており、今でも時々使っています。色はネクスケアと同じで薄いブルー。
ペコペコするマスクを毛嫌いする人も中にはいるようですが、自分はペコペコするくらい密着していることはマスクとしての機能を果たしているということなのでうれしく思っています。そういった意味で、この二種のマスクは最高でした。

■今の神マスク
しかし、幅16.5cmのマスクの密着性とつけ心地は、あれほど神マスクと思っていた前述の二種のマスクを超えたのであります。顔の大きさと形により合ったということでしょうな。
「白元 快適ガード」系は幅16.5cm。素材やゴム紐のわずかな違いで複数のバージョンがありますが、どれもサイド部のフィット性が異次元です。同商品の「さわやかマスク」タイプはある程度の厚みもあり、装着していて安心感も感じるレベル。今は「さわやかマスク」タイプと「スタンダード」タイプを使っています。
「玉川衛材 フィッティ」系も幅16.5cm。このマスクも「白元 快適ガード」系と同じように素材やゴム紐のわずかな違いで複数のバージョンがあります。
このマスクは装着するとサイド部に隙間どころか盛り上がりも凸凹もできず、マスクのサイド端と肌が面一になりますw
自分の顔にとっては恐ろしくフィットするマスクであり、ノーズフィッターやペコペコも文句無し。しかも個包装。今は「7DAYSマスクEXプラス」タイプと「オメガプリーツ」タイプを使っています。

■今後の予測
ヨーロッパのほうでは強烈な第二波がきているようです。人種や文化が違うので一概に比較はできませんが、日本でも減少どころかすでに微増状態になっているのでこれから急増するのではないかと思っています。
以前は通販でさえめったに買えなかった夢の夢のフィッティのマスクも、ようやく店頭で不定期ですが見るようになりました。今日も店頭で見てきましたが、正直目の前にあることが信じられませんw
しかし、感染者が急増して少なからずまたパニック現象が起こるならば、またいいマスクから店頭から消えていったり値段が跳ね上がたりすると思います。ある意味不定期にせよそれでも店頭に並んでいる神マスクは今が買い時であると思い、神マスク系は一定量を新規で買って備蓄した次第。品薄になってから謎マスクをバカ値で買うような愚かなまねだけはしたくないので、これからも情報収集と勉強を続けていきたいと思う次第。

■追記
マスクよりも大切なことは手洗いです。他にも大切なことはたくさんあります。全方位隙のない対策が大事です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ★新型コロナウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

ようやくシャープマスク当選

ようやくシャープマスク当選

第1回の抽選に応募して21回目の抽選でようやく当選。若干割高ですがせっかくなので購入。


ようやくシャープマスク当選

店頭に並んでいるマスクは、まだまだ正体不明の粗悪品だらけ。実際、一定の知識を持っている常識人は誰も手をのばしません。


ようやくシャープマスク当選

この大変な時期に生産ラインを新規に立ち上げてくれたシャープに感謝。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ★新型コロナウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

「新しい生活様式」に生きる

ソーシャルディスタンスを実行し、3密を避け、「新しい生活様式」で生きなければならない日常になりましたが、これは簡単に言うと人に近づくなということで、とんでもなく大変なことになりました。
仕事は在宅勤務になり、学校は休みになってオンライン授業になり、店舗はつぶれ、人に近づくなということは社会が崩壊するということです。
それでもこれからは「新しい生活様式」で生きていかなければならないわけで、これは今まで経験したことのないとてつもない大改革と言えると思います。
人類が生きてきた中で、これだけの大改革が過去にあっただろうか、少なくても自分の人生の中ではここまで大きな大改革はありませんでした。

しかし、実際には「新しい生活様式」を完全に実施することは社会的に無理であり、いずれは元の生活様式に戻っていくでしょう。そしてまた感染が広がり、「新しい生活様式」を求められるでしょう。ただ、「新しい生活様式」の経験があるので、すべてを1から対処しなければならなかった今回よりはシステム的かつ機械的に移行できるのかもしれません。

「新しい生活様式」は永遠にそのように生きろというのではなく、事が起こった時に対処する一つの方法として、今後存在し続けるものなのかもしれません。求められるのはひとりひとりのモラルや民度。収束という環境を作らなければならないのですから、みんなで一致した行動をとらなければなりません。誰かがルールを破れば、そこから感染が広がるかもしれません。人類の敵には人類として立ち向かわなければならないのだと思います。

新型コロナの感染者は今日もどこかで発生しており、そして今日も誰かが亡くなっています。
そのような不幸が身近なところで起こらないようにするためにも、気を緩めずに生きていかなければならない、それが「新しい生活様式」の基本だと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ★新型コロナウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

マスク携帯用のチャック袋

サージカルマスクを日常的に携帯する場合、できるだけ小さなサイズでしっかりと状態を保つことが重要になります。
また、非常持出袋などに非常用として長期間収納する場合は、さらに密閉性なども考えなくてはなりません。
これらをクリアするためにどのような方法があるかを考えていたのですが、やっぱりこれになった次第。

マスク携帯用のチャック袋

ダイソーの「厚めのチャック袋」です。サイズは140×100mm、厚みは0.08mm。
この手のチャック袋は、厚みが0.04mmと0.08mmがあります。今回の用途では耐久性も考える必要があるので、0.08mmにしました。
また、マスクをそのまま袋に入れようとするとマスクのサイズの袋を選ぶことになりますが、あの面積を安定して収納または保管することは何気に困難。外圧も加えず曲げもせずにあの面積を保つのであります。無理ですw
袋に入れてから折り曲げたりすると、袋の耐久性が落ちるばかりではなく、気密性も保たれなくなるかもしれません。最悪カビが生えるかもしれません。
そこで、あらかじめマスクを半分に折り、そのサイズが入る袋に入れることを考え、140×100mmとなったのであります。
マスクは着用前にどっちにしろ半分に折ります。折ることは整合性があります。


マスク携帯用のチャック袋

これが袋に入れた状態。それぞれ2枚ずつ入っています。
袋に入れる時は、前もって手をアルコール消毒しておくことは当然。
左は165×80mmの個包装タイプで、個包装されたまま半分に折り、折り目を下側にして入れています。
右は175×95mmの裸タイプで、半分に折った折り目が左側になっています。
このサイズまで小さくなると、非常持出袋の中での収納自由度が増し、日常でもポーチやポケットにも入りそうです。
上部の空いているところから袋を折れば、さらに小さくなります。
ここが何気にポイントで、マスクといっしょに袋を折れば複雑な折り目になって耐久的に問題がありますが、袋だけを折ると0.08mmの厚さも相まって十分な耐久性を保てます。

マスクは基本的に濡れたら交換なので、保管時の水密性も確保しておきたいところ。湿気でさえもカビの原因になります。
様々なことを考えれば、ポリのチャック袋は厚みで耐久性を増しておけばけっこういい保管ツールだと思う次第。
さらにですが、日常的に空のチャック袋を1枚でも持ち歩けば、外したマスクの一時保管所になります。もう使わない場合は、そのまま捨てることもできます。高いものでもないので、再利用とかも考えなくていいです。

少し話がそれますが、非常持出袋に入れるものは、だいたいチャック袋か密閉性の高い弁当箱に入れています。食料とか医薬品とか衣類とか何でもです。
これは長期間の保管だけでなく、非常持出袋を背負っている時に突然雨が降ってきたり、川に転落したりしても中身の状態を保つためです。
ポーチの中のマスクも、袋に入れていつでも使えるようにしておけば安心です。

最後に、女性用やこども用のマスクも、そのサイズに合った袋にしておけば安心。収納は大は小を兼ねないので、できるだけジャストサイズにしておくことが大事だと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ★新型コロナウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする