2006年02月07日

大好物

駄菓子

今日は一日中雪だったのですが、遠くまで営業に行ってきました。

そんな中、いいものを見つけたので迷わず購入。
160円でこんなに楽しめる駄菓子、最強です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

大好物パート2

駄菓子2

またまた買ってきました。

たまりません。この人工的な甘さがたまりません。
研究されつくしたお菓子の味よりも、最適な適度に最適化されたこの味、まさにアナログな味なのです。

今のお菓子の味覚を構成する要素が10の場合、駄菓子はせいぜい3か4です。
お菓子に究極を求めてどうするんですか。緊張をほぐすためのお菓子ではありませんか。
だったら味は簡素でいいのです。簡素なほうが脳も動かなくてほぐれるのです。

100年後もその時代時代に「なつかしい駄菓子」があってほしいものです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

おやつカンパニーのフランスパン工房

おやつカンパニーのフランスパン工房

スーパーでめずらしくお菓子の試食販売に出くわし、それがこのフランスパン工房です。
作っている会社は、あのベビースターラーメンでおなじみのおやつカンパニーです。

さっそく試食してみましたが、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
きた、きました、久々に衝動買いレベルの美味しさ。
まさにフランスパンを忠実に再現した味と食感、これはすごいです。


おやつカンパニーのフランスパン工房

シュガーバターの芳醇な味と薄さ1mmのパリパリ感。小麦粉で作ったお菓子というよりも、本当にパンの味がします。これには感激。
サクサクとした中途半端な歯ごたえではなく、パリパリなのであります。

何かの味を再現したお菓子ではうまい棒などが有名ですが、いわゆるやおきん系のこのテのお菓子は、個人的にすごく大好きなのであります。
酢だこさん太郎などは、普通に買う対象になっています。
そんな嗜好の人間にとって、このフランスパン工房はうれしい存在になりそうです。
食べながらのバーチャル体験、これは楽しむものです。
どこまで再現されているか、それをテストしながら食べるところに、このおもしろさがあります。
そういう意味では、やおきん系のお菓子はどれも満点に近く、おいしいと言うまえに、笑いが生まれます。
この笑いこそがお菓子文化、これがお菓子が作る空間、すばらしいです。

いやはや、おやつカンパニーさん、やってくれました。さすがです。
ちなみにベビースターラーメンは、子供のころからずっと大好物。今でも普通に買い続けています。
単に空腹を満たすにとどまらず、楽しい時間を提供してくれるいろいろなお菓子たち、これもひとつの癒しのアイテムです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(3) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

六花亭 マルセイバターサンド購入

六花亭 マルセイバターサンド購入

4年半ほど札幌に住んでいたことがありますが、北海道には地元の人たちの中でも騒がれ続けるほどの銘菓があったのです。

六花亭=ろっかてい。

それはメーカーや企業名を超えた、誰からも愛されるブランドです。
その六花亭のマルセイバターサンドは、「六花亭と言えばマルセイバターサンド」と言われるほどの代表的な銘菓で、定期的に食べたくなるほどのおいしさです。

札幌で初めて知ったこの味。
今では気軽にネットで買えるようになり、時代の進化は有効に活用しようということで、通販で購入とぁぃなったわけです。


六花亭 マルセイバターサンド購入

さくっと切った断面には、濃厚なバタークリームに包まれたレーズン。
マルセイバターサンドのおいしさのひとつに、バタークリームの濃厚さがあります。

これだけ濃厚なバタークリームの中に、洋酒につけられたレーズンが大量に入っています。
ここにもマルセイバターサンドのおいしさの理由があります。
濃厚なバタークリーム、甘酸っぱいレーズン、どちらか片方だけではたくさん食べられない強い個性を持っています。
しかし、両者を同時に食べたとき、何と説明したらいいのかわかりません。
味というものは、ある一定のラインから味覚の域を超え、心に幸せを感じるようになります。
まさに、幸せの域なのです。

世の中には数多くの銘菓がありますが、送料をかけても購入したいほどのものはそうそうあるものではありません。

六花亭 マルセイバターサンド。

買ってよかった、食べてよかった、そう思える数少ない銘菓です。

自分の中での他の銘菓は、仙台の支倉焼、京都の生八つ橋があります。
いずれも過去に通販で購入したことがありますが、そのうちまた無性に食べたくなって購入すると思います。
仙台の支倉焼については、こちらで詳しく書いています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(11) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

六花亭 霜だたみも購入

六花亭 霜だたみも購入

きのう書いたマルセイバターサンドですが、実は「六花亭 マルセイバターサンド霜だたみ詰め合わせ12個入」というものを購入したわけです。
各6個ずつ計12個入ったセットで、霜だたみというのは食べたことが無かったので冒険してみました。


六花亭 霜だたみも購入

カプチーノの風味いっぱいのパイ生地で、カプチーノクリームをサンドしています。
表面にはグラニュー糖がまぶされています。

このグラニュー糖を見て甘そうだなと思ったのですが、やってくれました、六花亭、さすがです。
またまた言葉にできません。甘くないんです。苦味で打ち消されているのかと思いましたが、苦くもないんです。
なんなんでしょう、最後にたどりつく場所は、やはり「幸せ」なのであります。

カプチーノ系の風味も強めなのに、いやみを全く感じません。
バターサンドにも言えるのですが、味のバランスがものすごくいいです。
すぐれたお菓子職人さんがいるお菓子屋さんは、どれを食べてもおいしいというのは本当です。

スイーツだなんだと何でも流行りものにして売るのが日本の資本主義ですが、100年先もおいしいと言われるであろうお菓子が、六花亭のお菓子なのかもしれません。

ここまで書くとアフィリエイトでもしてるのかと思われそうですが、全く下ごころはありませんので、各自それぞれ買いたかったら勝手に検索でもして買え買いやがれこのやろーとでも申しておきましょう、はいw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(2) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする