2016年12月23日

ウィルバス200設置

ウィルバス200設置

ノロウイルスが猛威ということで何とかしないといかんというわけで、「ウィルバス200」という殺菌剤を設置した次第。手に噴霧して殺菌します。


ウィルバス200設置

濃度100ppmでも十分効果があるらしいですが、保健所では200ppmを推奨しているそうです。
この殺菌剤は濃度200ppmなので、まあ安心していいレベルだと思う次第。
アルコール剤ではないので手に噴霧してもすぐ乾きませんし多少塩素臭もしますが、食品に直接噴霧してもいいほど安全な殺菌剤です。まあ、コンビニのサラダなんかの工場ではこれで殺菌してるかも。
ノロはアルコールでは死なないので、次亜塩素酸ナトリウム100ppm以上で対策するしかないわけです。その前に手洗いは基本ですが。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(6) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

家常備用のラジオを交換

家常備用のラジオを交換

停電時に家で使ういちばんメインのラジオを交換しました。SONY の ICF-801 です。
今回は音質をかなり重視した次第。この点においては、ネットの情報を総ざらいしました。
見ての通り日本語表示。周波数目盛やダイヤルも大型。じじぃになっても使えそうです。


家常備用のラジオを交換

今どき日本製。このラジオは一生モノとして使う想定です。


家常備用のラジオを交換

ライトボタンを押すと、周波数表示板が一定時間レトロなライトで照らされます。


家常備用のラジオを交換

家庭用電源と電池の両方を使用可能。電源コードは線だけのタイプ。


家常備用のラジオを交換

電池は、単2を3本使用。


家常備用のラジオを交換

非常時の備品は可能な限り単3電池で統一しているので、こんなのも用意しました。
まあ、電池が無くなるほどの長い停電は想定外ですが、念のため。


家常備用のラジオを交換

左が今までメインで使用していた SONY の ICF-305 。311の時は、このラジオを大音量で鳴らしました。
SONY なだけあって、大きさの割には音質や感度がいいです。


家常備用のラジオを交換

両機の比較をちょっとやってみます。ちなみに、旧機は自分の部屋の常備用にするつもり。

■ 音質
単純にスピーカーの大きいほうが音がいいです。自然な音が出る領域が広いということです。
特に中音から低音にかけての音域は小径スピーカーの苦手とするところ。サ行の再現も苦し紛れになります。
ICF-305 はそれでも音がいいほうでしたが、ICF-801 にはかないません。つか、同タイプの他機と比べても
ICF-801 は音がいいような気がします。

■ 感度
どっちも SONY で元々感度はいいので、両機に体感できる差は無し。

■ 電池
単2が3本というところが引っかかりましたが、電池変換パックがあれば解消する問題なのでOK。
頻繁に移動させるものでもないですし、単2のままでも重いとは感じません。むしろ、適度に低重心になり、押してもなかなか倒れませんw

■ 電池持続時間
これはアルカリ電池を使用した時の時間になりますが、丸1日つけっぱなしでも1週間以上もつわけなので、十分でしょう。

■ 購入価格
送料も入れて税込5400円ぐらいで買った記憶がありますが、今見たら値上がりしてました。恐らく、時期的な値上がりだと思います。

■ 周波数ダイヤル
指に触れる面積が全然違うので、かなり合わせやすくなりました。
非常時用なので、シンセチューニングとかは却下。プリセット機能も信用していませんw
非常時は心理的にも非常になっているので、誰でも直感でいじれるものが欲しかった次第。

■ 総括
限りなく単純なラジオなので、長く使えると思います。また、日本製ということでプラスαの安心度もあったり無かったり。性能とともに機能美も兼ね備えた古き良きソニーを感じるラジオです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

バッグの中の携帯用救急セット

バッグの中の携帯用救急セット

先日久々に指を深く切ったのですが、もしも外出先で同じようなケガをした場合にやばいなと思い、外傷の初期手当てを想定した小さな救急箱を持ち歩くことにしました。


バッグの中の携帯用救急セット

中身はこんな感じ。写し忘れましたが、バンドエイド6枚も含みます。右下は簡易裁縫セット。


バッグの中の携帯用救急セット

自分用メモ。
サージカルテープを伸びるタイプにした理由は、傷口を早期に接着して止血する用途を想定しています。
具体的には、傷口の両側から圧迫し合うようにして傷口を閉じるわけです。
傷が深い場合は止血が難しくなるので、切れたばかりの鮮度の良い肉同士が自己治癒能力で接着するのを助ける感じです。
ガーゼを当てて包帯で巻いて圧迫するのも同じような効果を狙っているわけですが、傷口が小さくて深い場合は直接傷口をテープで閉じたほうが効果的だとも言われています。
包帯切りハサミやとげ抜き、爪切りなどは、緊急時に一発で間違いなく目的が達せられるように、精度重視で国内メーカー(貝印)のものを選びました。

バッグに入る容積だとここまでが限度。小さくて深い傷や中程度の浅い傷までなら、これでなんとかなりそうです。

■ 厚み軽減のため中身を変更&書式統一
バッグの中の携帯用救急セット
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

ぁぃの消火器設置

ぁぃの消火器設置

消火器も小型で手ごろな価格のものが多くなり、ついに生涯初の消火器を設置した次第。
ぁぃなのでアイの消火器にしたかしないかはともかく、住宅用強化液タイプの消火器です。
粉末消火器のほうが耐用年数も長くて値段も安かったのですが、使用した後の掃除がとてつもなく大変で匂いも消えないとか。そんなこんなでイザというときに消火器の使用に戸惑うことがあってはならないので、ある意味気軽に使える住宅用強化液タイプの消火器にしました。
こういうものは保険のようなものなので、無けりゃ無いで一生使うことも無いものかもしれません。必ず必要うんぬんではなくて、持ちたい人は持つという認識の備品ですな。
非常時は神となり、蓄圧製品でもある消火器。某国製のものを買って使う前に爆発しても困るので、国内メーカーの国産品にしました。まあ、一生使うことが無いようにしたいわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

地震

いやはや、久しぶりに携帯の緊急地震速報の音で飛び起きた次第。
家、会社、カタツムリ、植物ともに被害無し。
実際の震度以上に揺れを大きく感じたわけで、なおいっそう気を引き締めなければならない次第。

なんか、こんなかんじだったみたい(;一_一)

20150513061259.gif
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

あるものを製作中

あるものを製作中

あって当然の物が無いことになぜ今まで気づかなかったのか不明ですが、とても重要なものなので緊急製作とぁぃなりました。現在、ミニ万力で接着部品を圧着中です。

当初は木ネジで固定する予定でしたが、下穴をあけても割れること2回、さすがに木ネジはあきらめて接着後のバンド固定とすることにしました。
今後の予定は、角の面取り、ヤスリがけ、オイル塗装。

たまに簡単な木工作をしたりしますが、いつも車庫のコンクリート床にシートを引いてやっています。ただ、これが非常に効率が悪く、準備も後片付けも歩行数ばかり増えて時間もかかっています。
今後も何かと木を切ったりする工作をするかもしれないので、いい加減に効率を上げる各種ツールを手に入れたい次第。正しい姿勢で手元から工具をとって明るいところで淡々と作業したいわけです。

まあ、木工作だけでなく、車関係の工具整理もしたいので、作業場所と工具置き場を欲しいところなわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする