2013年11月25日

萌えを呼ぶ目の3要素

内斜視に弱い
正面を見ているときに、片方の目だけが正面より内側を向いているタイプの内斜視は萌え対象です。
芸能人で言うと、平野綾、田中れいな、山本梓、小倉優子、林田真尋、篠崎愛、矢神久美あたりが属します。例外度は10%。
内斜視でなくても少しだけ寄り目にした顔にも萌えることがあるので、安易に寄り目にしてこっちを見ないように(;´Д`)

離れ目に弱い
目と目の間隔が目の幅よりも大きいような離れ目も魅力的です。
上戸彩、相武紗季、田中麗奈、永作博美、ふじポンあたりがそうですが、例外度は30%とやや高めです。
離れた両眼が輝いていることがポイントかもしれません。

つり目に弱い
これは化粧による要素も多いのでそう感じる分を含みますが、剛力彩芽、家入レオあたりは強烈です。昔のBOAもつり目気味でした。

複合例
これら3つの要素のうち複数を持つ芸能人もおり、特に家入レオは3つすべての要素を強烈なレベルで持っており、これはたまりません。
人体のひとつのパーツである顔の魅力は、いかに整っているかではなくていかに個性的かだと思うので、その個性を引き立てる術としての化粧は肯定派です。
堀北真希、綾瀬はるかにも萌えますが、今回の3つの要素のどれにも当てはまりません。きっと、目ではない別の要素に萌えているのだと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(0) | 自己的見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

けっこう変な人かも PartU

一度に書けばコメが無くなるかもなので、故意に分割した変な人シリーズ第2弾。

湿気大嫌い
暑さはまあなんとかなりますが、湿気だけはなんともなりません。とにかくカラッカラに乾いた空気が大好きで、夏に車の窓を開けて涼しいとか全然思いません。温くてじめじめした空気をどんなに浴びても気持ちがよいわけはなく、ましてや夜になって気温が下がっても湿度が上がっていたりしたときに窓を開けて車に乗るなどもってのほか。昼でも夜でも多湿は多湿。窓を閉めてエアコン冷え冷えが大好きです。
そんなわけで、同乗者はいつも寒がっていることが多かったかもしれません。
部屋の中でも同じ。会社に来た人は、宅配便の人でもハンコが必要な郵便やさんでも新聞の集金の人でも知人でも、ドアを開けると「クゥ〜ッ」と軽くもがきます。風呂上がりにはエアコン16℃の強風を全身に浴びるのが日常茶飯事なので、大昔にラブホで同じことをしてたら同居者が「クゥ〜ッ」と軽くもがいてました。

基本的に実験大好き
どうなるんだろうと考えながらやってみて確かめる、あれこれ考えるとこれなんだなと思います。
例えば料理が好きなことも、家庭的だとか優しそうだとかではなく、単に食材と調味料を混ぜ混ぜしてみておいしいかどうかを確かめたいわけです。言うなれば工作みたいなもので、いろんなものの形を変えてくっつけてみて面白さを体感したいのが動機です。
家庭菜園もまさにそのとおりで、土やら肥料やら水やりやら、様々な要因が絡み合うので料理とかなり似ています。最後に食べるという点でも同じですが。

何気に凝り性
実験好きなので凝り性になってしまうのもありますが、何かをやるとかなりハマるほうで、趣味の域を超えることが多いです。
今の職業も前の職業も結局これなわけで、どこかの学校で学んだとかの知識ではなくていわゆる「趣味が高じて」の部類になります。良く言えば「自学」に当てはまりますが自分は学んだつもりは毛頭無く、好きなことは誰でも覚えちゃうもんだと思います。

検索人間
ネットが無ければ百科事典を常に手元に置いているでしょう。とにかくちょっとでも不明なことがあればすぐGoogleに打ち込みます。なので、ツールバーの左端には決まってGoogleになります。
1日に何回くらい検索するのかわかりませんが、パソコンに向かう時は定期的に何かを検索しているような気もします。意味でも写真でも動画でも即座に結果が出てくるので、非常に喜ばしいわけです。しかし、彼女だけは出てこないのは事実。

風呂大嫌い
これはいつかも書いたような気がしますが、風呂が大嫌いです。ただ、勘違いしてほしくないのは風呂には普通の人と同じくらい入っています。
普通の人と違うのは、入る前のものすごい葛藤。あーいやだ、あーめんどくさい、あーいやだ、あーめんどくさい、これを100回ぐらい思って苦痛を感じてからやむなく仕方なく自分を殺して風呂に入ります。
しかし、それも入るまでのこと。いざ風呂に入ると1時間は出てきません。気が向くと体も2回洗って全身キュッキュッとさせて喜んでいるわけで、じゃあ風呂が好きなんだと言われれば好きなんでしょう。ただ、入る前のあの葛藤はどうしても消えないのが不思議です。

病気ではない躁鬱
極端です。病気ではありません。何かで大騒ぎするのは幹事を引き受けるほど好きで、いつも誰よりもバカ騒ぎしてしまいます。この辺りの度が過ぎるので、あの人は本当にバカなんだと思われているかもしれません。
その反対に、一人で延々と時を過ごすのもまた大好きです。人間嫌いじゃないのかと思うほど、人と接するのを拒むこともあります。1週間ぐらいなら誰とも話さないばかりか声を発しなくても全然苦ではなく、寂しいと感じることも皆無です。人間は少ししゃべりすぎなんじゃなかろうかと哲学に入ることもあります。

事務用品が好き
幅広く言うと道具が好きなのですが、その中でも特に事務用品は好きです。
日常的なハサミやセロテープなどはもちろんのこと、もはや芸術的ともいえる完成度の高いものも好きです。
たかがハサミなのにとんでもなく高価なものも売ってたりしますが、その理由を知れば知るほどその追求心に驚かされます。その長さ、その大きさ、その丸み、その厚さ、全てにそうなった理由が存在し、その道具が体の一部と化すレベルで自在に操ることを可能とした作り手の技術、そんなものに触れた時の空間の臭いが好きです。

夜も更けてまいりました。まだまだ変人ぶりは多いのですが、今回はこの辺で。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | 自己的見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

けっこう変な人かも

客観的に見なくても自分は少し変な人だなとは思っているわけですが、いろいろ具体的に振り返るとやっぱり変な人であることがよくわかります。

スーパーの鮮魚コーナーで
普通は「今晩のおかずは〜」と物色する場所なわけですが、自分は水族館にいる気分でひたすら見学します。
ゴマサマの模様の個体差を観察したりイカの吸盤の大きさを比べたりするのは日常茶飯事で、ホタテの貝殻についている海藻の中に何かいないか凝視して探したりすることも多いです。サンマの口ばしで黄色くないのはいないか探すこともあります。

スーパーの野菜コーナーで
もっぱら家庭菜園の見本市なわけで、ブロッコリーはどの程度まで大きくして収穫すればいいかや、キャベツの葉の色、トマトの大きさなどを栽培中のものと比較することもあります。
次は何を植えようかと思いながら全商品を舐めるように見続けたりもするので、もはや不審者レベルかもしれません。
そんな人がキャベツ売り場のそばのごみ箱をあさったりするわけで、今まで無事でいられたのが奇跡なわけです。

100均で
あれを買おうと思って買いに入ることは全体の3割もなく、残りは妄想するために入ります。
妄想と言っても変な宗教の呪術をするのではなくて、これは何かに使えるだろうかと並んでいる商品を睨みます。
ペン立てを見てこれは何かに使えるだろうかと睨んでもペン立てはペン立てなのですが、透明な立方体の箱がアリの巣になったり旅行用の小瓶に液体を移すスポイトが生き物への水補給に役立ったりしました。
店に入ってから妄想を開始し、その中で気付いた用途で購入するパターンが非常に多いわけです。

捨てられない容器
カップ焼きそばの容器、惣菜の容器や皿、ヨーグルトの容器、缶詰の缶、何か入りそうなものは洗剤できれいに洗ってとっておく習性があります。…というのも、小さな生き物を飼ったり土いじりをしたりすると、大なり小なりの容器状のものを使うことが多くなり、形や大きさがこれまた非常に使いやすかったりするわけです。
バゴーンの容器を持って草むしりをしたり、ヨーグルトの容器を持って種子を採取したり、惣菜の容器でカタツムリの赤ちゃんを飼ったり、UFOの容器を一時的な鉢皿にしたり、いろいろ役立っています。

昔は箱でした
捨てられないといえば、昔は箱が捨てられませんでした。とにかく箱という箱は何かに使えそうでとっておきました。
1枚の紙で箱を作るのは大変ですが、それが一定の強度を持ってすでにできているわけです。おまけにスライド式引き出しや斜めハッチなども標準装備となれば、もはやそれは構造パーツ。レゴブロックにも通ずる無限の可能性がそこにあったわけです。

他にもいろいろありますが、一気に出すとやばいのでとりあえず今回はここまで。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 自己的見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

いまだに世界一なもの

いまだに世界一美味しそうなバターは、
ちびくろサンボで木の周りを3頭のトラが回り続けてできたトラのバター。

いまだに世界一美味しそうなおにぎりは、
富士山の上でパックンパックンパックンと食べる一年生のおにぎり。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 自己的見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

綾瀬はるかの魅力

綾瀬はるかは普通にかわいいのですが、かわいいと言ってもいろいろなかわいいがあるわけで、ちょっとそのあたりを分析してみたいと思う次第。

■ょぅι゛ょそのもの
いい意味で色気が無いです。繰り返しますが、いい意味でです。
高校生でもない、中学生でもない、小学生か幼児に属するその雰囲気は、あらゆる性的な欲を払拭させる力があります。
一言で言えば純粋。きれいなものに触れるときの感動に似ています。

■決して間違いは起きない
例えば朝まで二人っきりでいたとしても、そのような関係にはならぬものはならぬと思うわけです。
かわいい雰囲気を漂わせる人と朝まで話したいのであるので、かわいい雰囲気がHな雰囲気になっては困るわけです。このまま朝まで、そして明日も来月も来年も。継続は力なり。

■天然
ほわ〜んとしつつ、マジに天然であるのでこれはたまりません。一緒に家庭を築く相手になるかならないかは別として、少なくても1日を癒してくれるというか癒されるのは事実だと思うわけです。
ある意味人間っぽさとしては少ないほうで、人間型小動物のような生命体だと思う次第。ぜひ飼ってみたいと思わせる魅力を持っています。

■文字間に漂う妖気
「あ」の次に「や」です。そのあとに「せ」なわけです。ここまでですでに喜怒哀楽が隠れており、そのあとさらに「はる」がきます。締めは「か」。この芸名は実に絶妙。「せ」が「瀬」であることも東洋の魅力です。本名はアレなわけですが、食う虫も好き好きとはいえ、この文節間に漂うものには突っ込み禁止。ヲチがわからない場合はググる次第。

■寝てみたい
それでも何でも寝てみたい。もちろん朝まで手も触れません。手を触れれば、その瞬間に壊れてしまうんではないかと思わせるそのオーラ。それだけは永遠に持っていてほしいのであります。匂いぐらいならいいかな。
タグ:綾瀬はるか
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | 自己的見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

フルラリはアジア民族の名曲

まあ、右翼でも左翼でもない生粋の日本人の感想ということで前置きしておきますが、北朝鮮の楽曲の中に「フルラリ」というものがあります。
この歌はいい。実にいい。かなりの名曲ではないかと思う次第。

地球という星に生きる人間は国家をいうものを形成して生きていますが、その存在意義からして国家というものは基本的に争いという要素を常に持っているものだと思います。
まとまろうとすれば、それを阻害するものには当然嫌悪感を抱く。まとまらないのは国家でないわけで、やはりどの国家でも争いの種を持っているのであります。

北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国。この国家は日本という国家にとって必ずしも好ましい存在ではないでしょう。なんせ、ミサイルを向けていたり人さらいをしたりで、とんでもないわけです。
しかし、北朝鮮という国家が嫌い、政府が嫌い、人が嫌いであっても、北朝鮮の昆虫は嫌いではないと思います。
そんなわけで、この「フルラリ」という楽曲は国家の枠を超えたアジア民族の名曲といっていいでしょう。
コミカルな編曲、楽器の選択も随所随所でコミカルです。音楽だけかと思って聴いていると、後半になって歌が入ってくる意外さもコミカルです。

北も南も上も下も夏も冬も無く、まさに洗脳レベルの無機質さをもつ曲風はちょっとすごいです。
繰り返しますが、この記事には政治思想は毛頭無いのであしからずな次第で波平の毛は抜くな。
5分ぐらいある曲なのですが、Youtubeで発見しました。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | 自己的見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする