2020年10月22日

でっかいしいたけ焼いたった

でっかいしいたけ焼いたった

でっかい原木しいたけが売られていたので、大好物の素焼きにします。


でっかいしいたけ焼いたった

とろ火で両面をじっくり焼きながら水分を飛ばし、仕上げに醤油をかけてジュワッとなったら完成。


でっかいしいたけ焼いたった

香ばしくなった醤油がしいたけのエキスと混じって超絶の味。軸は軸でさきいかのような歯ごたえとなり、これまたたまらない一品。
こんなに安くてこんなに簡単でこんなにおいしいのは、まさに奇跡。150円でした。また売ってたら買おう(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

シーフードカレー作ったった

シーフードカレー作ったった

なんとなくシーフードカレーを食べたくなり、ちょっと作ってみることにした次第。
こんな時こそ使いたいのがシーフードミックス。必要なものが必要な分だけ入ってるのでおっけー。あと、あさり水煮の缶詰も入れました。


シーフードカレー作ったった

楽しみ1:クミンの香りをしっかり出す
楽しみ2:みじん切りの玉ねぎをしっかり炒める
楽しみ3:シーフードミックスを入れる前にじっくり煮込む
楽しみ4:仕上げにガラムマサラ
楽しみ5:ご飯は黄色くしたい


シーフードカレー作ったった

完成。あさり水煮の缶詰を汁ごとガバッと入れたので、旨みもしっかり感じます。
シーフードミックスは解凍して汁を切った後ガラムマサラを少し振って炒め、その後白ワインで軽く蒸したので臭みもゼロ。
総じて、海の旨みが凝縮された極うまのシーフードカレーができあがったのであります。


シーフードカレー作ったった

海のモノの出汁はすごいなーと改めて感じた次第。誰が作ってもおいしくなりそうですw
あと、あさりの水煮缶は旨みが増すので汁ごと入れて正解。シーフードミックスを白ワインで蒸したものも、旨みが溶けだしたワインごと入れて正解。
気を付けることは、あさりやワインの汁分をあとから足すかんじになるので、最初に煮るとき加える水はやや少なめにすること。
以上、自分用メモメモなのでありました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

冷麺作ったったンゴ

冷麺作ったったンゴ

基本麺類好きなのでそうめんもざるそばも大好きなのですが、冷麺も大好きなのでちょっと作ってみた次第。
糸唐辛子と炒りごまで、辛さと風味をアップ。


冷麺作ったったンゴ

焼肉屋に行かなくても、おうちで食べることができました。まだまだ外食は行けないなー。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

意外とローカルな栄養とうふ

意外とローカルな栄養とうふ

いわゆる「栄養とうふ」と呼んでいる豆腐なのですが、限られた地方のローカル食のようです。
自分は、子どものころから普通に食べていました。


意外とローカルな栄養とうふ

袋に充填された形で売られています。硬さは、絹ごしをほんの少しだけやわらかくしたかんじ。
暑いときにこれを食べると最高です。


意外とローカルな栄養とうふ

3本入って100円を切るくらいの価格。夏はこれだなー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

今日は納豆の日

今日は納豆の日

7月10日は納豆の日。そんなわけで納豆ごはん。


今日は納豆の日

いただきまーすっ(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

つや姫を食す

つや姫を食す

つや姫はおいしいおいしいとの評判を聞き、いつかは食べてみたいと思っていましたが、今回3合パックを見つけたので食べてみることにしました。


つや姫を食す

いつも食べているご飯と違う点を書いてみると…
・形が少し長い
・炊きくずれが無く、一粒一粒がその形を維持している
・それでいて一粒一粒に硬い餅のような弾力性がある
・その弾力性はどの粒でも均一であり、個体差が無い
・同時に粒の表面の粘りが強い
・香りに糠の匂いが無い

総じて、文句のつけようがありませんw なんなんだこれは(^O^)
一番強く感じたのは、上の3番目。小さな餅の粒を食べている感じなわけです。
特に特別な炊飯器を使っているわけでもなく、炊飯コースもごくごく普通のノーマルモードです。それでいて、ここまで感動するご飯になるとは驚愕した次第。
いつも食べている米より価格は高いですが、毎日のことですし米を変えるのもアリじゃないかと思いました。
しかしです。こんなおいしい米を日常的に食べてしまうと、外食の白飯はすべて敗者になるでしょう。
どの店に行ってもご飯がおいしくなくなってしまいます。これは試練。これは悩みどころ。
さらにしかしです。それでも毎日おいしいご飯を食べたほうが幸せではなかろうかとも思うわけです。
そこまで考えさせられるほどの米、つや姫なのでありました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする