2009年05月18日

新型インフルエンザの予防についてひとこと

新型インフルエンザの国内感染者は今夜現在で80人を超えていますが、予防知識の一部でも書こうかなと思いましたが、あまりにも長文になりそうなのでやめときます。
本でよく調べたり、ネットで検索してください。

ただ、これだけは書いておきたいのでひとこと。
・マスクには「つけかた」がある。
・マスクには「はずしかた」がある。
・マスクには「さわっていけない部分」がある。
・手洗いには「洗い方」がある。
・手洗いには「拭き方」がある。
・洗っていない手では「さわっていけない部分」がある。

予防や対策には、専門の知識や専用のワザが必要です。
つけたつもりのマスク、洗ったつもりの手、従来の安易な方法で「とったつもりの対策」にならないよう、新しい知識やワザをどんどん探して身につけてください。
煽るわけではないのですが、マスクなどが売り切れている店が出てきています。
オークションでは、とんでもない値段でマスクが売られ始めました。
危機管理意識をしっかりと持ち、平和ボケ回路のスイッチを切って、今こそきっちりと対策をとりましょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

空間殺菌のウィルシールド

空間殺菌のウィルシールド

インフルエンザを予防する手段のひとつに、空間を舞うウイルスを除去するというものがあります。
もっとも簡単な方法では空気を入れ替えるという方法がありますが、医学的に除去したいというときにはウィルシールドのようなものを使います。
二酸化塩素の力でウイルスを除去するもので、実験データでは99.99%を除去できるということです。

どんなものかというと、芳香剤のような容器から漂白剤のようなにおいがします。
製品的にはクレベリンと同一商品だと思います。(確かではありません)
製造元は正露丸で有名な大幸薬品で、楽天等の通販でも買えます。
ドラッグストアでも置いているところもあるようです。
価格は、大きいほうで2000円弱。決して安くはない製品です。

クレベリンはインフルエンザ対策としてすでに5個備蓄していますが、今回ウィルシールドを3個買って使用を開始しました。
近隣の学校では学級閉鎖なども行われ、スーパーなどでもマスクをする人が日増しに増えています。
できることはしておいて、可能な限り予防したいものです。

殊に危機管理というものには人一倍熱心な自分ですが、インフルエンザのことを書き出したらブログがひとつできそうな気配なので、適当なところで書いたり書かなかったりしたいと思います。
マスクについてだけでも10日分書けそうで、いやはや、看護師もどきなのであります。

大幸薬品のウィルシールドのページ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする