2015年03月11日

あの日から4年、意識の再起動


あの日から4年。あの東日本大震災は4年前の出来事になりました。
非常持出袋の用意、ベルトに固定しているラジオ、時折見るYoutubeの動画、記憶の風化を少しでも抑えようと今でも行っています。
これらは何のためにやっていることなのか、それは次の災害が起こった時のためです。あれほどの大災害はもう起こらないだろう、そんなことは誰にもわかりません。あの日から1年2年3年と数えることは、同時に次の災害まであと2年1年と数えていることかもしれません。
災害の中身も311とは違うかもしれません。震源地が近ければ揺れによる物理的な被害が最大になるかもしれませんし、押し寄せてくるのが炎かもしれません。
第一次災害と同時に第二次災害からも身を守らなければならない、そのための準備として何ができるのか、それに対処しようとする危機感だけは風化させてはならないと思います。


あの日、車の中のテレビで『200人から300人にのぼる遺体が発見されました』と読み上げるアナウンサーの声を聞き、生まれて初めて"言葉を無くす"ことを体験しました。死者の数が100人単位の誤差で語られたのです。今振り返っても不思議とその数字の感覚がよくわかりません。恐らく、現場で実状を見ないと理解できないのかもしれません。
そのようなことが確かに現実に起こったのです。こんなことはもうないだろうと思いこむことは明らかに不自然なことであり、それは間違いです。
なぜならば、生きている星はその活動性質上無法地帯だからです。地震、噴火、大雨、疾病、様々な事象に人間はまだ対処しきれません。その差分領域は死者や負傷者で埋められていくのが現実です。
個人の知恵が集まって化学変化したものが社会の知恵であるならば、個々は知恵の産出を止めてはいけないと思う次第。個の知恵は少なくても個の役に立ちます。そして、それを交わすことにより社会の知恵となります。


マニュアルを定説化したような危機管理の絵を描ききったがごとき情景を時々見ることがありますが、その安堵感で意識の緊張度が下がらないようにすることも危機管理のひとつだと思います。
非常持出袋も用意した、町内の避難経路も確かめた、火の起こし方も覚えた、もう寝ていても助かる、これは間違いです。
意識の緊張が無ければ応用が生まれません。想定していなかったことには全く対処できないことになります。非常持出袋も避難経路もあくまでも決めごとでしかなく、災害は人が決めた通りにやってこないことはれっきとした事実です。
用意したものや覚えた知恵が役立つのも意識の緊張があればこそであり、緩慢な意識の中では物や知識が絵に描いた餅となるかもしれません。


意識の緊張とはいつも怯え続けることではなく、危機の回避想定を時々脳内で実践するだけのことです。
どこに逃げようか、どれを持ち出そうか、停電時に優先的にやることは何か、それらのためには何が必要か、そんなことを考えるだけでも十分だと思います。その結果として避難経路マップなどが生まれてきた場合、それはその人の生きたグッズになりえるはずです。非常持出袋の中身も同じ。自分の場合は何が必要か、それが入っている非常持出袋は最高のグッズです。


いろいろな対策をしたりいろいろなことを考えたりしている人は、思う以上にたくさんいます。やっぱりいざというときに少しでも苦難を軽減し、まずは自己的減災の実現を望んでいるからです。
しかし、残念ながら日常の繰り返しや慣れによる意識の風化は誰にでも起こります。自分自身も含め、今一度意識の再起動を実施したいと思う次第。年に一度、311という日だけでも。
 
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

あの日から3年、記憶の融合

あの日から3年、Youtubeなどで時々動画を見ることも、ベルトに携帯ラジオをつけておくことも続いています。
何点かの動画はDVDに焼いて保存し、この先も確実に見ることができるようにしました。

2年目と3年目で確実に違うことは、風化の進みを感じることです。
「日常」が1日1日と重なって、「平和」が「日常」の代名詞になってきています。
記憶は過去へ過去へと押し戻され、今日や明日のことだけを考えるような平和が日常の中にあります。

新しいものや出来事を素直に受け入れることは、過去を風化させることではありません。
脳の記憶量にたとえ限度があったとしても、新しいものは受け入れていかなければ人は生きていけないからです。

ただしこれは物理量の話であって、人は記憶を化学変化させて今日と融合させることができます。
結合させるのではなく、混合させる。混合させることによって、そこから新しいものが生まれてくる。その新しいものもまた、今日と言えるはずです。

進化は文明だけの言葉ではなく、人の思考にも当てはめることができる言葉です。
過去を今日と融合させ、新しい明日を生きていく。その差分がさらにその次への活力になるのかもしれません。

正しいと言えることは、決してひとつではありません。明日の正しさは今日の正しさと違うかもしれません。
定まらないのが人という生き物であるならば、記憶の化学変化で新しい明日を見つけることができるのも、人という生き物なのだと思います。
弱くもあるが強くもある。もろくもあるがしぶとくもある。人はみんなそういうものだと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

あの日から2年、認めるということ

とてつもなく大きい地震が来て
とてつもなく高い津波が来て
とてつもなく甚大な被害が出て
とてつもなく多くの人が死んだ

起こるはずのないメルトダウンが起き
漏れるはずのない放射性物質が漏れた
その日から今まで経験したことのない
時の刻み方の中を歩むことになった

本当にそんなことが起こったのか
本当にそんな大変なことがあったのか
自分の記憶を一瞬疑ってみたくなる
でもやはり本当に起こったことなのだ

平成のこの時代に起こった大きな出来事は
ずっとずっと先の時代まで語り継がれることとなる
先の時代であれ今の時代であれそれはどうであれ
平成の時代の中の人間はあくまでも平成人なのだ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

あの日から1年、これからの覚悟

あの日から今日で1年。短かった1年なのか長かった1年なのか、あまりにも非日常的な事象であるので、日常の時間の感覚では理解することができません。

今でも時々Youtubeなどで津波などの動画を見ることがあります。見たいという気持ちも無く、見たくないという気持ちもありませんが、頭のどこかに忘れないようにしたい思いがあるのだと思います。

ACのポポポポーンのCMを見ると、今でもあの日から4月ごろまでの特有の空気感で包まれます。たび重なる余震が続く中、停電や断水に対する対策や食糧の確保などで心が休まることがありませんでした。

普通はテレビなどで状況を確認するのですが、2日間ほど停電でしたのでラジオで情報を得るしかありませんでした。カーナビの小さな画面で数回テレビを見ましたが、中継局のバッテリーが弱くなるにつれてテレビの映りも悪くなり、最終的には全局全滅しました。
大きな映像をじっくり見たのは、4〜5日後になります。

ウチはほぼ被害はありませんでした。津波にも襲われませんでしたし、家屋の損傷や家具の転倒もありませんでした。津波に家を流されたり家族を失ったりした人から見れば、"被害者"には属しません。

しかし、常に生活に不安を抱えながら生きていく日々が長く続きました。これは、岩手県や東北地方だけでなく、断続的に余震が続いた関東地方も同じでしょう。
ましてや、放射性物質に関しては全国の消費者は、それに対しての緊張感を強いられたでしょう。

来るべきものがついに来た。日本も終わりか。そういった国レベルの壮絶な危機感を感じた人は実際は少なかったと思います。
しかし、その次元にかなり近づいていたことは確かです。日本が終わるような事象は、危機感よりも前に現実のほうが先に襲ってくるのかもしれません。

原発さえ大丈夫だったなら…。もしもの仮想は無意味ですが、この一線は非常に悔いるところです。絵空事の扱いをされていたメルトダウンも普通に起こっていました。あってはならない放射能漏れも同様です。その危険度は今でも変わることなく継続しています。

政治が悪い政党が悪い東電が悪い、誰が悪いのかを知りたがることは間違っていませんが、あまりにも大変な事象であるので、こういう場合は国は国の仕事をしなければなりません。
真実を明かさないことは必ずしも悪か、明かさないことで結果的にトータルな被害の度合いを小さくすることができるのであれば、それは必ずしも悪とは言えないのではないかとも思います。
国の仕事は基本的に総合判断です。一場面ごとの判断ではなく、経済や外交に至るまで全方面での総合判断のもとに動くのが国です。

自分の近しい人がそのために命を落とすことになってもそう思うのか。そのときは感情的な怒りを国にぶつけるでしょうが、根本は変わらないので最終的には仕方がなかったと判断すると思います。他の100人が死んでも近しい1人を助けてもらえば感謝はするでしょう。しかし、それは必ずしも正しいことではないはずです。

自分を含めて人間はロボットではないので、その時々に感情が揺れます。それは悪ではなく、自然な姿です。抑えようとしても抑えられないような異常な事態だと考えればいいことです。
しかし、冷静さを追求することは必要です。どこまでも可能な限り冷静であってほしいと思います。日本人はその点においては長けているので、一定の自信は持っていいでしょう。

あの日から1年。次に来ると言われている様々な自然災害。今でも紙一重の状態の原発。危機感だけを高ぶらせてノイローゼになるのは無意味です。
日本人ならその長けた能力を信じて、着々と備えを充実させていくべきだと思います。

がんばろうがんばろうと気持ちを支えるだけでなく、備えよう打ち勝とうと足を踏み出せればいいなと感じます。
確かに精神論も時に力になりますが、それだけじゃ疲れるでしょう。確かな備えを持って正直な安心感を持つのもいいのではないでしょうか。

自分の命を他人に守ってもらおうと思うのは間違いです。大災害時には絶対的な人出が足りません。だから個人での備えが必要になります。
世の中が大混乱になっているときに、消防に連絡すれば来てくれるだろうとか避難所に行って誰かから食べ物をもらおうとか、そういう判断力しか持てないことは公の迷惑になります。こういうケースでは、これは助け合いとは言えないでしょう。少なくても互助ではありません。
助け合いはもちろん必要ですが、助けることには限度があります。この限度を正しく判断できないと、その場の秩序を乱すことになるかもしれません。

備えには相応の時間と費用がかかります。限りある時間の中で買い出し、限りあるお金の中から買ったものです。決して暇だったからとか趣味だったからで集めたわけではないと思います。常に何かを犠牲にし、日常の生活に少なからず影響を出しながら命を守るために集めたものです。立場が逆になったとしても、そういうものを簡単にくれとは自分は言えません。

あの日から1年。人間は忘れる生き物ですので、Youtubeなどで時々動画を見るのもいいでしょう。
進んだ文明のもとで起こった災害は、その記録量を膨大なものにしました。残された記録から学習することによって、文明はまた進歩していくものかもしれません。
合理化や簡素化も進んでしまう文明の進歩、その脆さを補うためにもアナログ生命体である人間の進歩もまた必要ではないかと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

あれから半年、変わったこと

東日本大震災から今日で半年。もうそんなに経ったのかという気持ちと、まだ半年なのかという気持ちが共存しています。
あの日以来はっきり変わったことが自分自身にあります。
それは、ライターサイズのラジオとLEDライトとミニサバイバルツールの3点を常時身につけていること。ベルトにつけているので寝るときと風呂のときはさすがに外しますが、その他の時間は常時防水処理をした状態で身につけています。
まず情報、まず灯り、そして最低限の工具。いざというときにはそれらを最初の突破口として、どこにいようと次の行動をとれればと思っています。

時間が過ぎていくたびに、大震災関連の情報がうざくなったり飽きてきたり不快に感じたりして、いつのまにか避けて通ったり考えることも嫌になったりするかもしれません。
しかし、これからはそういう逃避と戦うことになるのではないかと思います。忘れてしまえばそりゃ楽です。非常持出袋の賞味期限も考えなくてよく、日々の生活のことだけを考えて今まで通り生きていくこともできます。

でも、そんなんでいいんでしょうか。何も学習しないのですか?あれはただのイベントだったのですか?
そのように自分自身に言い聞かせ、これからも最低限の緊張感を保ち続けなければなりません。
どんなに備えてもすべての問題をクリアできるはずはありません。しかし、いざという時の苦痛や痛みの軽減にはつながるのかなとは思っています。また、何らかの効率も上げることができるでしょう。何より、備えの行動をとったという自信が持てます。
自信なんて何にもならないよと思うかもしれませんが、非常時の中で正しく冷静な判断をとることの最も基本的な支えが自信のような気がします。
最低限の知識や物資がとりあえずあれば、次の行動にすぐ移れます。わからないどうしようとか迷う余裕などは非常時には無く、慌てず急げ即行動を基本としなければなりません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

昨夜の余震の瞬間のもよう

地震が来る前に、まず一瞬停電しました。20秒くらい前にほんの一瞬。0.1秒ぐらいでしょうか。
それから10秒後、また一瞬停電しました。今度はさっきより少し長くて0.3秒ぐらいでしょうか。
その直後に縦揺れの微振動が始まり、携帯から緊急地震速報の警戒音が鳴りました。同時にパソコンの画面でも緊急地震速報の画面が出てました。
この画面が出たころに部屋の灯りが30%ほどの明るさになり、こりゃ停電が来るなと思ってパソコンをシャットダウンしようとマウスを操作しましたが、揺れで思うようにマウスを動かせません。この時すでに本震が来てました。右手ですぐそばの懐中電灯を取ろうとしましたが、手につかむまでに6〜7秒かかりました。揺れの中で階段を駆け下り、親の無事を確認した次第。

今回の揺れ方は311のときよりも恐怖感がありました。初期の縦揺れが大きくて長かったのです。この時点で、とんでもない横揺れの到達を感じ、それが怖かったのであります。
また、本震の揺れ方も311とは違い、前に落ちなかったものが落ち、ずれなかったものがずれていました。

地震到達時には起きていましたが、やはり夜の地震+停電は怖いです。そのせいで昨夜は4時まで眠れませんでした。

良かったなと思ったことは、数日前にランタン型の懐中電灯を2個買っておいたこと。広い範囲を照らせるので、ろうそく以上の役割をします。
また、乾電池で携帯に充電できる器具も同時に買っておきました。これは使いませんでしたが、停電があと半日長かったら使っていました。

気がついたことは、やはりマンガン電池の短命さ。初期の明るさもアルカリ電池よりやや暗く、その後の明るさも数時間で半減しました。現在の状況を考えれば、長持ちのするアルカリ電池になります。ちなみにこのマンガン電池は311のあとに買い足したもの。それしかなかったので買いましたが、普段はアルカリのみを買っています。

「嫌な予感」についてですが、不幸にもその通りになってしまいました。この種の偶然が続いたのはこれで4〜5回目です。ちなみに、普段お世話になっている仕事の関係者も方も、同じ夜に妙な夢を見ていました。地球が何かを発信していたのかもしれません。

今現在自分自身がいる地域での災害は予感として出ることがありますが、遠くの災害では出たことがありません。ただ、なんとなくで書くのも非常に恐縮なのですが、なんとなくそわそわしてるような気がします。なんなんでしょう。群馬とか長野なのでしょうか。近くじゃない感覚です。あんまりこの種のことを書けば風評だデマだ言われそうですが、なんかまだ変なので戯言として書いておきます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする