2021年10月08日

ほんとに最後のとうもろこし

ほんとに最後のとうもろこし

とうもろこしもまた来年だなと思っていたら、不意にスーパーで売られていました。
北海道産の「恵味」。北海道産ということで、これでほんとに最後になると思います。



ほんとに最後のとうもろこし

レンジでチンして冷ましたあとにラップを剥がして香りを嗅ぐと、脳内がやすらぎα波で満たされてまさに極楽極楽。
世の中にはいろんな香りがありますが、この香りはベスト10に入ります。最高です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月29日

地元産の栗を茹でた

地元産の栗を茹でた

栗の茹で方はここで書いた通りですが、これは水に丸1日浸けたあとのもの。虫がいると出てきますが、出てきた虫はいませんでした。


地元産の栗を茹でた

続いて弱火で50分茹でました。茹でたら約半日このままにしてアク抜きします。


地元産の栗を茹でた

茹であがった次第。


地元産の栗を茹でた

秋には秋の味覚を味わうのであります。
次は柿だな (^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

ラムチョップ焼いたった

ラムチョップ焼いたった

40%引きということもあり、大好物のラムチョップにスパイスをまぶしてじゅくじゅく焼いた次第。ラム肉は脂身がおいしいのであります。


ラムチョップ焼いたった

またもやモンゴル遊牧民の気分になって、野性味あふれる肉を堪能したのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月08日

ホヤをさばいて食ったった

ホヤをさばいて食ったった

パンッパンに膨らんだ新鮮なホヤが売られていたので、超絶鮮度のホヤを食うことにした次第。


ホヤをさばいて食ったった

旬の新鮮なホヤは、甘くて肉厚臭み無し。激ウマだったわけです。
ちなみに、ホヤは塩辛とか酢のものとかいろいろな食べ方がありますが、鮮度のいいホヤはそのまま食べるのが正解。これはいちおう刺身という分類に入るのですが、感覚的には刺身ほど上品な食べ方ではなくて切って洗ってガブリといった雰囲気。醤油もワサビも全く不要。ホヤから出る海水が最高の調味料なのであります。鮮度がやや落ちの場合は、きゅうりなどと酢のものにすればおいしいです。

ホヤは好き嫌いがありますが、鮮度が中途半端なものを変に加工すると、いわゆる「変な味の塩辛」とか「変な味の酢のもの」になりかねません。そんなものを食べれば、「ホヤは変な味」になって嫌いになるのかもしれません。
確かにホヤは風味にひとクセありますが、旬の肉厚なホヤをそのまま食べてみてほしいと思います。もしかしたら、こんなにおいしいものだったのかとびっくりするかもしれません。甘さだけではなくうま味もあって最高なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月06日

やめられない地きゅうりの漬け物

やめられない地きゅうりの漬け物

この短い期間の今しか買えないという気持ちが購買欲をわかせるのか、またまた作ることにした次第。
ちなみに、みょうがは2本入れました。


やめられない地きゅうりの漬け物

例のごとく、縦半切り・4分の1切り・斜め切りで切る切り方。


やめられない地きゅうりの漬け物

漬物器の容器に入れる時はできるだけ隙間なく入れ、バネを効かせて冷蔵庫で1晩放置。
1晩経つとかなり押しつぶされて水が出るので、ここで全体をひっくり返すように混ぜて今度は隙間を作るようにします。
その状態でバネを効かせてもう1晩放置。これでさらにグニャリとします。
今までも輪切り唐辛子を入れてきましたが、全然辛くなかったので今回は多めに投入。塩はいつも通り重量比2%。


やめられない地きゅうりの漬け物

冷蔵庫で2日寝かせて完成。グニャリとした食感の漬物が出来上がりました。周辺部はグニャシャキ、中央部はグニョグニョ、これがおいしいのであります。浅漬けでは絶対に出せない食感。
辛さはようやくピリ辛になりました。輪切り唐辛子を入れる時に少し多いかなと思いましたが、あれぐらい入れて正解のようです。

地きゅうりの季節も間もなく終わりますが、これ毎年やることになりそうです。それくらい簡単でおいしいわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月29日

地きゅうりの漬け物再び

地きゅうりの漬け物再び

前に塩だけで漬けた地きゅうりがあまりにもおいしかったので、また作ることにした次第。地きゅうりは店頭に並ぶ期間が短くてあっという間に消えてしまうので、まさに今なのであります。
ちなみに、あんまり緑色のものは苦いので、黄色く熟してるものを選ぶのがポイント。


地きゅうりの漬け物再び

皮は少し残すぐらいに剥きます。皮を剥かないと硬すぎて食べる時大変ですし、全部剥くと漬かったあとにぐにゃぐにゃになります。


地きゅうりの漬け物再び

まずは、真っ二つに切断。好みの問題ですが、そのあとはこんな感じに切りました。


地きゅうりの漬け物再び

みょうがは大好きなので漬け物には必須。細めの串切り1個分です。


地きゅうりの漬け物再び

切ったきゅうりを1段敷き詰めて塩ふり。さらに1段敷き詰めてみょうがと塩ふり。今回は鷹の爪も入れてピリ辛仕様にしました。
前回は塩の量を重量比4%にしましたが、少ししょっぱかったので今回は2%にした次第。


地きゅうりの漬け物再び

塩分を減らしたので、じんわり丸3日冷蔵庫に入れて完成。
味のほうですが、やはり2%で正解でした。まさに美味。塩だけとは思えない良き味です。皮の部分のわずかなほろ苦さもあり、なかなか涼みます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする