2012年04月28日

薬のネット販売に関する国の規制解除

インターネットを使った薬の販売を国が規制したことを巡る裁判で、ネット販売を認める判決が出ました。
薬は慎重に扱うべきものだから、対面販売をできないネット販売が規制されていたということです。

この規制が始まってから不可解な規制だなと思っていました。だって、実店舗の販売員から説明や注意を受けたこともありませんし、レジに持っていくと何でも買えました。もちろん、説明無しでです。
薬剤師が店舗に不在の時は販売できないというのが決まりですが、レジに持って行ったら買えました。パートさんがレジ打ってました。
実店舗のこのような状況があるのに、注意点が細々書かれたネットの販売ページでは買うことができない、まさに不可解極まりない気持ちでいたのであります。

前に、薬のどれを選べばいいかについて、販売員に質問してみたことがあります。販売員は答えられませんでした。正確に言うと答えましたが、言葉数だけ増やした極めて中身の無い答えでした。
正直に言うと、自分の質問の答えを自分は知っていました。同じ効能でも成分が違うので、この病状にはこれはいいがこれはだめといった医学的な回答が明確にあったのです。
どちらかと言えば初歩的な部類の薬学知識になるのですが、それさえも知らずに売って何が対面販売だと思ったものです。

詳細説明を書くときりがないので割愛しますが、第一種はネットで買えなくていいです。あれは本当に説明というか診断が必要なレベルの薬だと思います。
しかし、第二種からは注意点を読んだ上で了承のチェック印を入れて次のページを表示し、カートに進むことはいいのではないかと思っていました。少なくても、実店舗の現状以上のチェック体制です。

中には対面で買いにくい薬もあるでしょう。そういった薬がネットで買われることも少なくないはずです。また、外出が何らかの原因で厳しい事情のある人、近所に薬屋さんが無い地理的条件の人、いろんな事情でネットで買うことを便利だと思っていた人は少なくないはずです。

結局利権がらみだったのかと疑いたくなる今回の悪法でしたが、これでまた通販で薬を買うことができるようになりそうです。
自分は医学オタクでもあるからかもしれませんが、とにかく買う前に説明書きは読みます。つか、メーカーのHPにまで飛んで派生種との比較を見て自分の選択が正しいのかも確認します。だから余計に悪法だと感じるのかもしれません。

懸念する点は無いかというとそうでもなく、ネットで買う率が増えれば実店舗で買う率は減ります。そうなると、実店舗の経営は悪化し、中には店舗撤退や廃業という現象が出る可能性はあります。
そうなると困るのは消費者です。ネットで買うことのできる人はいいのですが、そうでない人にとっては大問題になります。

何かもっと別の方法でいい方法は無いものか考えましたが、実店舗でもネット販売店でも、薬販売に関してはユーザーの販売履歴書を作成して一定期間保管することを義務付けたらいいのかなとも思います。努力目標ではどこもやらないので、これは義務にします。
間違った処方も危険ですが、大量処方も危険です。販売履歴をチェックしていれば少なくても異常な大量購買には気づくはずです。ただ、これをやると個人情報もさらに丸見えになるのですが。

コンビニでも買える薬が何でネットで買えないか、その点だけでもこの悪法は納得のできないものでした。
対面販売の販売者は人の形をしたロボットでもいいという解釈になります。それよりは、ロボットの形をした人のほうが、まだ対面販売に近いと思ったりします。

いずれにしろ、時々妙な法律が成立することがあるので、人間と言うのはまだまだ不完全な生き物だなとつくづく感じる次第。まあ、完全にはなりたくはありませんが。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

今度こそ禁煙な所存(-。-)y-゜゜゜

今度こそ禁煙な所存(-。-)y-゜゜゜

値上がり前に意地で買いだめしていた分がとうとう底をつき、常に身の回りのどこかにあったタバコが消えました。
それとともにいつも目の前にあった灰皿を撤去。妙に不思議な気持ちです。

過去に何度かやめようかと思ったことはありましたが、1週間ぐらいが限度でした。
しかし、今回はいよいよやめることができそうな気がしています。
だって410円です。弁当買えます。こんな高額のものを燃やしてはいけません。

今までの自分の吸い方は、1mgのタバコを1日に12〜3本でした。決して多いほうではありませんが、それでも毎日欠かさず吸っていたわけです。
喫煙に良いことはひとつも無し。このことは周知していましたが、やはり軽い中毒性があるんでしょうね。吸わずにはいられませんでした。

今回タバコが切れたのが2日前。さあ来たぞと思いつつ、灰皿から吸殻を取り出して火をつけることしばしば。しかし、その吸殻もいよいよ無くなり、正念場とぁぃなったわけです。
軽い中毒性のせいか、最初は禁断症状がありました。なんとなく酸欠のような気分になりました。しかし吸ったほうが本当は酸欠なわけで、吸わないので酸素は十分なはずです。
それでも酸欠のような感じになって息苦しかったのですが、部屋の換気を数時間やっていなかったことに気づき、換気したら気分爽快になったわけです。酸欠でした。すんません。

結局のところ、なんだかんだ自分以外のものに原因を生みだそうとしますが、結局のところは自分自身なわけです。
今はガムをかんだりパイポを吸ったりしながら過ごしていますが、もう、このままいっちゃいましょー!という気持ちです。
つか、大げさに考えなければいいだけの話です。
やれ禁煙だ、やれ禁断症状だ、やれニコチン中毒だ、とやたら大変そうな言葉の嵐ですが、その言葉に飲まれることこそがやめられない原因のひとつなのかもしれません。

さてさて、今回の禁煙を「私はあの時からやめたんだ」という記念日にしたいため、こうしてブログにも書く次第。
百害あって一利なし。なんでずっと吸ってたんだろうと自分に呆れる日が来ますように。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

新型インフルエンザ対策でマスクを買い足し

新型インフルエンザ対策でマスクを買い足し

マスクもある程度は備蓄していますが、バリエールを買えるのも今回が最後なような気がしたので、追加購入しました。

マスクは品質や価格の点においてありとあらゆるものが売られていますので、確実性&経済性で使用者のバランスに適したものを選べばいいと思います。
個人的な主観ですが、住友スリーエムのネクスケア系とモチガセのバルエール系が評価が高いようです。ただ、高品質な分高価であることは事実です。

住友スリーエムのネクスケア
モチガセのバルエール

今回のバリエールの購入では、1枚当たり200円ぐらいの計算で買うことができました。
通常は1枚300円の計算で売られているようです。また、コンビニなどの1枚包装モノは500円ぐらいしています。

マスクの備蓄方法はいろいろあると思いますが、自分は高いのから安いのまで揃え、状況に応じて使おうとしています。
本当は全部高品質なものであればいいのですが、財布が空になります。

マスクは、高いのはなぜ高いか、安いのはなぜ安いかを理解した上で自己責任で購入するものです。
この点については、性能は単純に価格に比例すると言っていいでしょう。
ウイルスが通過しても口が覆われていれば満足する人はそれでもよし、立体形状で密着していれば満足する人はそれでもよしです。
ウイルスはポーズだけでは防ぐことはできません。ウイルスは塵や埃とは別物です。

また、どんなに高性能なマスクを使用しても、装着具合が不完全であればしていないのと同じであると言えるでしょう。
ウイルスはマスクの正面からだけでなく、上下左右からも侵入してきます。
しっかりと密着させ、万一咳き込む時はマスクを押さえることが重要です。

マスクはフィルターです。外出後のマスクの表面にはウイルスが付着しているかもしれません。
使用後のマスクを部屋の中に放置したり、マスクの表面をさわるなどは厳禁です。
一般に、ウイルスの寿命は48時間と言われています。マスクを再利用しなければならない際は、48時間以上の間隔が必要です。この間のマスクは、外や隔離空間に保管します。
これは、3枚のマスクを日ごとにローテーションすれば可能ですが、マスク自体の品質をよく考えた上で実施する必要があります。

最後になりますが、マスクをしていればもう安心と考えることは危険です。咳き込んでいる人がいたら、マスクの有無に関係なくその場を離脱するのが賢明です。ウイルスは皮膚や髪や服にも付着するからです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

新型インフルエンザ対策で衛生用品を買い足し

秋から冬にかけて大流行間違いなしとされる新型インフルエンザ、今まで冬だった南半球での大流行を見れば、次は北半球の番です。
ワクチンの予防接種に関する情報も報道されるようになり、対策品を買い求める人の姿も多く見かけるようになりました。
自分も春ごろからちょこちょこ対策品を購入していますが、ここで買い足しを実施した次第。


新型インフルエンザ対策で衛生用品を買い足し

大幸薬品のクレベリン。ここで書いたウィルシールドと同じものです。
街の実店舗では常に売り切れ状態だったのですが、運良く入荷したらしいところに出くわして購入できた次第。
ネット通販での購入も、かなり困難になってきています。

大幸薬品 クレベリン ゲル


新型インフルエンザ対策で衛生用品を買い足し

最近はスーパーの入り口にも置かれてある手の殺菌洗浄剤、花王のソフティ ハンドクリーン。
成分は、塩化ベンザルコニウム0.2%、エタノール81%、セラミド、グリセリンなど。大型施設や病院などでも同製品が使われているようです。
写真は400mlのタイプですが、家用にも1リットルボトルを購入。
実店舗では見かけず、ネット通販でようやく購入できましたが、すでにどこも売り切れになっています。
似たような商品ならまだいくらかあるようですが、なぜか値段が倍ぐらいもしている状況。それでもどんどん売れています。
また、このような洗浄剤を選ぶ時に「洗浄・除菌・消毒・殺菌」の言葉の意味の違いを知っておく必要があるでしょう。

花王 ソフティ ハンドクリーン


新型インフルエンザ対策で衛生用品を買い足し

気軽に使うためのアルコールタオルも購入。
このテの商品は山ほど売られていますが、本当に良い商品は数種類しか見かけません。
アルコールの含有量がきちんと表示されているもので、70%以上は欲しいところです。
「除菌」や「高濃度」という言葉が書かれていても、含有量が書いていないものは自分は買いません。
一般に、裏に小さく書かれてある成分表示は含有量の多い順番に書かれています。
「水、アルコール、…」と書かれてあれば、期待できるアルコール濃度とはほど遠いと考えていいかもしれません。
肉だ魚だと書かれたドッグフードなどでも、成分表の何番目に書かれているかでおおよその割合がわかります。
ざっと見てみると、高いものは肉系が成分表示の上位にきており、安いものは穀物系が上位にきています。

白十字 消毒アルコールタオル

少し話が逸れましたが、資本主義の自由市場で買い物をするときは、消費者の賢い選択が必須のワザです。売り場やキャッチコピーだけで安易に選ばず、部屋の中で得た知識をもとに売り場でじっくりニラメッコをしましょう。
市場が自由であればあるほど、消費者は自衛しなければならないと思うわけです。

最後にネット通販の在庫や入荷でなんとなく感じたことですが、今は売り切れが多発しているショップでも、10月や11月に再入荷予定としているケースも何店か見かけました。
ただ、大流行が始まっている時期になるので、恐らく瞬時に売り切れるでしょう。運良く買えたとしても、発送業務も大混雑になるはずなので、届くまでに半月以上かかるかもしれません。
あと、有名なネットショッピングモールで売り切れていても、YahooやGoogleで商品名で検索してみましょう。
独自のウェブショップを持っている店もあるので、見つけられるかもしれません。
ちなみに、花王のソフティは上記の方法で見つけました。
検索サイトの「次へ」を何回もクリックすることになりますが、気合いと根性で乗り切りたいところです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

あわあわ手あらいのうたに爆笑

夜中に腹抱えて爆笑したのですが、子どもに覚えさせるのも大変だと思った次第。

あわあわ手あらいのうた
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

マスク、手洗い、咳エチケットの必見資料を紹介します

まず、信頼できるところから発せられる最新の情報には、常に敏感になってください。
テレビやラジオ、新聞、ネットなどのメディアを通した情報になると思いますが、見えていることだけを伝えているにすぎないので、それですべてを知ったと思わないほうがいいかもしれません。

例えが悪くて恐縮ですが、殺虫剤をまいたから虫なんていないと思って石をおこしたら、ワラジムシがうようよ、もしかしてあっちの石もと思って起こしたら、やっぱりうようよ…こんな心境に近いものを感じます。
石はまだ全部起こしたわけではありません。
もしかしたら、岩手の石の下にもワラジムシがいるかもしれません。
稀的現象には、稀的対応が重要であると考えます。
石けんのぬるぬるを落とすだけのような手洗い方法は、今すぐ改めるべきです。

また、公的機関にお願いしたいことは、「方法」を伝えていただきたい。
手の洗い方、マスクのつけ方、今すぐできる身近なことが他にもいろいろあると思います。

マスクをつけてくださいと声高らかにお願いする人は、マスクの上に鼻が完全に露出していました。
今日からマスクつけたよと話す子どもも同じでした。
そんな光景が堂々とテレビで放映されていることに、非常に情けなく感じる次第。
ドラッグストアでは、1枚当たり最安の自社ブランドガーゼマスクを勧める店員も見ました。買っていったのは、腰の曲った老人でした。

前置きが長くなりました…。

明瞭簡潔でわかりやすい資料をある団体が作っているのですが、そこのホームページ内のリンクがところどころ切れており、連絡先も書いていないため、現在その団体が存在するのかどうかわかりません。
本来であれば許可をとった上で再配布をしたいのですが、それもできそうもありませんので、リンクで紹介する形をとりたいと思います。

紹介する先のページには、ぜひ見ていただきたいPDFファイルが掲載されています。

・咳エチケット PDF:117KB
・手洗いの説明 PDF:50KB
・マスクのつけ方・はずし方 PDF:82KB
・新型インフルエンザ3つのポイント PDF:255KB

ページの12行目までの文中に上記のPDFファイルが掲載されておりますので、ぜひ見ていただきたいと思います。
咳、手洗い、マスクについては、印刷して貼っておいてもいいほど、わかりやすく書かれています。
できることはしておいたほうがいいのが、このウイルスに対するささやかな対処でもあると思います。

http://www.phcd.jp/blok-bukai/tokubetuku/pandemicflu.html
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(10) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする