2021年07月19日

生姜焼き作ったった

生姜焼き作ったった

生姜焼きは大好きなので、気が向けば作って食ってる次第。自分の好きな味にするにはいくつかのポイントがあるので、自分用にメモメモ。
・肉は国産肩ロースの生姜焼き用。
・たれはエバラ+おろし生姜2cm。
・肉は常温に戻しておく。
・肉の筋切りは完璧に。
・薄力粉は両面にむらなくつける。
・たれに肉を漬け込まない。
・フライパンに肉を並べてから点火。(サラダ油不要)
・焼いている時には肉を動かさない。
・肉に完全に火が通った後にたれをからませる。
・最初から最後まで弱火。
・キャベツは千切りした後に水に1〜2分さらし、よく水を切って冷蔵庫で冷やしておく。
・きゅうりとマヨネーズは甘味と酸味を添える意味でも必要。
・色のワンポイントとしてミニトマト。


生姜焼き作ったった

添えたミニトマトは、1個だけ熟していた千果を使いました。味が濃くていい出来に仕上がってました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月18日

地きゅうりの漬け物できた

地きゅうりの漬け物できた

地きゅうりとミョウガに粗塩をふって漬物器に入れて冷蔵庫に入れてできた。
塩の量は最初野菜重量比4%でやったけど、食べてみたらしょっぱかったので水を入れ替えてもう一晩待った次第。
かなりおいしかったのでまた作りたいわけですが、今度は塩の量を2%ぐらいでやってみようかなと思うわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月17日

夏の風物詩〜地きゅうり

夏の風物詩〜地きゅうり

このあたりで夏にお店に並ぶ昔からのきゅうり。「地きゅうり」とか「昔きゅうり」とか「糠塚きゅうり」とか呼ばれていますが、子供のころから「地きゅうり」と呼んでいました。
野菜には意外とローカル品種が多く、この地きゅうりも一部の地方だけの品種だと思います。


夏の風物詩〜地きゅうり

一般的なきゅうりとの比較。とにかくぶっといのですが、もっと長いのもあります。
塩のみで漬物にしたり、キンキンに冷やして味噌をつけて食べるのが定番の食べ方。


夏の風物詩〜地きゅうり

まずは、漬物を作りたいと思う次第。ピーラーで1周6か所ぐらい皮を剥いたあとに、縦に半分に切ってこんな感じに切ってみました。
皮はかなり厚くて苦さもあるので全部剥きたくなりますが、この厚い皮の歯ごたえと苦さもこのきゅうりの個性なので、あえて少しだけ残すところがポイント。使った地きゅうりは2本。


夏の風物詩〜地きゅうり

1本6つにくし形切りにしたミョウガ2本も加えて漬物器に入れて冷蔵庫へ。味付けは塩のみ。
塩は海水100%の粗塩(平釜塩)を使っていますが、こういうシンプルな味付けの時こそ少しいい調味料を使いたい次第。ここぞというときの贅沢品です。普段は言うまでもなく食卓塩です。


夏の風物詩〜地きゅうり

地きゅうりと言えば、昔からの食べ方がこれ。やっぱりキンキンに冷やして味噌をつけて食べたいのであります。
幼稚園ぐらいの時からこれ食ってますが、もちろん今でも夏が来ると食ってます。


Q0012351-1.jpg

一般的なきゅうりとは違ってやわらかくてジューシー。プリプリした未熟な種の部分はごちそう。
これを食べると、本当に体がスーッと冷えていくのです。ある意味、スイカよりもおいしいw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月15日

夏は栄養豆腐

夏は栄養豆腐

いわゆる直方体の豆腐は料理用、そのまま食べる冷ややっこは栄養豆腐。これが子供のころの不思議な常識でした。
今ではそんなことはないのですが、冷ややっこは栄養豆腐にすることはよくあります。


夏は栄養豆腐

充填された絹豆腐なのですが、普通の絹豆腐よりも柔らかでなめらかです。そこがおいしいのであります。


夏は栄養豆腐

東北の夏はこれ。というよりは、岩手と青森の夏かな。
製造元の太子食品は青森県の会社。豆腐や納豆やもやしの一大企業です。もやしまでは製造会社を見ませんでしたが、子供のころから豆腐と納豆は必ず太子食品でした。今でもスーパーに行くと、太子食品だらけですw
おいしい変わらぬ味を長く提供してくれている太子食品には感謝。今年の夏も栄養豆腐で涼みます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月06日

こてっちゃん丼作ったった

こてっちゃん丼作ったった

タマネギ2分の1にこてっちゃんをからめる。油は不要。


こてっちゃん丼作ったった

はじめに弱火でなじませ、中盤は中火でタマネギに火を通す。終盤は再び弱火でタマネギへの火の通りを調節する。
焦げ目も欲しいので、さっと混ぜて放置、さっと混ぜて放置の繰り返し。
延々と混ぜっぱなしにしないこと。ちなみにマゼッパはリストの超絶技巧練習曲。


こてっちゃん丼作ったった

完成。とにかくおいしいので、ご飯はいつもの倍ぐらいでもペロッと食べちゃうかんじ。


こてっちゃん丼作ったった

月に1回は、これ作って食ってます。

調理のコツ
始めちょろちょろ中ぱっぱ
水分はやや飛ばし気味にする
わずかに焦げ目をつける
タマネギの火の通しは9割
焼くときに唐辛子を一振り
完成したらさらに唐辛子一振りでおいしさ3割アップ
単調な歯ごたえは刻みキャベツで喝!

最後に
こてっちゃんとタマネギの相性は抜群にいい

おまけ
超絶技巧練習曲 第4番「マゼッパ」 S.139/4 R.2b ニ短調(F.リスト)
ピアノの魔術師と呼ばれた天才作曲家リストがピアノで遊ぶとこうなるということを具現化したような曲。
それを弾いてしまう現代の演奏家もすごすぎる。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月26日

野菜系のキッチン用品

野菜系のキッチン用品

数年前からずっとほしいと思っていましたが、優先順位が上位ではなかったため数年経ってようやく順番が回ってきました。
漬物器と水切り器なわけですが、要はいろいろ作って楽しみたいわけです。
漬物器で漬物を作るのは学生のころに遊び感覚で楽しんでたので、なんだか懐かしい気分 (;^ω^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 家庭料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする